FC2ブログ

「Think globally,act locally.: 郷に入れば郷に従え。」

SFとは?!
12 /14 2019
イオン

花

気温

今日は何の日 12月14日

四十七士討ち入りの日(忠臣蔵の日)(12月14日 記念日)

1702年(元禄15年)のこの日、赤穂浪士47人が江戸・本所松坂町の吉良邸に討ち入りし、主君の仇討ちを成し遂げた。
この日を偲んで東京都港区高輪の泉岳寺や兵庫県明石市の大石神社・花岳寺などで義士供養の「義士祭」が行われる。
義士祭の日付は12月14日前後に行われることが多い。
また、吉良邸の一部は現在、本所松坂町公園となっており、毎年「元禄市」でにぎわう。
元禄市の日付は12月第2週の土日の二日間となっている。

店

( ノ゚Д゚)おはようございます、Amazonでレンタルした「ワイルドスピード スーパーコンボ」は、2時間以上の作品ながら最後までスピード感を失わず楽しめました。
ネタバレ感想になるので、余り細かい事は書けませんが、今回の作品は期せずして、かなりSF色強い作品になっております。


店2

1214

M1

M2

GS

花2


今日の気に為る話題は此方です。


岡田斗司夫の毎日メルマガ「2010年に富野監督が語った、日本のアニメーションがどんどんダメになったワケ」

岡田斗司夫 mag2 0001148694
12月10日(火) 7:01 (3 日前) To 自分

岡田斗司夫の毎日メルマガ 2019/12/10

 今日は、2019/11/24配信の岡田斗司夫ゼミ「富野由悠季を語る ~2010年11月講演感想戦」からハイライトをお届けします。
----
 あと、面白かったのが「サブカルチャーのバブル」という言葉を富野さんが使ったんです。
これも面白かった。
 そんなふうにおっしゃっていないんですけど、たぶん、これが富野さんのオタクの定義なんです。
 オタクというのは何かって言うと。
「日本にはバブルが2つあった」と。
1980代と90年代ですね。
 1つ目は「経済のバブル」。
それは僕たちの社会にいまだに尾を引いて被害を起こしている。
まあ、被害と言ったら悪いことだけに聞こえるかもわかんないけど。
 僕たちは豊かさを経験することによって色んなものが見えるようになったんだけど、やっぱりそこで「儲けなければいけないような気がする」とか「お金がなければ幸せになれない気がする」とか、あとは農業から急激に人が引いてるとか、色んな被害を受けたはず。
それがバブル経済の被害です。
 同じように「「サブ・カルチャーのバブル」もあったのではないか?
それがオタクなのではないのか?」ていうふうに、おそらく富野さんは考えています。
・・・
 でも、それについて僕は、楽屋では聞けなかったんですね。
 聞けないのには理由があって。
あの、富野さんの講演を聞きたかったのは純粋に「聞きたかった」だけであって、終わった後で楽屋に入れたのはほんとに偶然だったんですね。
 富野さんの知り合いにたまたま会って、で「中に入りますか?」って言われて、ご挨拶して、ってことだったので。
 僕はあんまりそこで答え合わせをしたくなかったんですね。
 っていうのも、昔、僕が富野由悠季さんに初めて会った時に「僕、ガンダムが大好きです!」って言ったら、富野さんは間髪入れず「あなたはガンダムなんかが大好きなの? 僕はガンダムなんか大キライ!」ていうふうに……まあ、あの、今も時々出てくるオネエ喋りです(笑) 。
それでビシっと返されて。
 で、その時に「この人なんなんだろう?」って思った疑問がいまだに僕の中でずっと続いている。
これが「富野由悠季をわかりたい」っていう原動力なんです。
 その時から僕は勝手に「俺は富野由悠季の弟子だ!」っていうふうに自分自身に言ってるんですけど。
今日も、まあ、本人の前で「いや僕はあなたの弟子ですから!」って言ってきたんですけど。
 僕は昔、富野さんにそういうふうに言われて「この人なんでこんなこと言うんだろう?」って。
「もし強がっているんだとしたら、なんで僕みたいな若造の前で強がらなきゃいけないんだろう?
なんでこの人はこんなにねじれちゃってるんだろう?」っていうのが謎で。
 その謎っていうのを解き明かすではなく、本人から教えてもらうのではなく、僕は勝手に解釈して。
「あ、富野さんてこういう人なんだ!」イコール「人間てこうなんだ!」イコール「ガンダムってこうやって作られているんだ!」イコール「人間にとって物語とは何なんだ!」……っていうふうに、富野さんを起点に色んなものが解きほぐれていく。
 これが、師匠と弟子の関係だと思ってるんですね。
・・・
 なので、あんまり答え合わせみたいなことはしたくなかったんですけども。
 富野さんが一生懸命話してた「中国が今すごいんだ!
そして、そのすごいっていうのは何かとんでもないことで、僕たちにとっては怖いことなんだ!」
っていうのを聞いて
「富野さん、それはかつての日本のトリニトロンテレビがアメリカに与えた衝撃みたいな話ですか?」
て言ったら、
「そう! それそれ!」って楽屋で言われたんですよね。
 だから、「俺は答え合わせができたし、富野さんは今後、講演する時にこの言葉を使ったらラクになるだろうなあ」っていう。
お互いにいい取引だったんですけど(笑)。
 そういうことがあるんで、あんまり答え合わせしたくないんです。
話はズレますけど。
 だから、講演とかで、よく質疑応答をするんですけど……後で質疑応答大会やるから、こんな話をしたらやりにくくなるかもわかんないんですけども。
質問っていうのは「自分に対する質問だ」と思った方がいいですね。
 「これを聞きたいんですけど」と聞く時は「前に立っている人が答えてくれる」のではなくて。
「前に立っている人がヒントみたいなものをくれるから、それを元にして、5年がかりか10年がかりで自分で答えを見つければいい」っていうぐらいの考え方が一番楽しいと思います。
 ごんめんなさい、ちょっと話が横に流れました。

