FC2ブログ

シャーロット・エリザベス・ダイアナに栄光あれ。

日記
05 /05 2015

遠鉄

華

こんにちは、今年もエコパ・スタジアムで全国B級グルメ大会が予定通りに5月16,17日に開催される見たいです、何とか帰宅後、入浴してブログ更新です。

道

道2

道3

今日の気に為る話題は此方です。

<原油価格>上昇基調に 過剰感薄らぐ 日本経済に逆風も
毎日新聞 5月3日(日)15時0分配信

<原油価格>上昇基調に 過剰感薄らぐ 日本経済に逆風も
原油価格の推移
 昨秋から急激な値下がりが続いてきた原油価格が、再び上昇基調に転じ始めた。原油供給増加の主な要因となっていた米国のシェールオイル開発にブレーキがかかるなど、過剰感が薄らいできたからだ。初夏は行楽地へのドライブなどで米国を中心にガソリン需要が高まることなどから、価格はさらに上がる可能性もある。原油高騰は日本経済にとって逆風となる恐れがあり、今後の価格動向が注目される。【安藤大介】

【バブルから我々は何を学び、何を忘れてしまったのか…】

 原油価格の国際指標となる米国産標準油種(WTI)は、昨年6月には1バレル=107ドル台をつけたが、昨秋以降、下落に転じ、今年3月には同43ドル台まで下落した。だが、その後はじわじわと上昇し、WTIは5月1日の時間外取引で一時59・90ドルと60ドル台に迫った。

 価格上昇の背景には、米国のシェールオイルが減産に転じたことがある。米国のシェール油田開発は、原油価格が1バレル=50~80ドル程度の水準で採算が取れるとされる。中東産原油の数ドル~30ドル程度よりもコストが高く、原油価格の下落で採算が合わなくなった。

 米石油サービス大手ベーカー・ヒューズによる5月1日時点の調査では、全米の石油掘削装置(リグ)の稼働数は昨年10月と比べて6割近く減り、開発の停滞が鮮明になった。米エネルギー情報局(EIA)の生産動向調査によると、シェールオイルを生産する米主要7鉱区の5月の原油生産量は、前月比5万7000バレル減の日量計556万バレルと推計される。昨年後半からの原油下落局面では初の減産となり、価格押し上げ要因となっている。

 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の野神隆之・主席エコノミストは「5月以降はガソリンの需要が増えるため、原油の在庫も頭打ちになるだろう」と話し、価格は7月にかけ1バレル=60ドル台前半で推移すると予想する。三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員は、欧州の景気回復傾向を要因に挙げ、「年後半にかけて緩やかに上昇し、70ドル近くに達する可能性もある」としている。

 今後の価格動向を占ううえで注目されるのが、6月の石油輸出国機構(OPEC)総会だ。昨年11月には、減産を見送ったことで原油のだぶつき感が当面続くとの見通しが広がり、価格急落に拍車をかけた。今回も減産は見送られる公算が大きく、価格を下押しする可能性もある。

【関連記事】
株安・円高 米GDP急減速のあおり…円買い加速の可能性
【東証、一時2万円台 15年ぶり回復】
【当時流行った水着はハイレグ、マイク・タイソンのタイトルマッチも】あの狂った時代を写真で振り返る
【アベノミクスで大丈夫か】株価上昇、雇用増とはいえ…物価上昇に賃金追いつかず
最終更新:5月3日(日)16時25分毎日新聞

何か原油価格では、日本国内ネガティブキャンペーン中みたいです。

道4

華2

道5


そして此方も掲載します。

“100円コーヒー”儲けの裏側 今後のライバルは「家カフェ」
SankeiBiz 5月3日(日)8時23分配信

“100円コーヒー”儲けの裏側 今後のライバルは「家カフェ」
激化するコンビニの100円コーヒー戦争(ローソンの店頭で)(写真:フジサンケイビジネスアイ)
 日本のコーヒー市場拡大に貢献しているのはいまや全国に約5万店の立地を数えるまでに浸透したコンビニエンス・ストアだ。大手各社は店内にコーヒーマシンを導入し、淹れたてのコーヒーを最低100円で提供するサービスでしのぎを削っている。コンビニの「100円コーヒー」にはどんな戦略があるのか。

