FC2ブログ

第1984回「あなたは夢見がちですか?」

日記
06 /23 2015
夜路

華

店


こんにちは~!FC2ブログトラックバックテーマ担当の吉田ですッ今日のテーマは「あなたは夢見がちですか?」です。以前の私はいっつも夢を見ていました特に社会に出るまでは、どこからそんなに根拠のない自信が出てくるのか問うてやりたいぐらい、夢見がちでしたでも年をとるにつれて、だんだん夢を見なくなり・・・なんだろ・・・現実を見るようになったというよりは、やさぐれ?どうせ願ったところで、ねぇ?みたいな思考にな...
FC2 トラックバックテーマ:「あなたは夢見がちですか?」



こんにちは、うーん?!こんな混沌とした社会で、日常的に夢を見られるのは相当に幸せで、凄い事ですねぇ(^-^ゞ。
自分自身の場合は夢なのか、どうかは置いといて、色んな目標や理想は目指しますが・・・・、実現可能かどうかは置いといて、ちょいとした目標・理想から、より大きな目標・理想までを目指す事はあります。
下は通勤路に有る某会社の資材倉庫、謎の暗号の様な看板から、某国のスパイの会社ですかねぇ(^-^ゞなんちゃて?!

店2

華2

デミオ

出勤前にフト見ると、デミオの窓ガラス直撃、昨日洗車したばかりなのに、鳥の糞攻撃です(>_<)。

デミオ2

今日の気に為る話題は、ウチもJAとぴあの保険ですが入っていますの此方です。

地震保険、1600万件突破=全国で契約増続く―14年度末
時事通信 6月22日(月)19時0分配信

 損害保険39社が加盟する損害保険料率算出機構が22日発表した2014年度末の地震保険の契約件数は、各社合計で前年度末比4.1%増の1648万9482件となり、初めて1600万件を超えた。契約件数は全都道府県で増加。東日本大震災に加え、活発化する火山活動などが地震保険への関心を高めているとみられる。 

【関連記事】
〔写真特集〕東日本大震災 100枚の記録
〔写真特集〕鎮魂の3.11
りそなHD、25日に公的資金完済=あおぞら銀、七十七銀は29日
【特集】東日本大震災から4年
【特集】真冬の災害 あなたはどうする~避難所で、吹雪の車内で~
最終更新:6月22日(月)19時4分時事通信


カールさん

P1

一番最初の実ですが、ようやくイタリアンレッドも色着きました。

P2

P3

2つのプランターで色着いたのは、此の2つのイタリアンレッドのみです。

P4

P5

華4

悔しいけれど今回は観戦できませんでしたので、此方も掲載します。

ル・マン24時間レビュー:減ったトヨタの“存在感”。勝つための決意はあるか
オートスポーツweb 6月20日(土)22時6分配信

ル・マン24時間レビュー:減ったトヨタの“存在感”。勝つための決意はあるか
努力に反して、今季のル・マンにおける存在感は2012年の復帰以来最も“希薄”だったトヨタ陣営。今後、ル・マン総合優勝を得るための覚悟を示すことができるかが問われる。
 6月13日~14日に決勝レースが行われた第83回ル・マン24時間耐久レース。昨年優勝を争ったトヨタだが、今季は優勝争いに絡むことができないままレースを終えた。


●カメラマンがいないピット前
 6月11日の予選3回目の時のこと。18号車ポルシェ919ハイブリッドのポールポジション獲得が決まった後、サルト・サーキットのメディアセンターに戻ってきた日本人カメラマンがこんな話をした。

「トヨタのピットの前にいたんだけど、他にカメラマンが全然いないんだよ」

 当然ながら、ヨーロッパのみならず世界中のカメラマンがポルシェのピットに殺到していた状況ではあったが、中嶋一貴のポール獲得に沸いた昨年とはあまりにも雰囲気が違った。レースが始まってからも、立場上どこかのメーカーを贔屓目に見ている訳ではないのだが、「表彰台に日の丸が揚がるかも」という日本人的な期待とともに見ていた昨年とは、レースを見ている緊張感が段違いだった。