冨野とは?!
【画像】ゼミ会場から
https://epbot.site/img/semi/nico_191124_03013.jpg


 で、なんかね、「ちょっと怖いなあ」と思った話。
(ホワイトボードに図説しながら)
 かつての米国と日本の関係を考えると、アメリカは先端技術で家電製品を作ったわけです。
ゼネラル・エレクトロニックの冷蔵庫とか、そういうのは日本人の憧れだったわけですね。
 それを日本人が作るようになった。
そしたらアメリカ人は、もう生産する手段を失ってしまった。
で、どうなったかっていうと、「じゃあ、企業の買収だけしてればいいや!」ってことでここでマネーゲームに行った。
 じゃあ、「日本が生産を独占していて、アメリカは金融経済だけ発達していたのか?」っていうと、そういうわけでもなくて。
徐々に徐々に形が変わり続けていく。
やっぱり、マネーゲームだけでは国というのが成立しないので、こっからアメリカは徐々にIT化の方に動きました。
 で、日本も同じくIT化のほうに動いたはずだったんですね。
まあ、日本の場合はマルチメディア化っていうのが80年代ぐらいに言われていました。
 では、このマルチメディア化をやった結果、今、どうなっているのかと言うと。
 日本ではソニーなり富士通なりが、パソコン作ったり、スパコン作ったり、あとゲーム機作ったり、携帯電話を作ってたはずなのが、これがいつの間にかガラパゴス化っていうふうになってきた。
ガラパゴス……カッコイイですね。宇宙怪獣ガラパゴスみたいで(笑)。
 で、その間、アメリカがどうなったのかと言うと、プラットホーム化するようになってきた。
プラットホームっていうのは何かっていうと、ネットとかのインフラを作る、もしくはそのインフラの中の仕掛けそのものを考えることですね。
 だから、今、アメリカは、この「マネーゲーム → IT産業 → プラットホーム化」という形で産業形態を変えている。
ネット上の仕掛けや仕組みというもの、もしくは、そこで行われる「どのようにして情報を交換するのか」っていう情報交換のルールを決めることによって、ネット上における事実上の法体系を決めてしまったわけです。
 これは、ネットがアメリカ人の大好きな法社会になったということです。
 ところが日本はその中でガラパゴス化しちゃったから、こっからもう一回、産業界のネットワークに入ろうとしたら、どうしてもアメリカのプラットホームに乗らざるを得ない。
 なので、日本のコンテンツ産業は作っても作っても作っても作っても、アメリカのプラットホームにお金を与えるだけになってしまった。
 では、家電はどうなったのかっていうと、今や中国や韓国が作るようになってしまった。
かつてのアメリカを日本が追い落とした時とまた同じ構図ですよね。
 そうなると、日本というのは、真ん中で抜かれちゃっている状態なんですね。
かつてお金を稼いでくれた家電は中国や韓国のほうに奪われて、そしてマルチメディアとかで情報立国になるはずだったのが、それはプラットホームという形でアメリカに抜かれて、真ん中で何もない状態になっている。