 「100円コーヒー」の口火を切ったのは業界トップのセブン-イレブン。2013年1月から1杯100円の淹れ立てコーヒー 「セブンカフェ」の販売を始めた。レジでコーヒーを注文した客はカップをもらい、店内の専用マシーンで自らコーヒーを入れる。ワンコインの低価格とセルフ方式の手軽さが受けて1日平均120杯前後を売り上げる大ヒットとなった。

 同年6月にはサークルKサンクスとミニストップも追随。14年4月になると業界3位のファミリーマートがそれまで120円だったSサイズのコーヒーを100円に値下げ、9月には最後の牙城だった同2位のローソンもSサイズコーヒーを新設して100円にした。

 コンビニ経営にとって100円コーヒーは“うまみ”が多い。コーヒーは原価に対する利益率が高い。店内のほかの商品の粗利は平均約30%だが、コーヒーは50~60%とされる。コーヒーと一緒にパンや菓子などの「ついで買い」をする客も多いので売上げも伸びて収益性が上がる。コーヒーは他の飲料に比べて習慣性の大きい嗜好品で摂取頻度も高いため、新規顧客の獲得と定着にも効果がある。機械さえ導入すれば特別な技能がなくても同じ味が出せるのでオペレーションも容易だ。

 2014年のコンビニ大手5社のコーヒー販売計画は前年の2倍にあたる計13億杯だったが、今年はさらに強気の計画を立てている。新たな販売戦略の柱はコーヒーと相性のいい「ドーナツ」だ。セブン-イレブンは2015年度中に1万7000店のレジ横にドーナツの専用ケースを設置して年間約6億個の売上げをめざす。

 ファミリーマートも4月上旬からドーナツの新商品を発売。ローソンも今年8月までに、ドーナツ専用什器を備えた店を現在の600店から8000店に増やし、1日平均100個を売り上げる計画だ。販売する6種類のドーナツの価格はすべて税込み100円で、このうち「ハワイアンドーナツ」は店舗で揚げた出来たてを提供する。同社の和田祐一商品本部長は「これにより14年度には約350億円だったコーヒーの売上高を約450億円に増やしたい」と目論む。

 ローソンの戦略では新しい顧客開拓にも注目したい。同社のコーヒーはセルフではなく店員がコーヒーを淹れるのが特徴で、主なターゲットは女性客だった。だが、今後はコーヒーヘビーユーザーの中高年の男性へのアピールも強化していくという。

 商品本部の吉澤明男カウンター商品部長は「団塊の世代が大量退職して自宅周辺にいるようになった。これからは都心部のコーヒーチェーン店や喫茶店に毎日足を運ぶのが難しくなった郊外に住む人を中心にコンビニのカフェニーズが高まる」とみる。

 ライバルは自宅で豆を挽いて楽しむ「家カフェ」だ。統計によれば国内のレギュラーコーヒーの総消費量は年間約26万トン。缶コーヒーなどの工業用10万トンを除くと、業務用が約6.9万トン、家庭用が約7.6万トンで、喫茶店など外の店よりも家庭で消費される方が多い。コンビニの100円コーヒーはこの数字を逆転することができるだろうか。

【関連記事】
■意外と知らない「飲み屋の原価」 店側がサワーを推すワケ
■収入激減…コウメ太夫さんを支える大家収入 離婚で痛感したことは?
■月10台クルマを売り続けた日産の“営業しない営業マン” なぜこんなに売れるの?
■なぜ年を取った男は自己チューになるのか 威信を回復させようとして空回り
■止まらない“缶コーヒー離れ” JT、ネスレが事業撤退に踏み切った理由
最終更新:5月3日(日)17時48分SankeiBiz

最近、禁煙もあり、コンビニ珈琲はついつい購入してしまいますが、・・・・本当のライバルは缶コーヒーなのでは?!

Wii

アリスでは無かったみたいですが、此方は祝福を込めての掲載です。

王女の名前「シャーロット・エリザベス・ダイアナ」
2015/05/04 23:10


 【欧州総局】イギリス王室は4日、ウィリアム王子と妻キャサリン妃との間に生まれた第2子の王女の名前が「シャーロット・エリザベス・ダイアナ」に決まったと発表した。

 キャサリン妃は2日に女児を出産。2013年7月に生まれた長男ジョージ王子(1)に次ぐ王位継承順位4位となった。体重は8ポンド3オンス(約3700グラム)。

 女児の名前については英紙タイムズが4月に行った世論調査では、ウィリアム王子の母親と同じ「ダイアナ」が最も人気を集めたと伝えていた。

毎日新聞

華3

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。