FC2ブログ

あれから4年・・・・ホワイトデー?!

日記
03 /11 2015
風景

5

こんにちは、昨日は寒いなぁと思っていたら、更に夜に為ると冷え込むどころか、粉雪舞い散る夜でした。

1

何か工務店の宣伝らしくない広告看板ですね?!

2
今日の気に為る話題は此方です。


東日本大震災から4年 避難23万人、生活の復興道半ば
朝日新聞デジタル 3月11日(水)0時9分配信

東日本大震災から4年 避難23万人、生活の復興道半ば

入賞作

UR都市機構の写真コンテスト入賞作より転載

 東日本大震災から11日で4年となる。避難生活を送るのは約22万9千人にのぼり、被災3県では恒久的な住まいとなる災害公営住宅の完成が15%にとどまる。政府が決めた5年間の集中復興期間は、最後の1年の正念場を迎える。



 警察庁は10日、震災の死者が1万5891人、行方不明者は2584人と発表した。復興庁によると、震災後の体調悪化や自殺による震災関連死は3194人になった。

 岩手、宮城、福島3県の仮設住宅の入居戸数は約7万7千戸で、前年より約1万3千戸減った。災害公営住宅は昨年12月現在、2万9517戸の計画に対し、完成は4543戸にとどまる。資材や人件費の高騰で建設が遅れている。

 道路(直轄国道)の復旧率は99%などインフラ整備は進むが、なりわいの復興は道半ばだ。農地は7割が復旧し、主要漁港の市場の合計水揚げ高は震災前の7割だが、経済産業省が昨秋発表した企業調査(青森県を含む)では、主産業の水産・食品加工業で売り上げが震災前より減少したままの企業が8割に上った。

 東京電力福島第一原発事故の影響が続く福島県では昨年、田村市と川内村の一部で国の避難指示が解除されたが、田村市で4割、川内村で1割しか戻っていない。原発周辺市町村では、帰還をあきらめた移住の動きが広がる。

 被災42市町村では、仙台市などを除く39市町村で震災前より人口が約9万2千人減った。人口減が続く。(中村信義、石川智也)

朝日新聞社
【関連記事】
震災4年目の福島 データを歩く
被災写真、最後の返却会 「ボロボロでも手元に」
「福島の苦しみは終わってない」 吉永小百合さん朗読会
汚染雨水地下漏出か 高濃度の放射性物質検出 福島第一
地震活動、なお震災前の2倍 「引き続き注意が必要」
最終更新:3月11日(水)8時26分朝日新聞デジタル

6

3

最初は散らつくモノが、雪か何か判らない程度の降り方ですが、自宅近くでは本降りになり驚きました。

4

8

7

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。