FC2ブログ

「I can sort it out.:整理整頓。」

自動車定期点検
12 /03 2019
イオン3

花

気温

今日は何の日 12月3日

個人タクシーの日(12月3日 記念日)
1959年(昭和34年)のこの日、初めて個人タクシーの営業許可が下りた。
タクシー不足と神風タクシー(無謀な運転を行うタクシーのこと)の解消のため、東京都で40~50歳の3年間無事故無違反の優良運転手173人に個人タクシーの免許が許可された。
2009年(平成21年)に50周年となることから、これを記念して一般社団法人・全国個人タクシー協会が記念日を制定。
安全確実な輸送手段としての個人タクシーをPRする日。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。
個人タクシーは「乗って安心」と評判が高く、事故率も低い安全で確実な輸送手段として定着している。

IMG_4098.jpg

( ノ゚Д゚)おはようございます、残念ながら「ジュビロ磐田」は健闘空しくJ2降格になってしまいましたね。
是非とも奮起一転、来年のJ1復帰をお待ちしています。
さて私事ですがいよいよ今週末、「静岡マツダ和田店」へ持ち込み「自家用車DJデミオ」の2回目の車検になります。
結局、現状決まっているのは、メンテ・デ・パックの継続とATFオイルの交換ぐらいです。
一回点検してもらって、多くの交換部品等が無ければ、順次改善したいと思います。

IMG_4093_2019120210332585f.jpg

1203

m1

m2

GS2

花2

車検

今日の気に為る話題は此方です。

車検や点検費・自動車税・ガソリン代、自家用車所有者が一番大きな負担だと思うのは?(2019年公開版)
不破雷蔵 | 「グラフ化してみる」「さぐる」ジャーナブロガー 検証・解説者12/2(月) 9:04
車検2
↑ 自家用車所有者にとって車検代は大きな痛手に違いない。

自動車は便利な道具ではあるが、維持にはさまざまな費用が必要。
自家用車所有者はどのような経費を一番負担だと思っているのだろうか。
ソニー損害保険が2019年11月に発表した、カーライフの実態に関する定点観測的調査(※)の2019年分における調査結果から確認する。

自家用車を所有して定期的に利用運転をするのには、多様な費用が必要になる。
ガソリン代はもちろん、駐車場代、修理代やメンテナンス代。
そして保険料や自動車税などの税金に、さらには車検代。

そこで自家用車を所有する調査対象母集団に、どのような経費が負担に感じるかを尋ねたところ、もっとも重い負担を覚えたと回答したのは「車検・点検費」だった。
68.8%の人が負担だと答えている。

1
       ↑ 車の諸経費で負担に感じるもの(複数回答)

トップの「車検・点検費」は燃料代や駐車場代、修理代などと異なり、毎月一定額の出費が求められるものではない。
しかし多くは2年毎に、10万円前後の費用が一度に必要となるため、重い負担がかかるとの認識が強い。
賃貸住宅における更新料と同じようなものと考えれば、自動車を保有していない人にも理解はできるだろう。

続く「自動車税」は環境絡みで税制が頻繁に変わり、大体は負担が大きくなるのに連れて、負担を感じる人も多くなったのだろう。第3位の「ガソリン代・燃料代」は、運転のスタイルにもよるが、定期的、例えば月一単位で財布の中身を減らしていくもの。
場合によっては週単位で給油が必要な人もいるだろう。
負担を感じるのも当然の話。

「自動車保険料」は51.2%。
自家用車保有者の2人に1人以上が負担だと感じていることになる。
「駐車場代」は2割強と少なめだが、これは地域によって大きな違いがあるため。
後述するが、「駐車場代」は駐車場代の高い都心部のみに限定すれば、もう少し高い値を示す。

