FC2ブログ

夕暮れ更新。

日記
11 /06 2014

風景

こんばんは、勤務時間帯の変化の影響か、最近はめっきり夕暮れ時にブログ更新が多くなり、記事の選択にも幅が出来た反面、ニュースの選択肢の多さに迷います。

体重

やはり、中秋の名月撮影とはならず、・・・もっと撮影の腕も磨きたいものです。

月
今日の気に為る話題は、IT分野から此方です。

スマホの買い替えサイクル、平均2年に伸びる
RBB TODAY 11月6日(木)16時17分配信

スマホの買い替えサイクル、平均2年に伸びる

スマートフォンの買い替えサイクル

 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(GfK Japan)は6日、携帯電話ユーザーに対して購入状況・利用状況などに関するアンケート調査を行った結果を発表した。

 調査期間は2012年10月~2014年8月で、18~69歳の男女8,552人(プレ調査)、2404人(購入意向者調査)、4428人(購入者調査)から回答を得た。

 国内携帯電話市場におけるフィーチャーフォンの販売数量構成比は、2012年下半期(7~12月)より2014年上半期(1~6月)にかけてほぼ横ばいが続いている。背景に、スマートフォンからスマートフォンへの買い替えの伸び悩みがあることが、構成比押上げの要因となっていると、同レポートでは指摘している。

 具体的に、スマートフォン使用者に対し、1つ前の端末の使用期間を調査したところ、調査期間2012年(10~12月)は1.7年であったのが、2013年(同期)では1.9年、2014年(8月)では2.0年と、少しずつ長くなっていることが明らかになった。スマートフォンの各機能の向上化が進み、スマートフォンへの不満が減っているためと見られる。

 たとえば「スマホへの不満」という質問で、過去3回の集計でつねにトップとなっている「バッテリーの持ちの悪さ」だが、2013年上半期では39%、同下半期では29%、2014年8月は19%と大きく減少していた。性能側から見ても、スマホのバッテリー容量別構成比(全国の家電量販店におけるAndroidスマートフォンの販売実績ベース)を見ると、2013年1~3月から2014年7~9月にかけて、容量3,000mAh以上のモデルのシェアが伸長しているとのこと。

【関連記事】
LINEの企業スタンプ、高い行動喚起力……過半数がサイトを訪問など
通勤・通学中、動画を視聴する人は約5割……若年層の約2割は毎日視聴
2014年度上期の国内携帯電話の出荷台数、過去最低に
「セキュリティに不安」は7割以上なのに、「ソフトを常に最新にしている」人は半数
ウェアラブル端末、実際に購入した人は約4%……約4割の人は「まったく知らない」
最終更新:11月6日(木)16時17分RBB TODAY

先日の故障交換にて、二年にあと少し手前で 機種を変更しましたけど、現状は交換要請が正解だったと痛感するほど、新しい機種(そうは言っても一年前の機種の在庫対応で別段、狙った訳では無いですが)は使い勝手が善いですね。
詳細は後日また、ブログに書きますねぇ(>_<)。
蒼穹

風景2

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

愛車は「頭文字 D(Mazda デミオ)」、エコ・燃費重視派の「やっとこ」です。
徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。