FC2ブログ

今年もとうとう・・・。

日記
06 /02 2015
路

今年も、とうとう半分を過ぎて、紫陽花の頃となりました。

華

自宅近くのショップで見掛けた、スイフト・デモカーです。

車

橋

今日の気に為る話題は此方です。

東北支援でサハラマラソン完走 神戸の女子大生、募金呼び掛け 
神戸新聞NEXT 6月1日(月)17時1分配信

東北支援でサハラマラソン完走 神戸の女子大生、募金呼び掛け 

マラソン

(写真説明)サハラマラソンを完走し、ゴール地点で喜ぶ川中麻裕さん=モロッコ(本人提供)
 今年4月、アフリカ大陸の砂漠約250キロを7日間かけて走る「サハラマラソン」に、神戸女学院大学(兵庫県西宮市)3年の川中麻裕(まゆ)さん(20)=三田市ゆりのき台6=が初めて挑んだ。東日本大震災の被災地でボランティアを経験し、挑戦を通じて東北への支援を呼び掛けようと出場。“世界一過酷”とされるレースを見事に走り切った。(山岸洋介)


 サハラマラソンは毎年春、アフリカ大陸に広がるサハラ砂漠の西端、モロッコで開かれる。気温30度を超える猛暑の中、食料や衣服、寝袋など約10キロの荷物を背負って走り、テントで泊まりながらゴールを目指す。

 川中さんは東日本大震災の後、神戸YMCAで募金活動に取り組み、2013年夏には宮城県南三陸町で、がれき除去や家屋解体、畑の土を入れ替える作業に汗を流した。サハラマラソンを知ったのは昨年1月。被災地を勇気づける活動を模索していた際に書店で紹介する本を見つけ、すぐに挑戦を決めた。

 中学時代に剣道に打ち込んだが、マラソン経験はなし。1年前から石を背負って自宅周辺を走り、登山で体を鍛えた。同時にインターネットで出資を募る「クラウドファンディング」を活用し、賛同者に被災地支援のための募金を呼び掛けることにした。

 4月5日スタート。コースは起伏が多く、岩山の難所もある。疲労で体が食事を受け付けず、暑さや体中の痛みに苦しめられた。それでも南三陸の被災者を思い浮かべると、力が湧いた。地平線にうっすらゴール地点が見えたときは、涙があふれたという。

 タイムは52時間29分で、完走者1237人中823位。34人が参加した日本勢の中で、女性では2位に入る力走だった。

 帰国後、南三陸の被災旅館のおかみに電話で報告すると「勇気をくれてありがとう」と感謝された。川中さんは「逆に私が東北の方に支えられ、成長させてもらった。今後も少しずつ東北のために活動したい」と話す。

 募金は「ジャパンギビング」というサイトを通じて呼び掛け、公益財団法人「東日本大震災復興支援財団」に寄付する。協力者には金額に応じてマラソン報告書やサハラの砂などのお礼を贈る。6月6日まで受け付ける。

【関連記事】
かっこよく散髪して東北支援 芦屋の美容院チャリティーカット
思い出の写真2万枚超再生 津波被害の東北支援、神院大生ら
金山ゆい 歌の力で東北支援
東北支援へ特産販売 コープこうべ各店、16??18日
本業生かし東北支援 兵庫県内企業「風化防げ」
最終更新:6月1日(月)18時1分神戸新聞NEXT

華2

スキーをしていた頃は、こんな車にも憧れていました。

車2

華3

路2

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

愛車は「頭文字 D(Mazda デミオ)」の「やっとこ」です、徒然なる日常を一言日記風に綴り始めて8年越え、現在は写真日記風備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園までの趣味を叔父さん目線で綴る日々、俳優・山田孝之さんとは別人、お気軽にお寄り下さい。