FC2ブログ

「Shameless .:恥知らず。」

ローカル記事
09 /18 2020
駅前

気温

華

今日は何の日  9月18日

シュライヒフィギュアの日(9月18日 記念日)

動物フィギュアのメーカーであるドイツのシュライヒ社(Schleich)。
その日本法人であるシュライヒジャパン株式会社が制定。

日付はシュライヒ社が設立された1935年(昭和10年)9月18日から。

1

シュライヒ社は、本物そっくりの動物フィギュアを作るメーカーとして世界的にその名を知られている。
リアルで高品質な動物フィギュアは、子ども達には想像力を育む玩具として、大人にはコレクションしたり飾ったり写真に収めたりと、様々なシーンで楽しむことができる。

そんな同社の動物フィギュアをより多くの人に知ってもらうことが目的。
記念日は2020年(令和2年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

2

今日でもフィギュアやプレイワールドのデザイン、制作ツールの製造、品質・安全性テストの全てはドイツ国内で行われる。
そして、制作はドイツ本社およびその他の国の製造施設で行われ、アメリカやカナダ、イギリス、フランス、イタリア、ブラジル、シンガポール、日本など50ヵ国以上で販売されている。

3

同社の使命は動物やその生息環境への理解を促すことである。
細部まで本物に近づけることにこだわり、手作業で色づけしたフィギュアを通じて価値ある遊びを体験し、自然について楽しく学ぶことができる。

子どもの成長と想像力を長く育てていくため、シュライヒ社では6つの世界と600以上のフィギュアを展開している。
自由に遊べるフィギュアと想像力をかきたてる世界は、年齢に関係なく楽しむことができる。

駅前2

( ノ゚Д゚)おはようございます、「今日は何の日」の「シュライヒ・フィギュア」は、自分も子供の頃の思い出の玩具で、とても懐かしかったです。
遊び少し涼しくなって季節の変わり目を感じたのは昨日までか?!
今日からまた「夏の暑さ」が、ぶり返すみたいで・・・・・。

風鈴

0918

m1

m2

GS2

華2

今日の気になる話題は此方です。

浜松の方広寺に「菅総理に似ている」羅漢像 羅漢のように民衆の立場に立った政治望む声も
見る・遊ぶ2020.09.16  菅総理大臣 浜松経済新聞

羅漢
菅総理大臣に似ていると話題の羅漢像

 総理大臣に就任した菅義偉(よしひで)衆議院議員に似ている石像が、浜松市・引佐町奥山の「方広寺」(北区引佐町奥山)にあると話題になっている。

羅漢像前に「出世羅漢」と書かれた張り紙が張られている

 禅宗の中野臨済宗方広寺派を構成し、その大本山である同寺。
五百羅漢と呼ばれている通り、江戸時代の頃から約500体の羅漢があったが、近年になって500体ほどが集まり、現在1000体以上の羅漢像が置かれている。

 昨年、令和の元号を発表したことから「令和おじさん」と呼ばれることもあった菅総理。
庶務部長の松尾正澄(しょうちょう)さんによると、その頃、同寺の五百羅漢像を見た拝観者から「令和おじさんになんとなく似ている」と言われたこともあったという。
今回、安倍前首相の辞任で菅議員が自民党総裁選に立候補したこともあり、安倍前首相に似ていると話題になっていた「舘山寺」(西区舘山寺町)の石像と併せて、方広寺の「菅総理に似ている羅漢像」も注目を集めた。

 それぞれ顔が違っていて誰かしら似ている人がいるといわれている五百羅漢。
「この羅漢像はおでこから眉、目の辺りにかけて菅総理に似ているのでは」と松尾さん。
現在この像の前に「出世羅漢」とプリントした張り紙を張り出している。

 新型コロナウイルスの影響を受けてこのところ参拝者が減っていたが、この羅漢を見に来る参拝者もいるという。
「羅漢とはもともと修行者のことで、その人たちを石に刻んだもの。
つまり、われわれと同じく一般人であり、苦悩に満ちあふれ、喜怒哀楽もある」と松尾さん。
「菅総理はその羅漢に似ているわけなので、総理として高いところからではなく、民衆の立場に立って政治を執行してもらえれば」と今後へ期待を寄せた。

 参拝時間は9時~16時。
拝観料は大人=500円、中学生以下=200円、未就学児無料。

方広寺

私が見た感じだと、「他人の空似」レベルだと・・・・、此れなら他の羅漢像の方が・・・・千体近い羅漢像があるのなら、もう少し心を込めて探したら良かったのに、もしくはどこぞのソフトメーカーと連携して「顔認証ソフト」とかで選んでみたら・・・・・。
いくら私のブログが日記タイプで、「Go to トラベル」対策で出来るだけ善く郷土を紹介したいから「ローカル記事」を優先して掲載していても、今週は市役所職員の不祥事と坊主の上げ底な観光記事。
しかも此方は提灯記事の典型みたいで、記事中のほぼ「似てる」が、田舎の婆さんの因縁つけレベルで地元ながら御恥かしい。
「今日は何の日」で精密な再現度を誇る「シュライヒ」「フィギュア」を扱ったからか、異常に厚かましい記事にさえ見えてしまいます。
しかも、宗教法人の坊主にあるまじき有料での拝観(半額ぐらいなら常識範囲内か)、是非とも来訪前に写真で御確認を。
そもそも「方広寺」自体は、歴史も風情もあって大変宜しいかと思うけど、無駄に流行りものに乗ろうとする下心が異常に浅ましく、一片の徳さえ見受けられない。
そもそも、気軽に「出世」、「出世」とまるで「道端に落ちてる小銭」拾いの様に、お手軽な言葉で囃し立てるあたりが、今一ありがたみに欠けて腹立たしくもあります。
日本の「自殺率」が先進国で異様に高いのは、本来は信仰や教義で人を救う筈の「宗教法人」が「金儲け主義」第一だからなんだろうか?!
だとしたら、消費税を上げる前に、現存する全ての宗教法人を営利団体にして納税して頂いたら宜しいのになぁ。
如何にも使い古された浅ましい宣伝文句「出世」が、「ゆるキャラ」連動か特に地元の有数な観光施設に使い回しで見受けられ、其の陳腐さに呆れ果てる。
「徳川家康公」の「出世」「大名」の「ゆるキャラ」扱いにも、腹立たしかったが、「出世」ではなく、せめて人生や命懸けの「大事業」ぐらい言えないモノか?!

500羅漢


和田

気温2

和田2


芭蕉俳句: やまぶきの露菜の花のかこち顔なるや  (やまぶきのつゆ なのはなのかこち かおなるや)

時代背景&解説: 延宝9年(天和元年)、芭蕉38歳の作。
この年16句が記録されている。
前詞は、<かりぎはとくさにしおれ、いものはははすにやぶらる>と読む。
刈葱は夏のネギ、トクサに似ているが木賊のほうが風情があるとされ、芋の葉は蓮の葉に人気を譲ってやっぱり不満をかこっているはずだというのである。
山吹の露は古来人口に膾炙してきたが、菜の花の露とは言われない。
だから菜の花は不満をかこつことであろう。
 まことにどうでもよいことを詠んだものである。



駅前3

風鈴2

m3

m4

GS2

華3

風鈴3

医療脱毛

在庫速報.com



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。