FC2ブログ

「I think therefore Iam .:われ思う、故に我有り。」

天体
04 /27 2020
イオン

気温

1


今日は何の日 4月27日

哲学の日(4月27日 記念日)

紀元前399年のこの日、古代ギリシアの哲学者ソクラテス(紀元前469年頃~紀元前399年)が、時の権力者から死刑宣告を受けて、刑の執行として獄中で毒を飲んで亡くなった。

ソクラテスは、アテナイ(現:アテネ)で活動し、対話的問答を通じて相手にその無知(無知の知)を自覚させようとしたが、アテナイ市民には受け入れられなかった。
国家の認める神を認めず、新しい神を導きいれ、青年を腐敗させる者として告発され、死刑判決が下された。
弟子たちは脱獄を勧めたが、「悪法も法である」と言って聞き入れず毒を飲んだという。
自身の知への愛(フィロソフィア)と「単に生きるのではなく、善く生きる」意志を貫き、判決に反して亡命するという不正を行うよりも、死を恐れずに殉ずる道を選んだとされている。
ソクラテス自身は著述を行っていないが、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる。
また、ソクラテスの妻であるクサンティッペが悪妻として有名であったことから同日4月27日は「悪妻の日」となっている。

店内

( ノ゚Д゚)おはようございます、朝から何度か「シャープ」のマスク販売サイト「COCORO LIFE」にアクセスを試みたけども、人気沸騰中らしく抽選応募までに、正味30分以上掛かりました。
何度か挫けそうになりましたが、凄い人気ですね、応募は出来ても抽選なので、あの調子では競争率は100倍以上か?!
上の写真は日曜日の朝型のイオンの風景です。
流石に今週はイオン直営店以外は営業してないみたいで、開店してるスペースは異常にお客様密度が高かったです。

イオン4

駐車場自体は、草野球の野球グランド5個以上のスペースがあるので、上の写真の様な風景なんですが。

巷の噂では「緊急事態宣言」に対しての政府なりの回答が出るのが、5月5日らしいですね。
相変わらずネットでは、「決定が遅過ぎる」的な評価ですが、もし本当に回答が出るのが大型連休明け直前なら、私もそう思います。
其れよりも問題なのは各現場周辺で起きてるコロナ・ハラスメント、そして政府の目標が明確じゃないまま「自粛」「自粛」の連発では・・・・・・・・。
先ずは「自粛」項目の明確化(多分、役所内部では書式化している筈なのに)と、各時期毎の感染抑止目標を、明きらかにしてこその「緊急事態宣言」だと思います。
今のままのやり方を続けると、「日本政府」が「日本国民」を「自粛」の盾で、まるで脅迫してるのと変わらなく、幾ら「緊急事態」とは言え、あまり印象が良くないですね。
更に印象が悪いのが、既存の日本のマスメディアで、新型コロナウィルス対策に失敗した国の暗い面だけ、何度も同じ映像を繰り返し取り上げてる様に見えて仕方ないです。
本当に「新型コロナウィルス撲滅を叫ぶならなら、成功例である「台湾」「ドイツ」「ニュージーランド」辺りを日本政府の対応と比較して、キチンと明るく報道して欲しいですね。
「日本政府」が「自粛」の「押し売り」なら、日本の既存の「マスメディア」は「新型コロナウィルスへの不安」の「押し売り」で、今や「日本国民」のストレスはMaxだと思います。

告知

0427

m1

m2

GS

2

今日の気に為る話題は此方です。

アポロ15のミッションを当時のデータから再現したシミュレータがあまりにもリアル
2020.04.25 20:00


author George Dvorsky - Gizmodo US[原文]( たもり )
Ridiculously Detailed Apollo 15 Simulator Could Help Us Return to the Moon
アポロ15のミッションを当時のデータから再現したシミュレータがあまりにもリアル
Image: ESA via Gizmodo US
アポロ15号
360度動画で楽しむアポロ15号ミッション。

欧州宇宙機関(ESA)の科学者たちは新たなシミュレータを使って、アポロ15号のミッションを見事なディテールで再現しました。
このシミュレータで他のミッションも再訪すれば古いデータに新たな視点で見ることができますし、先々のミッションを計画するうえでも役に立ちそうです。