 トヨタは昨年、ル・マン24時間制覇に今までにないほど近い場所にいた。レギュレーション変更に合わせて生まれたトヨタTS040ハイブリッドはWEC世界耐久選手権の最速ランナーであり、ル・マンでもポールポジションを獲得。ル・マンでこそレースをリードした7号車がトラブルに見舞われストップし勝利を逃したものの、WECではチャンピオンを獲得。ゼッケン1、2を着けた2台の15年仕様TS040ハイブリッドに、ひさびさの日本車によるル・マンでの勝利を期待したファンも多かっただろう。

●ほとんどミスがなかったレース運びだったが……
 ただ、今季のTS040ハイブリッドは、昨年から進化は果たしたものの、ライバルであるポルシェ、アウディの性能の上げ幅にまったくついていけない状況となっていた。WECの開幕2戦で状況を把握していたチームは、ル・マンでは先述の予選で無闇にタイムを争わず、決勝での逆転を狙いセットアップに終始した。しかし終わってみれば、レースでもドイツの2強による争いについていけず、淡々と7~8番手を争う状況となってしまった。

 2台のレースを振り返ってみると、中嶋一貴が乗り込んだ1号車はアンソニー・デイビッドソンのドライブ中にGTEクラスのマシンと接触。車両の修復のために13分のロスを喫したが、それ以外はほぼノートラブル。2号車に至っては、ほぼトラブルらしいトラブルはない完璧なレースだった。それでも結果的に2号車の順位が6位。トラブルで後退した9号車アウディを超えたのみで、優勝争いには完全に及ばない状況だった。

 レース後、今季から指揮を執った佐藤俊男チーム代表は「我々のTS040ハイブリッドは、今年のル・マンで表彰台を勝ち取るだけの十分な速さを示せませんでした。懸命に、予選でのライバルとのギャップを埋めてきましたが、まだ互角に戦うまでに至らなかったのが残念です」と悔しがった。

●チームの努力に反して薄まる存在感
 マシンの地力のスピードはドイツの2メーカーに及ばないものだったが、一方で今季のトヨタの頑張りは大いに評価できるものだったと言える。6人のドライバーたちは、デイビッドソンのミスを除けば完璧に近い仕事ぶりだった。WECスパで負傷した一貴も、GP2時代のジュール・ビアンキの負傷の治療に当たった医師による治療の甲斐もあり「まったく気になりません」とケガを感じさせない速さをみせた。

 また、チームも素晴らしい仕事ぶりをみせたほか、プロモーション面でも向上が見られた。サーキット内の“ビレッジ”と呼ばれるファンエリアでは、昨年を上回る規模のブースが登場。コース上の看板も地道に増え、応援するチームウェアを身につける現地ファンも少しずつ増えてきた。

 チームホスピタリティも、ドイツ2社、ニッサンに比べればまだ控えめだが、昨年までのテント状のものからきちんと外壁があるものに変わった。また、日本でもファンへの訴求を強めキャラバントラックを全国で走らせたほか、スーパーGTの人気ドライバーである脇阪寿一を現地に派遣し、ル・マンの魅力をネットで発信した。

 ただそうは言っても、スタッフの努力に反して今季のル・マンにおけるトヨタの存在感は2012年の復帰以来最も“希薄”だったと言わざるを得ない。コース上の成績が優勝争いに絡むものではなかった部分もあるが、ニッサン/ニスモが派手なプロモーションを展開(コース上の成績はトヨタに及ぶものではなかったが)し、ポルシェ、アウディも例年以上に力を入れていたからだ。

●見劣りしてしまう設備
 2016年に向けて、トヨタは捲土重来に向けて「この悔しさを2016年のル・マン24時間レース制覇に賭ける原動力にします」とプレスリリースを発行した。来季に向けてエンジンのターボ化等、今からさまざまな噂も聞こえてくる。もちろん、トヨタF1チームやWECでその技術力を示してきたドイツのトヨタ・モータースポーツGmbH、そしてこのプロジェクトに携わる日本人スタッフの技術力をすれば、ふたたびポルシェやアウディに立ち向かえるマシンを作り出してくるのは間違いない。

 しかし繰り返しになるが、WECにおけるトヨタのスタッフの活動は、レースに直接関わる人たちもそうでない人たちも、クルマも設備もプロモーションも少しずつバージョンアップさせながらWEC、そしてル・マンに挑んでいる状況。今やF1チーム並みとも言われる予算を投じるポルシェ、アウディに対して、どうしてもトヨタ陣営は現場では見劣りしてしまう状況なのだ。