 「でも、その中でもまだコンテンツビジネスだけはあるよ!」って。
つまり、「ソフトだけはあるよ!」「マンガとアニメはあるよ!」って言ってるんですけど。
 だけど、ピクサーぐらいの規模でアニメ作品を作られたら、CGアニメのほうはアメリカに抜かれるし。
そうじゃないような、日本人がやっている手作業のアニメっていうのでも、中国が本格的にやりだしたら、北京大学のアニメーション好きの学生が研究とかやり出したら、「これ、10年先はどうなるかわかんないぞ」っていう話なんですね。
 「本当に僕らは何にも無くなっちゃうんじゃないのかな……?」っていうのが、おそらく富野さんが感じていた恐怖だと思います。
・・・
 で、まあ、ここらへんでですね富野さんの、ちょっと良い発言が出てきて。
 「アニメーションっていうのはね、色んなものを持ち込まなきゃダメなんだ!」と。
で、なんで日本のアニメーションがどんどんダメになったかっていうと「アニメを見ているようなやつがアニメ界に入ってきたからだっ!!」っていう、富野さんが昔から言っている、僕や庵野君に対する悪口がまた始まるわけですよ(笑)。
 「お前らみたいにアニメだとか特撮とかを見て、それをもう一回アニメ界でやりたいとか言うやつらが入ってくるからダメになるんだっ!!」っていう。
まあ、おっしゃる通りなんですけど。
 別にアニメに限らず、あらゆるメディアとかエンターテイメントというのは総合的な芸術であるから。
他の色んなもののファンが集まって……プロレスファンから、釣りファンから、F1レースのファンから、スポーツファンから、山登りが好きなやつから、色んなヤツが集まって、自分が知っている面白いことっていうのをちょっとずつ乗っけて総合的に作らないと、みんながビックリして感動するようなものが作れるはずがない。
 「なのに、アニメーションを見て、好きで、それをアニメでやりたいっていう縮小再生産では、成立するはずがない!」と。
そういうふうに富野さんは考えてたんですよ。
 そこで富野さんが言っていたのは「だから! 色んな人材が入らなければダメなんですよ! 例えば自衛隊の人が入ってきたり……自衛隊って言ったら危険かな? じゃあ、例えばゲイバーの人が入ってきたり~」って(笑)。
 そういう時の例えとして、急に自衛隊とゲイバーを出したりするから、俺みたいな人間にツッコまれるわけですよ。
 富野さんにとって「多様な人間が必要だ!」ってなると、いきなり自衛隊とゲイバーなんですよね。
つまり、富野さんの中では色んな人間、今のアニメ界にいない必要な人材というのは、マッチョかオカマかのどっちかなんですよ(笑)。
 「面白れえなあ、このおじさん」って。
本人も流石に「自衛隊とゲイバー」って言いだした辺りで、慌てて色んなことを言い出したけど。
「例えば主婦とか!」って、なんか言い訳みたいに言うとこもかわいかったです。
----
 記事全文は、noteもしくはKindleストアから購入いただけます。