ESAの研究者たちはNASAのジェット推進研究所(JPL)が開発したSPICEと呼ばれるシステムを利用して、歴史的なミッションを高画質な360度動画で再現したとESAのプレスリリースは綴っています。

SPICEは素晴らしく有益なもので、保存されている科学的データの実演と検証を行う新たな方法も可能にしています。
それと同時に、今後の月へのミッション中に使われる予定のシステムをテストする新たなプラットフォームも提供しているのです。
SPICEプラットフォームは、スペインにある欧州宇宙天文学センター(ESAC)を拠点にしています。
このソフトウェアは過去のミッションで収集されたデータ、たとえば科学機器類を搭載して1971年に月へと向かったアポロ15ミッションなどを解釈&処理できるもの。
この古いデータに、新たな活路が見いだされたというわけです。

これによって、ESAは月上空を周回するアポロ15号の司令機械船(CSM)から見た月面の景色を再現することに成功しました。


Video: Alfredo Escalante López/YouTube
ESAのプロジェクト科学者Erik Kuulkers氏は、「位置データを非常に詳細な月面の数値標高モデルと組み合わせることで、機器の(記録していった)結果が具体的に何を指していたのかを知ることができる」とプレスリリースで語っています。

研究者らは機械船の高度、方向や速度といった情報を、CSMのガンマ線分光計と蛍光X線分光計から取り出しました。
これらのツールから集められたデータは月面の構造を測るためなどに使われていたもので、この用途のためではありません。ですが、いまとなってすごい手法で活用されたのです。


Video: Alfredo Escalante López/YouTube
「この2つの機器はCSMの科学機器搭載区画(SIM)に搭載されていた」とESA SPICEサービスエンジニアのAlfredo Escalante López氏。
「我々の再現の精度を確認するため、SIMに搭載されていたカメラで集めた画像と人工的に生成された光景とを比較した」とのこと。

科学者らはNASAのルナー・リコネサンス・オービターのレーザー高度計といった現代の機器が集めた地形データを用いることで、1ピクセルあたり5メートルの解像度を実現できました。

月上空の飛行に加えて、研究者らはアポロ15号月着陸船の着陸と着陸地点のまわりを月面車で運転をも再現したのです。
さらに、太陽電気推進の試験と月面の観測を行なったESAによる2003年のSMART-1ミッションもモデル化しました。


Video: Alfredo Escalante López/YouTube
ESAではSPICEをマーズ・エクスプレス、ビーナス・エクスプレス、ロゼッタ、エクソマーズのトレース・ガス・オービター、ベピ・コロンボ(水星)といった他の探査ミッションのデータの分析や、早くて2025年に水の氷や他の鉱物を求めて月面を探査するロシアのルナ27など先々のミッションに備えられるよう応用しています。
月に向かう今後のミッションをシミュレートすることで、ミッションの数ある難しい要件の中でも特に危険の多い地形の回避といったシステムを研究者らは開発し、試験できます。

さらにすごいのは、ESAは今回のデータをすべて公開しているという点。VRヘッドセットを持っていれば、歴史的な瞬間を追体験できますよ。

Source: ESA (1, 2), Bitbucket, YouTube (1, 2, 3)



店2

気温2

店

芭蕉俳句:  鸛の巣も見らるる花の葉越し哉  (こうのすも みらるるはなの はごしかな)

時代背景&解説: 貞亨4年春。
同じ題材の句として「鸛の巣に嵐の外の桜哉」がある。
この頃の桜は山桜に近い花である。
だから花と葉っぱが同時に出てくる。
そんな桜を見にきたら、桜の木のてっぺんにこうのすが巣を作っている。
この巣も花見と一緒に見られている。


店2

音符

m3

m4

GS2

3

イオン



在庫速報.com



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

「Lockdown 2020.:封鎖 2020年。」

天体
04 /21 2020
イオン

CIMG9010_20200420043159a5f.jpg

1

今日は何の日4月21日

川根茶の日(4月21日 記念日)

