FC2ブログ

ようやく、久しぶりに週末の晩酌。

日記
09 /07 2012
こんばんは、今日もやや暑い日でしたね。

今日の御題は、此方です。

17世紀から蘇える スウェーデンの巨大軍艦「ヴァーサ」
2012.9.7 11:08 [歴史・考古学]
 スウェーデンがバルト海沿岸を支配した時代を象徴する船「ヴァーサ」。全長約68mもあるその巨大な軍艦を紹介。

wir12090714300004-p1.jpg

軍艦ヴァーサ "Vasa" By Scoobyfoo (CC:BY-NC-ND)

 スウェーデンの軍艦ヴァーサは、およそ400年前の1628年、処女航海に出てストックホルム沖で沈没。後に海中から引き上げられた同艦は、現在ヴァーサ博物館に飾られているが、いまも少しずつ腐食が進みつつある。

 この巨大な船は、スウェーデンが欧州の大国となり、バルト海沿岸を支配した時代の象徴。当時もっとも巨大かつ重武装の軍艦であったわけではないが、それでもヴァーサは強力な軍艦だった。全長約68m、64門の大砲を持ち、片側のみで合計約300kgの砲弾を撃ち出すことができた。ただ、この軍艦が結局、戦闘で使われることはなかった。ヴァーサはバランスが悪く、1海里も航行することなく転覆し、沈没したためだった。

 その後、1961年に引き上げられたヴァーサは、1990年からはヴァーサ博物館に展示され、毎年100万人以上の観光客を魅了してきた。しかし2000年、船の表面から状態悪化の兆候が見え始める。米国時間6日に発行された「Biomacromolecules」誌に掲載された論文によれば、同艦の木造船体は木の繊維組織の腐食により、ひどく耐久性が低下しているという。同論文は、ヴァーサに使われている木材が通常のオーク材に比べて40%も耐久性が低下し、かなり酸化しているとしている。

 研究者らによると、いまのところヴァーサが倒壊する心配はないものの、その船体は毎年数ミリずつ変形している--木材の状態からいって何らかの対策を行うには少し遅すぎるのだという。論文の共同執筆者であるインゲラ・ビューハーゲルらは現在、同艦のコンピューターモデルを使って、船を支える新たな構造の設計を進めている。

TEXT BY TANYA LEWIS
TRANSLATION BY 中村航

WIRED関連ニュース

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。