FC2ブログ

春の足音?!

日記
02 /27 2013


梅①


こんばんは、今朝は小雨模様、午後から晴れ間が、そして、少し暖かく、今年ほど春の到来を待ち遠しい時も珍しいと思いますね。


標識



今日の気に為るニュースは、此方です。

ネット選挙:メール「第三者」認めず…自公改正案
毎日新聞 2013年02月27日 21時05分(最終更新 02月27日 21時10分)

 自民、公明両党は27日、インターネットを使った選挙運動を夏の参院選で解禁する公職選挙法改正案をまとめた。電子メールを使った選挙運動は政党と候補者に限定。民主党やみんなの党は政党・候補者以外の第三者によるメール送信の解禁を主張しており、自公両党は参院選後に「速やかに検討」するとの見直し規定を設けた。自公両党は28日の与野党協議で法案を提示し、今国会での早期成立を目指す。

 公選法は選挙運動で頒布できる「文書図画」を規制しており、選挙期間中のインターネット利用は禁止されている。自公案は、ウェブサイトと電子メールを使った選挙運動を解禁する内容で、ホームページや交流サイト「フェイスブック」、短文投稿サイト「ツイッター」などで投票を呼びかけることが可能になる。メール送信は政党と候補者、「地域政党」など公選法上の確認団体に限定。送信先は事前に受信に同意した有権者に限った。

 このほか、政党や確認団体のホームページに誘導する有料のバナー広告も解禁する。民主党やみんなの党は候補者のバナー広告も認めるよう主張しており、与野党協議で見直される可能性もある。政党や候補者を装って虚偽表示を行う悪質な「なりすまし」を防ぐため、違反者には公民権停止を含む禁錮2年以下、罰金30万円以下の罰則を設けた。

 これまでの与野党協議では日本維新の会、生活、社民、みどりの風、新党改革、国民新の6党が自公案に賛同。民主、みんな、共産の3党が反対している。仮に合意政党だけで共同提案しても、野党が多数を占める参院で可決、成立する見通しが立っている。

 自民党が27日に開いた選挙制度調査会と総務部会の合同会議では、7月に改選を迎える参院議員から「準備期間が足りない」などの慎重論が出て、平井卓也ネットメディア局長が「誹謗(ひぼう)中傷対策として党が責任を持ってモニタリング(監視)したい」と理解を求めた。同党は与野党協議と並行して参院側への説明会を開く方針。

 各党はすでに送信先のアドレス収集などネット選挙の態勢作りに着手している。自民党は3月上旬の成立を目指しているが、4月以降にずれ込む可能性もある。【中島和哉】

◆自公両党のネット選挙解禁法案の骨子

・ウェブサイトと電子メールを使った選挙運動を解禁

・メール送信は候補者と政党に限定し、送信先からの事前同意を義務づけ。参院選後速やかに第三者解禁を検討

・有料バナー広告を政党に解禁

ようやく第一歩みたいですね、何時くらいにインターネットで投票できるのかしら。


コクヨの予告


帰路

今日の生活記録、総歩数17775歩、消費カロリー2756Kcal、BMI=22.22でした。

梅②

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

愛車は「頭文字 D(Mazda デミオ)」、エコ・燃費重視派の「やっとこ」です。
徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。