「川根茶」の生産者などで結成され、その品質向上と「川根茶」を中心とした豊かなまちづくりを目指す「川根お茶街道推進協議会」が制定。
日付は新茶のシーズンの直前で、「立春」から数えて「七十七夜」となることの多い4月21日を記念日とした。
日本屈指の銘茶である静岡県の「川根茶」を多くの人に知ってもらうことが目的。
香りが高く、甘みと渋みのバランスのとれた「川根茶」の歴史や文化を思い、新茶シーズンを迎えるスタートの日と位置づけている。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

川根茶について

「川根茶」とは、静岡県の川根地域(川根本町、島田市川根町)で摘採された茶葉を同町内の製茶工場で加工し、出来上がった「荒茶」を使用し製品化したお茶のことである。
南アルプスを源流域とした大井川水系の恵まれた環境(寒暖差や朝霧、綺麗な水など)と農家の絶え間ない努力により、銘茶として知られるようになった。
「日本の三大銘茶」としては、「静岡茶」「宇治茶(京都)」「狭山茶(埼玉)」が挙げられることが多いが、「静岡茶」の中でも「川根茶」は名の知られた銘柄の一つである。

ホテル

( ノ゚Д゚)おはようございます、今日は「川根茶の日」らしいですね。
若い頃「川根」方面には、何度か自家用車やオートバイでDriveした事がありますけども、牧歌的で良い街ですね。
今は「緊急事態宣言」で、暫くは自動車での遠出も出来ませんが・・・・・。

桜2

0421

桜

CIMG9009_20200420043157ab5.jpg

CIMG9011_20200420043200456.jpg

DSCF4531_20200420043202343.jpg

2

愛野駅3

今日の気に為る話題は此方です。

地球はかつてラグビーボールのような形だった
月が近すぎて地球は激動、従来の考えを覆す新研究
宇宙&科学 ナショナルジオグラフィック 2020.04.19


1
国際宇宙ステーション(ISS)から見た地球と月。(PHOTOGRAPH BY REID WISEMAN, NASA)

 今から約45億年前、誕生して間もない地球に別の大きな天体が激突した。
飛び散った破片が集まってできたのが、月だ。

 当時の地球は退屈な場所だったと考えられている。
どこまでも広がる地殻からときどき溶岩が滲み出している程度で、複雑な地質ができてくるのはもっと後になってからだったというのだ。

 しかし新たな研究によると、原始地球は、できたての月がすぐそばを回っている影響を受け、激動していたという。

 研究成果を発表する予定だった2020年3月の第51回月惑星科学会議は、コロナ禍により中止になった。
だがその論文は、当時の地球が月にどれだけ振り回されていたかを示している。

「信じられないほど、ダイナミックでした」
 当時、地球から月までの距離は、現在の30分の1しかなかった。
これほど距離が近いせいで、地球と月のワルツがバランスを乱していたことが最新のシミュレーションで明らかになった。
高速で自転するようになった地球は引き伸ばされ、ラグビーボールのようないびつな形になった。

 いびつな形の地球では激しい造山活動や火山活動が起こり、こうした地質活動は、あらゆる種類の複雑な岩石や鉱物を作り出したと考えられる。

「地球の歴史の最初の数千万年間は、信じられないほどダイナミックでした」と、今回の論文の著者である米カリフォルニア工科大学の惑星科学者、サイモン・ロック氏は言う。
「人々の想像とは大きく異なる世界だったのです」

 彼らの論文はまだ査読を受けていないものの、一部の専門家は高く評価している。
英ロンドン自然史博物館の惑星科学教授であるサラ・ラッセル氏は、地球が一時的にジャガイモのような形をしていたと言うと奇妙に思われるかもしれないが、生まれたばかりの月が地球の地質活動を促した可能性は大いにあると指摘する。
なお、ラッセル氏は今回の研究には関与していない。

「こういう仮説は聞いたことがありません。驚くべき仮説です」と彼女は言う。

参考ギャラリー:近すぎる? 美しいスーパームーンの写真
2
米オハイオ州コロンバスにあるルベック・タワーのワシの像のうしろからのぼるスーパームーン。(PHOTOGRAPH BY ADAM CAIRNS, THE COLUMBUS DISPATCH, ASSOCIATED PRESS)

