FC2ブログ

月末の月曜日。

日記
03 /30 2015

華3

こんにちは、週末前後の気温差で、ややバテ気味の月曜日を迎えています。

お店3

磐田市のマンホールは、トンボのマークなのですね。

磐田市
今日の気に為る話題は、此方です。

有名建築家、被災地で活躍 設計施設が続々
河北新報 3月30日(月)11時30分配信

有名建築家、被災地で活躍 設計施設が続々
坂氏「JR女川駅と町営温泉の併設施設」
  東日本大震災の被災地で、有名建築家が設計した公共施設が続々と誕生している。復興支援の一環として手掛けられたもので、集会所や駅舎、児童施設など種類はさまざま。独創的な外観で地域再生の象徴となるだけでなく、被災地に多くの人を呼び込む観光資源としての役割も期待されている。


  3月21日、JR石巻線の全線再開に合わせて、再建された宮城県女川町の女川駅も開業した。丸みを帯びた屋根の建屋は、建築界のノーベル賞とされる米プリツカー賞に輝いた坂茂氏が設計した。坂氏は町内の仮設住宅、相馬市のケア施設「子どもアート・メゾン」も担当している。

  宮城県南三陸町では、世界的に知られた隈研吾氏が市街地再生の全体構想の策定を担う。同氏は市街地と復興祈念公園をつなぐ橋の設計も手掛けており、2016年度の完成が見込まれている。町内には著名な手塚貴晴、由比夫妻の手による「あさひ幼稚園」も建っている。

  公共施設は建設費や仕様に制約がある場合が多く、著名な建築家を設計者に起用できる機会は少ない。震災後、被災自治体には数多くの建築家から協力の申し出があり、意匠を凝らした建屋の整備が可能になった。

  デザインの提供にとどまらず、建設費用を自ら調達しているケースもある。プリツカー賞を受けた伊東豊雄氏、山本理顕氏ら建築家5人は「帰心の会」を結成。釜石市平田や仙台市宮城野区の仮設住宅など岩手、宮城、福島3県の12カ所に、集会所「みんなの家」を誕生させた。

  東松島市宮戸では14年、グループメンバーの妹島和世氏らが「SANAA」のユニット名で「宮戸島月浜のみんなの家」を整備した。地元の民宿組合の桜井幸作組合長は「有名建築家による建物目当ての来訪も期待できる。現地で地域の魅力も感じてほしい」と話している。

【関連記事】
釜石駅隣接ホテル開業 展望露天風呂完備
<女川町>「ゆぽっぽ」憩いの場 足湯も整備
南三陸町「中橋」隈研吾氏デザイン
「石巻復興テラス」ハウス 横丁に新交流拠点
<ガウディを訪ねて>自然と宗教、発想の源
最終更新:3月30日(月)11時51分河北新報

例えガウディみたいな大建築家が壮大な建物を建設しても、其処に住む人々が不幸なら、無意味なのでは?!
華2

あまりに桜が満開だったので、寄り道しました。

剣道

体が重いと思ったら、やはり体重が増えていたのですね。

Wii

朝靄の通勤路です。

朝もや

お店2

袋井インター付近の気に為っていたお店です。

お店

此方が調理前のネギ坊主です。

ネギ坊主

華

ラグビーW杯の日本開催と云い、盛り上がりを感じますね。

ラグビー

昨日帰宅時、購入して約3カ月で5000㌔寸前、最新のエコカーは、やはり想像以上に快適ですね。

帰宅

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。