FC2ブログ

想い出。

日記
12 /06 2016
夜道

今日は何の日 12月6日

ラジオアイソトープの日

ラジオアイソトープの製造にも使われるサイクロトロンを開発した仁科芳雄博士の1890年の誕生日。
ラジオアイソトープとは放射性同位元素のことで、医療・農業・工業等幅広い分野で利用されている。

気温

花

こんばんは(・Д・)ノ、先日帰り道に銀行ATMへ寄ったら、引っ越す前の地元の街に記念碑がありそれが気に為って、今週分を写真に撮りましたので小出しにブログへ掲載します。

夜道2

m1

m2

夜道3

花2

今日の気に為る話題は此方です。

被災の大槌交番 移転し復活、開所式
河北新報 12/6(火) 16:18配信

被災の大槌交番 移転し復活、開所式

完成した大槌交番と勤務する警察官たち

 東日本大震災で被災した岩手県大槌町の釜石署大槌交番が新築され、現地で5日、開所式があった。義務教育学校の大槌学園や大槌高に近く、児童生徒の安全を見守る。

 旧交番があった場所から北に約900メートル内陸側に移転した。鉄筋コンクリート2階で延べ床面積約175平方メートル。災害対策として備蓄倉庫や太陽光発電設備を設けた。建築費は約7500万円。被災し、今後再建予定の2駐在所の所員を含め11人が勤務する。

 式で堀誠司県警本部長は「交番は最も住民に身近な警察施設。事件事故の抑止に大きな効果があるはずだ」とあいさつ。吉田明彦交番所長(47)は「大槌の復興を支えるため、所員一同頑張る」と決意を述べた。

 県警が再建を予定する被災施設は19あり、再建は今回で9カ所目となった。

【関連記事】
<写真>勇気の印 津波にのまれた被災パトカー
津波被災の駐在所 移転新築で署員意気込む
津波犠牲の遺族 悲しみ変わらず
アーカイブ大震災 黒い波、町長流される
高台移転 財源不足…跡地利用進まず
最終更新:12/6(火) 16:18河北新報

碑2

かっては遠州地方にも鉄道があったのですね?!その名残の記念碑です。

碑

そして近所の趣のある蔵の記念碑です。

碑3

神社

2

ログ

花3

取り敢えず一日使っての感想、最初の内は、地図がゼンリンの地図っぽくて、やはり従来型のカーナビに近い感じでしたが、見慣れると違和感は減りますね、元々Googleマップからのナビに慣れていると、其処が第一段階ですか?!

1

夕焼け

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

愛車は「頭文字 D(Mazda デミオ)」の「やっとこ」です、徒然なる日常を一言日記風に綴り始めて8年越え、現在は写真日記風備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園までの趣味を叔父さん目線で綴る日々、山田孝之さんとは別人、お気軽にお寄り下さい。