44億年前のジルコンはどうしてできた?
 地球の変遷の記録は、岩石の中に記される。
しかし、空気や水の流れが古い岩石を削り去り、海溝が古い地殻をのみ込んでゆくため、その歴史の多くが抹消されてしまっている。
なかでも原始地球の歴史は特によくわかっていないが、地質学者の多くは、長期にわたりほとんどなにも起こらなかったと考えている。
火山灰でかすんだ空の下、動きのない、岩だらけの地面が広がっていたという。

 ただし、そう考えた時に不思議なことがあった。
オーストラリアで発見されたジルコンという非常に安定な鉱物の結晶が、放射性同位体を使った年代測定で44億年前のものと確認されたことだ。
ジルコンは花崗岩など化学的に複雑な岩石の中から見つかることが多く、科学者たちは、地質学的に不活発だった当時の地球がそんなに高度な物質を作り出した機構について、意見の一致をみていないのだ。

 ロック氏は、月が鍵を握っているのではないかと考えた。

 月は、地球が形成された直後にできた。
大きな天体が地球に激突した後、飛び散った破片が地球の周りを回る中で互いに衝突し合い、やがてほぼ球形の衛星(=月)を形作ったのだ。
シミュレーションの結果は、当時の月が、現在よりはるかに地球に近いところにあったことを示唆している。
これだけ近ければ月は地球の自転に影響を及ぼしていたはずだが、あまり踏み込んだ研究は行われてこなかった。
興味を持ったロック氏は、月が地球の自転に及ぼした影響からどんなことが起きたかについて、独自にシミュレーションを行った。

地球と月のダンス
 地球と月は、重力で分かちがたく結ばれてダンスを踊っている。
物理の法則により、一方がふるまいを変えたら、バランスを保つために他方もふるまいを変えなくてはならない。
「角運動量保存の法則」と呼ばれる法則により、月が近くにあるときには地球は高速で自転し、月が遠くにあるときには地球はゆっくり自転する。

 現在の月と地球の距離は約38万kmだが、最初は約1万3000kmしか離れていなかった。
地球の自転は高速で、1日の長さはわずか2.5時間ほどだった。
その結果、形成当初は球形だった地球は、かなり楕円形になっていた。

「初期の地球がそんなに潰れていたとは、考えたこともありませんでした」と、米テキサス大学ダラス校のプレートテクトニクスの専門家ロバート・スターン氏は語る。
「突拍子もない説に聞こえるかもしれませんが、理にかなっています」。
なお、彼は今回の研究には関与していない。

 現在、遠ざかった月の重力は地球の海水を引き寄せ、潮汐を作り出している。
月がもっと近かった頃、地球に及ぼす力ははるかに大きかった。
今回のモデルによると、月の重力は地球の海水どころか固体部分を大きく膨らませ、この膨らみが月に合わせて地球のまわりを動いていたという。
しかし、この追いかけっこは月と地球のダンスを乱した。
バランスを取り戻すため、月はダンスのパートナーから遠ざかりはじめた。

 すると地球は、回転速度を緩めることで変化に対応。
それに伴い、地球の形も変化した。赤道付近の岩石は、自動車の追突事故のように次々と衝突し、一時的に派手な造山運動を引き起こした。
一方、両極付近の地殻は引き裂かれ、その下にあった高温のマントルが湧き出してきて、大量のマグマができた。

「超高速であること以外は、現在の中央海嶺で起きている現象と非常によく似ています」と、ロック氏は言う。
現在、中央海嶺で新しい地殻が形成されるスピードは非常にゆっくりしているが、原始地球が減速する際には速やかに地殻が形成されたのだ。

 この大変動の間に、巨大な岩石の塊の一部がマントル中に沈み落ちたかもしれない。
こうした岩石が「44億年前のジルコン」のように化学的に進化した鉱物の原料になっただろう。
もしそうなら、現在の大陸を構成する岩石を作ろうとした最初の試みだったことになる。

