FC2ブログ

オイル交換と週末の晩酌。

日記
04 /03 2015
路


花
こんばんは、今週も無事に業務終了し、小雨の通勤路を帰宅、週末の晩酌後にブログ更新しています。
今日の気に為る話題は此方です。

六本木で写真展「365 PHOTO EXHIBITION」 女性写真家が1日1枚撮影 /東京
みんなの経済新聞ネットワーク 4月3日(金)16時36分配信

写真

六本木で写真展「365 PHOTO EXHIBITION」 女性写真家が1日1枚撮影 /東京
"展示の様子"
 六本木、芋洗坂のストライプハウスギャラリー(港区六本木5)で4月3日、アマチュア写真家の藪田千晴さんの個展「365 PHOTO EXHIBITION マトリョーシカな日々」が始まった。(六本木経済新聞)

藪田千晴さん

 藪田さんは書店員とグラフィックデザイナーとしての仕事をしながら、毎日1枚の写真を撮影し、SNS上で公開するアマチュア写真家としても活動している。藪田さんが活動を始めたのは約4年前の東日本大震災の直後。「何かよりどころになるものが欲しくて毎日写真を撮ってみようと思って始めた。SNSもその時に初めて毎日写真をアップすることにした」という。1年後には1年間撮りためた写真をまとめて同ギャラリーで写真展を開催、そのまま活動を続けて今回が4回目の個展。

 写真は大きなものから小さなものまで6種類の大きさにプリント、4月から1カ月ごとにまとめて12のブロックで展示する。今回は同じ縦横比で大きさの異なる6つの「マトリョーシカ」額縁を用意し、一部の写真は額縁に入れて展示している。

 被写体となっているのは、日常で見かけるさまざまな風景で、道端に咲いた花や街行く人のスナップ、動物、食べ物などさまざまで、テレビ朝日や六本木ヒルズなど六本木かいわいが被写体になったものも多い。薮田さんは特に写真を勉強したこともなく、現在撮影に使っているカメラもいわゆるコンデジなので、親しみやすい写真が多いのも特徴。藪田さんは「被写体にするものは単純に『あっ』と思ったもので特に基準はない。ちょっと面白かったり不思議だったりする風景が好きなので、そういうものは多いかもしれない」と話す。

 作品は全て購入が可能で、一番小さいものは額に入れて500円で販売する予定。その他の写真も「部屋に写真を飾ったりする習慣が広まってきているように思うが、高くてなかなか手を出せないという人も多いと思うので、手に入れやすい金額で売ることができれば」という。

 「写真を撮ることで気持ちのクールダウンにもなって写真に助けられている部分もあるし、撮ったその日のうちにアップすることで、見てくれる人も反応してくれるのがうれしい」とも。

 開催時間は12時~20時。展覧会終了後にも、同ギャラリーの入り口ウインドーを使い月替わりで作品を展示予定。

みんなの経済新聞ネットワーク
【関連記事】
六本木で若手写真家・水谷吉法さん初個展-野生化したオウムの作品など(六本木経済新聞)
六本木で「万華鏡展」-女性アーティストが個展、音楽と万華鏡映像コラボも(六本木経済新聞)
ストライプハウスギャラリー
最終更新:4月3日(金)16時36分みんなの経済新聞ネットワーク

そして、帰宅時に今日しか時間が取れそうもないので、静岡マツダ和田店で少し予定よりも早く、ほんの3カ月ほどですが、愛車デミオのオイル交換をしてきました。
和田店

此方が店頭に並んだ、マツダの赤い4連星?!手前からデミオ、CX-3、アクセラ、CX-5です。

赤い4連星

此方はCX-3、フロントマスクのデザイン処理は、新型に為るほど完成していますね。

cx3

蕾

此方のデミオは、マツダ・スカイアクティブ専用オイルの交換指定で、その距離は4000㌔毎みたいですね。

オイル交換

そして、先日イエローハット袋井店で購入したオイル添加剤も、帰宅後に忘れずに注入しました。

追加

更に周りを見渡すと、先日、和田の自動車街にルートインホテルが出来て街並みが様変わり、静岡マツダ和田店の向かいにも、ガリバーの外車部門店と、マッチこと近藤真彦さんのCMで有名なタイヤ・ホイールのFUJIが、今月四月二十日の開店に向けて準備中でした。

自動車街

看板

来週から値下げのニュースは入っていますが、いったい幾らが適正か・・・自由民主主義なら、せめて国会で、電気代やガソリン代などの公共料金の論議くらいして下さいね?!

鈴与24
そして、こんなニュースも、遅ればせながらレスポンスから拾いました。

【ニューヨークモーターショー15】サイオン初のセダン、iA 初公開… マツダ デミオがベース
by 森脇稔 on 2015年04月02日(木) 08時45分
サイオン iA

サイオン

トヨタ自動車の米国若者向けブランド、サイオンは4月1日(日本時間4月1日夜)、米国で開幕したニューヨークモーターショー15において、サイオン『iA』を初公開した。

iAは、サイオンブランドにとって、初のセダン。サイオンはこれまで、小型ハッチバックや2ドアクーペが主体のラインナップを展開してきた。4ドアセダンの投入で、新たな顧客層の獲得を狙う。

サイオンによると、iAは機能性を重視しつつ、スタイリングや運転する楽しさも求める若い顧客に向けたセダンになるという。

iAは、マツダが主に東南アジア市場に投入している新型『デミオ セダン』がベース。グリルやバンパー、ヘッドライトなどを専用デザインにすることで、サイオンらしさを表現した。この背景には、トヨタとマツダが2012年11月、「トヨタとマツダ、メキシコでの生産について合意」との発表がある。2014年2月末に稼動したマツダのメキシコ新工場で2015年夏頃から、新型『マツダ2』(日本名:『デミオ』)をベースにしたトヨタ向け小型車を年間5万台程度生産し、トヨタが北米で販売することが決定していた。

サイオンiAのエンジンは、マツダ製の1.5リットル直列4気筒ガソリン。最大出力106hpを発生する。トランスミッションは、6速MTと6速ATが用意されている。

此れは初耳でした、最近のプジョー、シトロエン、ルノー等のフランス車を見て、その類似性から、もしや日本もと、思っていましたけども。
意外やトヨタのサイオンブランドにデミオ4ドアを選ぶとは、・・・日本の自動車業界でもコラボと言うか業務提携が、ここまで進んでいたのですね?!
汎2

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。