 トヨタの設備はいまだにF1時代から流用するものが多く見られる状況だが、ポルシェやアウディ、そしてニッサンはピット裏に巨大な工場のような建物をつくり、そこでトヨタの倍ほどもいるスタッフが3台のマシンを最高の状態で送り出すべく作業していた。

●トヨタがル・マンで勝つために必要なものは
 また、12年の復帰以来問われている部分ではあるが、プロモーションでもトヨタは“4番手”のポジションだ。アウディはすっかりル・マンだけでなく、全世界的なレースでシルバー、レッド、ホワイトのカラーリングと『Audi Sport』のロゴを定着させ、毎年アウディを応援するファンが大挙ル・マンにやってくる。ポルシェも『PORSCHE INTELLIGENT PERFORMANCE』の新カラーをイメージづけた。『NISSAN NISMO』のロゴも、LMP2時代からのプロモーションの成果もあり、ル・マンではかなり定着してきている。

 アウディに関して言えば、ル・マンだけでなく5月のニュルブルクリンク24時間でも同様のカラーリングの新R8 LMSを走らせ、しっかり総合優勝を獲得した。チームスタッフも同じカラーのウェアを纏い、ファンにも「アウディが本気で勝ちにいくチーム」とすぐに印象づけることができた。一方で、同じ『TOYOTA GAZOO Racing』というチーム名で戦ったニュルとル・マンのチームを、同じメーカーの活動と認識できたファンが、ヨーロッパにどれほどいただろうか(ちなみにニュルはレクサス車での参戦だった)。

 2016年に向けてトヨタに求められるものは、『ル・マンに勝つ』、『ル・マンを市販車のスポーツイメージと技術力の訴求の場として活用する』という自動車メーカーとしての断固たる意志、そして今季のようなハイスピードバトルになった場合に求められる『3台目』の存在ではないだろうか。現状、アウディの半分とも言われる活動資金も、少しでも近づける努力が求められる。

 ル・マンで勝つことは『一流の自動車メーカーの証』であると言われている。今年、ル・マン参戦開始から30年を経たトヨタには、ル・マンに日の丸を揚げるだけの技術的なポテンシャルはあると信じている。あとは本気でドイツの両メーカーに立ち向かい、“一流の称号”を得るための覚悟を示すことができるかどうかだろう。

[オートスポーツweb 2015年06月20日]

【関連記事】
ル・マン24時間レビュー:「目標達成」のニッサンに違和感
ポルシェ完勝! 98年以来のル・マン制覇を果たす
ル・マン24時間は26万3500人が来場。昨年超える
トヨタ、ル・マンは「スピード不足」。再出発誓う
ニッサン、GT-R LMニスモの初戦は「目標達成」
最終更新:6月20日(土)22時6分オートスポーツweb

この頃は、BS等で「フォーミュラーE」とかも無料でも放映しているので、モータ―スポーツ番組を、思い出した様に時々視聴しています。
以前1980年代のF1レース全盛期にも、結構視聴していたけど、当時かなり感じていたサーキットのコース更新が、研究や実験目的のレースなら今更ながら最初に必要なのでは?
その頃でさえ自動車自身の性能を十分に発揮できない状態で、只唯、圧倒的物量と資金で何人もの天才レーサーの人命を無駄に消費した熱狂は、人類の交通の未来を示唆しているのでは?
此のままだと自動車レースの存在自体も淘汰されるのでは?!
と、当時と比較して格段に進化したオンボード・カメラの伝える迫力のレース映像からも、素人のネガティブな様々な疑問は尽きませんねぇ(^-^ゞ。
とうとう

メインのデスクトップパソコンにも、ようやくWindows 10の更新入手通知が来て、一安心です。

華3

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

愛車は「頭文字 D(Mazda デミオ)」の「やっとこ」です、徒然なる日常を一言日記風に綴り始めて8年越え、現在は写真日記風備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園までの趣味を叔父さん目線で綴る日々、俳優・山田孝之さんとは別人、お気軽にお寄り下さい。