未知の世界
 これまで地球の初期の歴史について論じてきたのは惑星科学者ではなく地質学者だったと、スターン氏は言う。
「けれども、新しいグループが参入すると、本当に面白いことが起こります。
原始地球の形成過程に着目した今回のアプローチは、これまでにない、完全に新しいものです」

 米ノースカロライナ州立大学の惑星地質学者ポール・バーン氏は今回の研究には関与していないが、原始地球の形成に月が一役買っていた可能性は大いにあると言う。
しかし彼は、地球を形作ったのは月だけではなかったかもしれないと言う。
原始地球の内部の温度は現在の温度の3倍もあり、これだけの高温なら、月の助けがあってもなくても、表面にあらゆる種類の変化を引き起こしたと考えられるからだ。

 地球は自身の地質学的な過去を地中に埋めてしまったので、月が若き日の地球に及ぼした大きな影響についての物語を証明するのは困難だ。
しかしラッセル氏は、このモデルが正しいにせよ間違っているにせよ、原始地球をよりよく理解するのに役立つと言う。
そのときに肝心なのは、生まれたばかりの地球を、私たちがよく知る故郷としてではなく、完全に未知の天体として見ることだ。

参考ギャラリー:宇宙から見た地球 写真11点(画像クリックでギャラリーへ)
3
NASAの月探査機ルナー・リコネッサンス・オービターからのデータを基に作成された合成画像。月の地平線から地球が昇っているように見える。地球の右上にある大きな茶色の部分はサハラ砂漠。(PHOTOGRAPH BY NASA/GODDARD/ARIZONA STATE UNIVERSITY)

文=Robin George Andrews/訳=三枝小夜子

おもてなし14

道2

気温

道

芭蕉俳句: しぐるるや田の新株の黒むほど (しぐるるや たのあらかぶの くろむほど)

時代背景&解説: 元禄3年、47歳。
伊賀上野で。
今年の秋刈り取った稲田の切り株 はすっかり枯れて灰色になっていたのだが、そこに時雨が通り過ぎていった。
それはちょうど切り株を濡らして黒く変色させるほどもの。
こういう時雨が、通り過ぎて行くたびに伊賀の冬は深まっていく。

桜3

m3

m4

GS2

3

イオン2

表情筋リフトアップ

在庫速報.com



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

「Strikeout looking.:見逃し三振。」

天体
12 /08 2019
イオン

花

気温

今日は何の日

御事納め(12月8日 記念日)

2月8日に農作業など一年中の行事の始まりである「御事始め(おことはじめ)」または「事始め」があるのに対し、この日はこれを終えることから「御事納め(おことおさめ)」または「事納め」という。
地方によっては「御事終い(おことじまい)」というところもある。
また、2月8日と12月8日をまとめて「事八日(ことようか)」という。
この日は農作業など一年の作業が終わる日であり、農事が終わることを祝って行った行事のことも意味する。
この日には、里芋・こんにゃく・にんじん・小豆を入れた「御事汁」を食べる風習があった。
江戸時代には、12月8日に正月の儀式を始める「御事始め」とし、2月8日の正月の儀式を終わることを「御事納め」としていた。

車検

( ノ゚Д゚)おはようございます、昨日は愛車のDJデミオの2回目の車検、朝一で「静岡マツダ和田店」へ行き、受け取った代車が、自分の車よりも新しいモデルのデミオでした。
それにしても、ほんの少し新しいだけでも、相当印象は異なりますね。

カメラ

いわゆるバックカメラ等の安全装備にしても、新型は此の映像ですから、かなり見え易いので相当改良されてますね。

T

他に特に気になったのは同じタイヤメーカーの同じタイヤ・ブランド・同じサイズでありながら、少しだけ違うタイヤ・グレードで、全く違う乗り心地・ロードノイズでした。
昔は純正グレードのタイヤと言えば、安かろう悪かろう、のイメージがあったのですが・・・・・。

T2

1208

タイヤ

車検2

道

m1

m2

GS

花2


今日の気に為る話題は此方です。

オウムアムアとは全く違う。恒星間天体ボリソフ彗星の新しい画像が届きました
2019.12.03 07:00   author George Dvorsky - Gizmodo US[原文]( 岡本玄介 )
ボリゾフ彗星
オウムアムアとは全く違う。恒星間天体ボリソフ彗星の新しい画像が届きました
Image: Pieter van Dokkum, Cheng-Han Hsieh, Shany Danieli, Gregory Laughlin

