FC2ブログ

「The climax.:いよいよ佳境に。」

スポーツ&イベント
11 /02 2019

花

気温

今日は何の日 11月2日

死者の日(万霊節)(11月2日 記念日)

キリスト教で、この世を去ったすべての信徒を記念する日。
英語表記は「All Souls' Day」。
「諸聖人の日(万聖節)」(11月1日)の翌日。
「諸魂日」ともいう。
かつてカトリックでは、人間が死んだ後で、罪の清めが必要な霊魂は煉獄での清めを受けないと天国にいけないが、生きている人間の祈りとミサによってこの清めの期間が短くなるという考え方があった。
死者の日はこのような発想にもとづいて、煉獄の死者のために祈る日という性格があった。



看板

( ノ゚Д゚)おはようございます、昨日は日中は夏日で、朝晩は冷え、とても気温差がとても激しい、季節の移り変わり時期でしたね。
長いようであっという間の「ラグビー・ワールドカップ」も、田村選手の母校での、在校女子学生によるとても「羨ましい」告白イベントと共に、いよいよ佳境に、今晩6時から「横浜スタジアム」の決勝戦がとても楽しみです。

【ラグビーW杯】上皇夫妻が3位決定戦をご観戦 会場ビジョンで観客どよめき、手を振り笑顔で対応

ヘンリー王子、緊急来日応援 熱心なラグビーファンで知られる

店

標識

1102

m1

m2

GS

花2



今日の気に為る話題は此方です。

ニュージーランドがウェールズに大勝 4大会ぶりの3位で幕
11/1(金) 19:48配信スポーツ報知

ニュージーランドがウェールズに大勝 4大会ぶりの3位で幕

後半2分、ニュージーランドのライアン・クロティがトライを決める
後半2分、ニュージーランドのライアン・クロティがトライを決める(カメラ・石田 順平)
ラグビーW杯 ▽3位決定戦 ニュージーランド40ー17ウェールズ(1日・東京スタジアム)

 世界ランク3位のニュージーランド(NZ)が同4位のウェールズを下し、2003年以来、4大会ぶりの3位で今大会を終えた。

 準決勝でファイナルへの切符を絶たれた同士がうっぷんを晴らすようにグラウンドを駆け回った。
先制したのはNZ。
前半5分、敵10メートル付近の密集からFWでつなぎ、最後はプロップのムーディーが約25メートルを走りきり、右中間にトライを挙げた。
同13分には敵陣22メートル上の密集からSHスミスがサイドを突き、交差するように走り込み、パスを受けたFBバレットが抜け出し、中央に飛び込んだ。

 いきなり14点差をつけられたウェールズもすぐさま反撃に出た。
前半19分、敵陣深くからBK陣が大きく展開。飛ばしパスを受けたFBエーモスがカットインで相手守備網を突破し、左中間にトライを決めた。
同27分には中央右のPGをSOパッチェルが入れて14―10と4点差まで詰めた。

 NZも再び攻勢をかける。
前半33分、FW陣が細かいパス交換で前進すると、SOの位置に入ったウィングのスミスが鋭くカットイン。
スピードに乗り、4人を抜いて中央右になだれ込んだ。


前半終了を告げるホーンが響いた直後、敵陣22メートルでSHスミスのロングパスを受けたスミスが2人を振り切り、右隅に飛び込み連続トライ。
直後のコンバージョンキックも決まり、前半は計4本のトライを挙げたNZが28―10でリードした。

 ラグビー王国は手を緩めない。
後半2分、スピードに乗ったBK攻撃から最後は中に切れ込んだセンターのクロティがゴール左にトライを決めた。

 ウェールズも黙ってない。
今大会トライ記録の暫定トップ、ウィングのアダムズが後半19分に通算7本目となるトライを挙げた。

 NZも最後に再び仕掛ける。
後半36分にSOモウンガが左隅に飛び込み、チーム6本目のリードを挙げた。
※数値は速報値



看板2

気温2

店2


芭蕉俳句: 掬ぶより早歯にひびく泉かな (むすぶより はやはにひびく いずみかな)

時代背景&解説: 貞亨年間(41歳~44歳)頃までの作。
『奥の細道』の途次、那須湯本での句とする説があるが確定しない。
 なお、この時期の制作年次不明のものとして、10句がある。
澄んだ清流の水で、手に汲んで飲もうとするが、口に入れる前に早くも歯に冷たさが沁みるような気分になる。


店

工場

m3

m4

GS2

花3

店3





にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。