FC2ブログ

週末の追想録。

日記
09 /20 2014
蒼穹

こんばんは、今日は20日なので、いつもの宇佐美石油にてポイントデー給油、因みに燃費はエアコン使用が減っても変化無しの約リッター11キロ位、をしました。

路
今日の気になる話題は、本来、今、マスコミや国連が本腰入れて対応すべきは、割りと重い話題になりますけど、日本国内では福島原発問題と此方ですよね?!

2014年9月19日 16:35 (AFPBB News)
エボラ熱の予防対策チーム7人、殺害される ギニア


【AFP=時事】エボラ出血熱が流行している西アフリカ・ギニアの村で、予防対策を周知するため政府が派遣した保健当局職員ら7人が、怒った住民たちに殺害され遺体で発見された。

 ギニア政府の18日の発表によると、地元の衛生保健当局職員やジャーナリストらの遺体は、同国南西部の村ウォメ(Wome)にある小学校の浄化槽で見つかった。一行はエボラ出血熱の感染予防に関する訪問教育のため、16日に現地入りしたが、村人たちから石を投げ付けられた後、行方が分からなくなっていた。

 地元警察によれば、16日の暴動では少なくとも21人が負傷している。暴動に発展したきっかけは現在のところ不明だが、エボラ出血熱の流行で村民たちの間には恐怖と妄想が広がっており、政府や国際機関は信用できないと感じているという。

 ギニアでは多くの人が、エボラ出血熱の流行は意図的なものだとか、アフリカ人を医療機関に集めて血液を採取したり臓器を摘出したりするための方策だといった陰謀論を信じており、国内外の医療関係者はその一味だとみなされている。

 リチャード・ハバ(Richard Haba)警部補は18日、AFPの取材に対し「知事に率いられた訪問団は、村人たちに石や棒で襲撃された」と語った。人々は、「エボラ熱は白人が黒人を殺すために生み出したものだと信じており、(訪問団が)村人を殺しに来たと思った」のだという。

 今年初めにギニアで発生したエボラ出血熱では、同国だけでこれまでに600人が死亡した。西アフリカ4か国の死者は計2600人以上に達している。

 ギニアでは8月にもンゼレコレ(Nzerekore)で、市場を訪問した消毒チームが商売をしていた業者らに告知せずに消毒剤を散布したことから暴動が発生し、機動隊と地元住民が衝突、少なくとも55人が負傷する事件が起きている。

【翻訳編集】AFPBB News

記事の著作権は株式会社クリエイティヴ・リンクに属します。
© 2014 AFPBB News.All Rights Reserved.
※掲載されたすべての情報は、記事作成時点のものです。

今のところ現状は文章伝達のみですので、事件の事情・詳細は不明に近いですが、21世紀この事件が人類に大打撃を与えないことを祈っています。
給食

とりあえず給油前に、人間にも給油と、夜明けのオールドファションのドーナッツが無かったので(T0T)、今日は此方です。

給油

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

愛車は「頭文字 D(Mazda デミオ)」、エコ・燃費重視派の「やっとこ」です。
徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。