・富野由悠季を語る ~2010年11月講演感想戦
https://note.com/otaking/n/nbb6fa7c27b6d

・岡田斗司夫ゼミ#309:富野由悠季を語る ~2010年11月講演感想戦
https://www.amazon.co.jp/dp/B0827XWC73

 なお、「岡田斗司夫ゼミ・プレミアム」にご入会いただければ、過去動画・テキストなどのコンテンツを見放題でお楽しみいただけます。

・岡田斗司夫ゼミ・プレミアム
https://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive


## ゼミ、マンガ・アニメ夜話 電子書籍販売中!

AmazonのKindleストアで、岡田斗司夫ゼミ、岡田斗司夫マンガ・アニメ夜話の電子書籍を販売中です(「岡田斗司夫アーカイブ」でもご覧いただけます)。

### ジブリ特集

### 月着陸50周年特集
・岡田斗司夫ゼミ#269:恐怖と贖罪のホラー映画『ファースト・マン』完全解説
https://www.amazon.co.jp/dp/B07VPW46ZB
・岡田斗司夫ゼミ#258:アポロ計画と4人の大統領
https://www.amazon.co.jp/dp/B07VS3K6SW
・岡田斗司夫ゼミ#250:白い悪魔“フォン・ブラウン” 対 赤い彗星“コロリョフ” 未来をかけた宇宙開発戦争の裏側
https://www.amazon.co.jp/dp/B07VMS997D
・岡田斗司夫ゼミ#291:アポロ宇宙船(前編)~地球が静止した1969年7月21日とアポロ11号の打ち上げ
https://www.amazon.co.jp/dp/B07VX6D6VH
・岡田斗司夫ゼミ#292:アポロ宇宙船(後編)~月着陸と月面歩行
https://www.amazon.co.jp/dp/B07W59YB8L

### 岡田斗司夫ゼミ

### マンガ・アニメ夜話

## 岡田斗司夫 のLINE@ 、はじめました!

岡田斗司夫 のLINE@ 、はじめました!

・登録用QRコード
https://line.me/R/ti/p/%40otaking

YouTube動画の無料公開開始のお知らせなど、最新情報をお届けしています。
岡田斗司夫が好きなキーワードを入力すると、楽しいお返事が来ることもあります。
皆様、ぜひ、ご登録お願いします!

### メルマガへのご感想

 このメールは転載歓迎です。ただし、下記のメールマガジンが出所である旨、必ず、URLを明記してください。
http://www.mag2.com/m/0001148694.html

 よかったら、感想をTwitterで @toshiookadaまで教えてください。
https://twitter.com/ToshioOkada

### 岡田斗司夫アーカイブのご紹介

 岡田斗司夫の動画やテキストなどのコンテンツは、「岡田斗司夫アーカイブ」から見放題、読み放題でお楽しみいただけます。「岡田斗司夫アーカイブ」は、以下のいずれかにご入会いただければ、利用可能です。

・(株)ドワンゴ運営の「岡田斗司夫ゼミ プレミアム」月額2,200円(税込)
https://ch.nicovideo.jp/okadatoshio-archive
会員特典として、岡田斗司夫ゼミ放送終了後の「放課後雑談」生放送が視聴できます。

・(株)オタキング運営の「岡田斗司夫アーカイブ」月額2,160円(税込)
http://blog.livedoor.jp/okada_toshio/archives/51552665.html
ニコ生配信は「生」で視聴できませんが、アーカイブで「放課後雑談」まですべてご覧になれます。

岡田斗司夫
and
Special Thanks To 読者のあなた


昨日の「クリスマスケーキ」の話じゃないけど、歴史は繰り返す、でしょうか?!



と、此方はメルマガ使用のお礼に添付します(注意:Youtubeレンタル、出来るみたいですね、Amazon primeには無かったので、知りませんでした)。
エヴァ2

もはやサーガ―を越えて・・・・・、終わる、終わる、と云いながらも「ネバーエンディングストーリー」の領域に・・・・。
流石「岡田斗司夫先生」、何だかんだ言いながら、「御商売」気抜きなら天才的ですね?!

エヴァ4

道

気温2

道2

芭蕉俳句: 雪間より薄紫の芽独活哉 (ゆきまより うすむらさきの めうどかな)

時代背景&解説:貞亨元年(41歳頃)頃から死の元禄7年(51歳)までの間。
『翁草』に初出。
 なお、この時期の制作年次不明のものとして、58句がある。
 独活<うど>は、ウコギ科の多年草。
山野に自生するが栽培もされている。
その独活が雪の間から早くも芽を出している。
春を見つけた素直な嘱目の吟詠句。


イオン2

M3

M4

GS2

FINE!保育士

花3

道3



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。