いかにも彗星! だけど、とにかくデカい。

ハワイの望遠鏡が、2l/Borisovことボリソフ彗星の近接写真を撮影しました。
これは我々の住む太陽系外からやって来た、2番目の恒星間天体です。
トップ画像左が今回撮影された星間彗星2l /ボリソフの画像。
右は、サイズ確認のために同スケールの地球を合成したものです。

イェール大学の学者たちが撮影
プレスリリースによりますと、この素晴らしい写真は、ハワイにあるケック天文台に設置された低解像度画像分光計によって撮影されたものだとのこと。

2019年11月24日、イェール大学の天文学者ピーテル・バン・ドックカム教授、院生のチェンハン・シェイ氏、シャニー・ダニエリ氏、グレゴリー・ラフリン教授がこの画像を撮影しました。

我々の太陽系を通過してまた去ってしまう
恒星間彗星ボリソフは、太古の昔に遥か遠い太陽系で誕生しており、恒星系内でわずかに惑星と衝突したあと深宇宙へと旅立つことになったと考えられています。
現在、この彗星は太陽系を気持ちよく移動していますが、すぐにまた恒星間空間に戻ってしまいます。


ボリソフ彗星は12月下旬に地球に近付きますが、その距離は2億8400万km以上になるようです。
太陽に最も接近するのは12月8日で、その日は火星と木星の間の小惑星帯に接近します。
新しい画像が示すように、彗星はすでに太陽の影響を受けており、大量のガスや塵を放出しています。

尾の長さは地球の14倍
イェール大学の天文学者たちは、地球と彗星を並べて表示する合成画像も提供しました。
そこにはとにかく巨大な光輪と尾(コマと呼ばれる星雲状のガスや塵)が見られます。

尾自体の長さは約16万kmで、地球の大きさのおよそ14倍にもなるのだそうです。
一方、この彗星の固い核は幅0.7kmから3.3kmの間くらい。
比較的小さなサイズの天体なのに、けっこう派手な宇宙花火なのです。

オウムアムアはよくわからんかったけど
星間彗星ボリソフは、今年の9月に初めて発見されました。
これは記録されている2番目に知られている星間天体であり、もうひとつは2017年10月19日に発見されたオウムアムアとなっています。
天文学者たちは、あまり輝かず薄暗いオウムアムア をよく見ることができず、それが彗星なのか、小惑星なのか、それとも何か別のものなのか結局なんだかわかりませんでした。

しかしボリソフ彗星は、この最新の写真から明らかなように、間違いなく彗星であることがわかります。

今後の発見と研究に期待
ボリソフやオウムアムアのような天体を研究することによって、天文学者は私たちの太陽系以外の太陽系で形成された惑星、彗星、小惑星の基本的な構成要素をよりよく理解することができるようになります。

そして驚くべきことに、今後数年のうちに同様の発見があると天文学者たちは予測しています。また「エイリアンの母船だ」なんて説が飛び出すようなヘンテコ天体がやってくるとおもしろいんですけどね。

Source: YaleNews, Cornell University, EarthSky
Reference: Wikipedia
店

気温2

店2



芭蕉俳句:  水とりや氷の僧の沓の音  (みずとりや こおりのそうの くつのおと)

時代背景&解説: 「春なれや」とはいっても、三寒四温。お水取りの僧の沓の音は寒夜に響いて、季節は一進一退している。
「お水取り」は二月堂修二会(しゅにえ)の主要行事。
「氷の僧」というので、僧侶の下駄に氷が張っているような寒々しい情景を想像しがちだが、旧暦の二月はもはや「春なれや」であることにかわりはない。
「如月の望月」の頃には桜が咲いたのであるから。
 なお、『芭蕉翁發句集』などでは「水とりやこもりの僧の沓の音」とある。
また、『芭蕉句選』では「水鳥や氷の僧の沓の音」とあるが、これ らはいずれも杜撰。


m3

m4

GS2

花3





にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。