FC2ブログ

休日の朝に、9時間経過しました。

日記
06 /17 2012
おはようございます、やはり休日ゆえに、テンション高めで、日課こなしてのブログ更新です。

さて、ルマン24時間レースのほうですが、昨晩の午後十時開始から9時間以上経過しております。

#8トヨタ大クラッシュ! ル・マン5時間目で大波乱
2012.06.17

©AUTOSPORT

 第80回目ル・マン24時間耐久レースは5時間を迎えるところで、レースが大きく動くこととなった。トップを走っていた1号車アウディに、7号車トヨタが肉迫する一方、8号車トヨタが大クラッシュ。レースはセーフティカーランとなった。

 トップを快走していた1号車アウディR18 e-トロン・クワトロに対し、7号車トヨタTS030ハイブリッド、8号車トヨタTS030ハイブリッドが追走する展開となっていた今季のル・マン24時間耐久レース。やや日が傾きはじめた19時37分、上位のワークス勢にドラマが展開されることとなった。

 まずル・マンの魔物の餌食となったのは、スタート直後2番手を走行していた3号車アウディR18ウルトラ。ロマン・デュマがドライブ中に、第1シケインで周回遅れをパスしようとした際、姿勢を乱した3号車はタイヤバリアにクラッシュ。右フロントを大破し、なんとか自走でピットに戻ったものの、修復に大きな時間を要することとなってしまった。

 一方、トップの1号車は19時台にややペースが鈍りはじめ、その間も好調なペースを維持していた7号車トヨタ、8号車トヨタが接近。1号車がルーティンのピット作業をした19時57分、ピットアウトした1号車の直後に7号車が接近! ユノディエールで1号車と7号車は並走し、ミュルサンヌ立ち上がりで7号車トヨタが1号車をパス! その後アルナージュ、ポルシェコーナーと1号車のブノワ・トレルイエと7号車のニコラス・ラピエールは激しいバトルを展開した。

 しかし、同じタイミングでその後方を走っていた8号車トヨタは、アンソニー・デイビッドソンがミュルサンヌの進入でLM-GTEアマクラスの81号車フェラーリ458をかわそうとした際、フェラーリがイン側に動き2台は接触! デイビッドソンのトヨタTS030ハイブリッドは宙を舞い、1回転し着地。激しくタイヤバリアに叩き付けられた。さらに、81号車フェラーリもタイヤバリアに激突し横転してしまう。

 これでセーフティカーが導入され、ミュルサンヌアウト側のガードレール補修作業がスタート。ル・マン24時間は長いSCランが展開されている。その間に、クラッシュしていた3号車アウディは修理が完了しコース復帰。また、1号車アウディと7号車トヨタは同時にピットに入ったものの、アウディが素早く1号車を送り出し、現在1号車が前の状態で、4号車アウディ(ラップダウン)を間に挟み7号車トヨタが続いている。

 なお、クラッシュした両ドライバーはすぐにマシンから降りたものの、デイビッドソンは点滴をつけ救急車に乗せられた。腰に痛みがあり、検査が行われるという情報が入っている。
(オートスポーツweb)

まあ、序盤にありがちな事故が、トップ5からと云うのが珍しいですね、アウディとトヨタ共に各一台リタイアみたいで、レースはヒートアップの予感ですね。

続きを読む

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。