ここ数年の変化を見るとイレギュラーはあるものの、「車検・点検費」は高い値で安定、「自動車税」「駐車場代」が漸増、「自動車保険料」がほぼ横ばい、「修理代」は法則性は無し、そして「ガソリン代・燃料代」が2016年を底としておおよそ増加を示している。
これは昨今に至るまでの原油価格の上昇に伴い、ガソリン価格が引き上げられているのが原因と考えられる。
もっとも2019年ではガソリン代がある程度落ち着いたためか前年比でマイナスの動きを見せており、要はガソリン代の動向に連動する形と見た方が道理は通る。

「ガソリン代・燃料代」は年々心理的・実額的な負担増となっており、2014年では「車検・点検費」すら抜いてトップの負担項目だった。
それが2015年からは値が大きく減り、今では第3位の位置にある。

2
        ↑ 車の諸経費で「車検・点検費」「ガソリン代・燃料費」を負担に感じる割合(複数回答より抜粋)

いかにガソリン代が自家用車の所有者の心境に大きく作用するかが理解できよう。

他方、自家用車の利用コストの観点では、居住地域によって違いが生じるとの意見も強い。
今回調査分では回答者の居住地域、具体的には都市部(市・区における人口ランキングの上位都市(1~8位)である、北海道札幌市・東京都23区・神奈川県横浜市・愛知県名古屋市・京都府京都市・大阪府大阪市・兵庫県神戸市・福岡県福岡市を「都市部」とし、それ以外を「地方」と定義)と地方に区分した上で集計した値も収録されている。

3
         ↑ 車の諸経費で負担に感じるもの(複数回答、回答者居住地域別)(2019年)

都市部ではトップが「自動車税」、そして「車検・点検費」「ガソリン代・燃料代」「自動車保険料」と続く。
地方ではトップが「車検・点検費」となり、「自動車税」「ガソリン代・燃料代」「自動車保険料」となる。「駐車場代」の回答値が都市部では地方の2倍以上に達しており、都市部での駐車場の確保が困難、コスト的に割高であることが改めて確認できる。

とはいえ、都市部に住む人の「駐車場代」の負担度合いは、地方に住む人のと比較しても「修理代」と順位が入れ替わる程度。
「ガソリン代・燃料代」など上位陣には及ばない、相対的に見れば大きな問題ではないと考えられているのもまた事実ではある。

■関連記事:

レギュラーガソリン価格と灯油価格をグラフ化してみる(最新)
ガソリンスタンド数や急速充電スタンドの推移をさぐる(2019年公開版)
※カーライフの実態に関する定点観測的調査

今調査の直近分は2019年10月16日から17日にかけて自家用車を所有し月1回以上運転する18~59歳の男女を対象に、携帯電話を用いたインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1000件。男女比、18~19歳・20代・30代・40代・50代の年齢階層別構成比は均等割り当て。
調査機関はネットエイジア。過去の調査もほぼ同じ条件で実施されている。

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。
(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。
(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。
(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロで無いプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。
(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。
また「~」を「-」と表現する場合があります。
(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。
(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。
(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。


不破雷蔵
「グラフ化してみる」「さぐる」ジャーナブロガー 検証・解説者
ニュースサイト「ガベージニュース」管理人。
経済・社会情勢分野を中心に、官公庁発表情報をはじめ多彩な情報を多視点から俯瞰、グラフ化、さらには複数要件を組み合わせ・照らし合わせ、社会の鼓動を聴ける解説を行っています。
過去の経歴を元に、軍事や歴史、携帯電話を中心としたデジタル系にも領域を広げることもあります。

一応、車検が近いので取り上げて見ました。
こうして見ると、自動車やガソリンは税金の塊ですネェ。

IMG_4103.jpg

イオン

芭蕉俳句: 蓮の香を目にかよはすや面の鼻  (はすのかを めにかよわすや めんのはな)

時代背景&解説: 元禄7年夏。
能役者本間主馬の屋敷を訪問したときの句。
この折の句としては、「ひらひらと挙ぐる扇や雲の峰」と「稲妻や顔のところが薄の穂」がある。
 能の面の鼻には穴があいていて、能役者は演技中下の方は鼻の穴から見るという。
文字通り目から鼻に通じているのである。


イオン2

m3

m4

GS2

花

雪道トラブルバナー



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。