FC2ブログ

梅雨時の菜園便り。

日記
07 /10 2015

路

B2

花


こんにちは、上の写真からもボンネットに鳥の糞の直撃・・・・それにしても台風が殆ど同時期に日本列島に4個も来るとは・・・・、子供の頃に想像していた未来的な21世紀とは、程遠い現実にクラクラしながらのブログ更新です。

台風


花2

流石にNEWSトピックスのネタ切れか、復興報道もテレビではスポットの特別番組が多くて、本当の市民目線の被災地の状況が判り難い事が多く、報道の公平性を欠いている現状なので、政府広報からも話題を掲載しますね。


東日本大震災後の漁港・漁村の防災・減災対策の取組状況について

水産庁は、東日本大震災を踏まえ、漁港・漁村における防災・減災対策の取組状況に係る主な指標の進捗状況(平成26年度末)を取りまとめました。
1.趣旨

漁村は、元来その立地条件から自然災害に対する脆弱性を有していますが、東日本大震災による大津波の来襲によって、その脆弱性が露呈し想定を上回る未曾有の被害が発生しました。一方で、事前に災害に対する備えと発生直後の迅速な対応により難を逃れることができた事例が報道等により紹介されたこともあり改めて防災・減災対策の重要性が認識されたところです。
こうしたことから、南海トラフ地震等の被害想定に対応した各地の取組や想定地域以外の各地においても、災害に対する備えの再点検が進められているところです。地域の防災に係る計画には、災害対策基本法に基づき市町村が策定する地域防災計画等がありますが、当該計画等に基づいた漁港・漁村の防災・減災対策が未だあまり進んでいないところも見受けられます。
そこで水産庁は、平成24年3月に「災害に強い漁業地域づくりガイドライン」を改定し、漁港及び海岸管理者において引き続き、地域防災計画を策定する市町村と密接な連携の下で、漁港・漁村における防災・減災対策について、その啓発・普及活動を行うとともに、平成25年8月に「平成23年東日本大震災を踏まえた漁港施設の地震・津波対策の基本的な考え方」を示してきたところです。
このたび、漁港・漁村における防災・減災対策の参考となる指標に係る進捗状況の取りまとめを行いました。
2.取りまとめ結果の概要

漁港・漁村における防災・減災対策の参考となる指標に係る進捗状況の取りまとめ結果は以下のとおりでした。引き続き、地方自治体に対して支援・指導をしていきます。

(1) 拠点漁港の耐震・耐津波機能診断着手状況
流通拠点漁港(注1)の耐震・耐津波機能診断は、平成26年度末までに岸壁の55%、防波堤の59%で着手しました。また、防災拠点漁港(注2)の耐震・耐津波機能診断は、平成26年度末までに岸壁の54%、防波堤の51%で着手しました。
(注1)流通拠点漁港:主要な水産物の産地市場を開設している漁港
(注2)防災拠点漁港:地域防災計画等に位置づけられた、災害時に救援活動、物資輸送等の拠点となる漁港
(2) 拠点漁港の防災協定締結状況
平成26年度末時点での流通拠点漁港及び防災拠点漁港に係る防災協定の締結率は、63%でした。また、このうち23%は、漁港に精通した建設業団体等と防災協定を締結していました。
(3) 漁村の地域防災計画見直し状況
平成26年度末時点で東日本大震災を踏まえ、地域防災計画の見直しを行った市町村の割合は47%でした。また、地域防災計画の見直しを行った市町村であって、避難路、避難地が確保されている漁村の人口割合は、39%でした。
<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)
(1)拠点漁港の耐震・耐津波機能診断の実施状況(PDF:139KB)
(2)拠点漁港の防災協定締結状況(PDF:262KB)
(3)漁村の地域防災計画見直し状況(PDF:176KB)
お問い合わせ先

漁港漁場整備部防災漁村課
担当者:石井、佐藤
代表:03-3502-8111(内線6901)
ダイヤルイン:03-3502-5633
FAX:03-3581-0325
Adobe Readerのダウンロードページへ
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

花3

カール叔父さん

そして此処からが、カール叔父さんの家庭菜園便りになります。

菜園2

哀しい事ですが、オクラも花から実に為らない蕾も在ります。

菜園

菜園3

菜園4

此処まで鈴なりのイタリアンレッドですが、実に為るのは中段よりも下に・・・枝の上ではこんな感じです。

菜園4

此方が最大級の11個目のイタリアンレッドです。

収穫

花4

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。