FC2ブログ

2016年Xmas。

日記
12 /25 2016
1

今日は何の日 12月25日

クリスマス

イエス・キリストの降誕を記念する日。
イエスがこの日に生まれたという確証はなく、各宗派がそれぞれに日付を定めてイエスの生誕を祝っていたが、4世紀前半、教皇ユリウス1世が「イエスの生誕の日は12月25日」と定めた。冬至の時期であるこの日前後には異教の祭が重なっており、キリスト教側が布教拡大を狙ってこの日をイエス生誕の日としたものと見られている。
日本では1874年に最初のクリスマスパーティーが開かれ、現在では宗教を越えた年末の国民行事となっている。

4


2

こんばんは(=゚ω゚)ノ、もはや完全な国民的行事に為った「Xmas」ですが、どの商業施設も|д゚)チラッ殺人的に混雑するのが「玉に瑕」ですね?!

3

5

花2

今日の気に為る話題は此方です。

「汐凪...やっと会えたね」 大震災で不明女児の遺骨...父の元へ
福島民友新聞 12/25(日) 10:56配信

 大熊町のがれきから9日に遺骨が見つかり、DNA型鑑定の結果、東日本大震災の津波で行方不明となっていた同町の木村紀夫さん(51)の次女汐凪(ゆうな)さん=当時(7)=と判明した。大熊町は東京電力福島第1原発が立地し、今も全域が避難区域。避難先の長野県白馬村から捜索に通い続ける木村さんは「娘からクリスマスプレゼントを受け取った気がする」と話した。

 木村さんによると、首と顎部分とみられる遺骨を、自宅近くのがれきから作業員が発見した。鑑定で汐凪さんのものだと分かり、22日に本県警から連絡を受けた。

 汐凪さんが2011(平成23)年3月11日の震災当日に履いていた靴も、12年6月に付近で見つかっている。「『ここにいるよ』とずっと手を振っていたのだろうと思うと、申し訳ない気持ちになる」と木村さん。

福島民友新聞
【関連記事】
「汐凪...やっと会えたね」 大震災で不明女児の遺骨...父の元へ
「将来は福島県で農業を」 熊本地震で被災の白井さんが決意
会津若松に英語が学べる「下宿」 女性専用、17年春開設へ
学法石川・エース遠藤日向、インフルで出場断念 全国高校駅伝
59歳万引女、逃げようとコンビニ店長殴る 事後強盗容疑で逮捕
最終更新:12/25(日) 14:43福島民友新聞

高橋宏一郎 | 2016/12/25 13:54
共同通信科学部長・原子力報道室長

オーサー報告

木村汐凪さんの遺骨が見つかった大熊町の沿岸部は東京電力福島第1原発から南に約3キロ。東日本大震災の津波に襲われましたが、原発事故の避難が優先され、警察や自衛隊の救助捜索活動は全くなされませんでした。汐凪さんの祖父は1カ月半後、田んぼで野ざらしのまま見つかりました。母は40キロ南の海上で発見。汐凪さんだけが見つからず、父紀夫さんが避難先の長野県白馬村から通って捜していました。

当初は孤独な捜索でした。2013年、うわさを聞いた南相馬市の不明者自主捜索グループ福興浜団が手伝うようになりました。大熊町にはがれきの山がいくつも手付かずで残っていて、浜団のリーダー上野敬幸さんは「国の責任で、きちんと掘り返して分別すれば遺体が見つかる」と方々に訴えました。今年11月になって中間貯蔵施設建設に向けた環境省発注の分別作業がようやく始まり、その中で骨が見つかったのです。もっと早く見つけられたはずでした。

9

10

花

サンタ

サンタコスのカーネルサンダースを横目に、イオン広場ではイベント・リハーサルの段階で物凄い混雑でした、そして、歳末のくじ引きでは物凄い行列の前で引きつった笑い顔が印象的な誘導員の店員さん、2016年今年の師走の顔に見えました。

告知

歳末

告知2

告知3

8

7

Xmas

6

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

愛車は「頭文字 D(Mazda デミオ)」の「やっとこ」です、徒然なる日常を一言日記風に綴り始めて8年越え、現在は写真日記風備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園までの趣味を叔父さん目線で綴る日々、俳優・山田孝之さんとは別人、お気軽にお寄り下さい。