FC2ブログ

週末徒然。

日記
07 /17 2015
路

花

こんばんは、本日も台風11号の通過で日本中が大荒れな天候に、そんな中でも無事に業務終了、週末の晩酌後、失意と湿度の中でブログ更新です。


路2

花2

今日の気に為る話題は此方です。


東大阪で復興支援「ふっくら布ぞうり」販売 「細く長い支援を」 /大阪
みんなの経済新聞ネットワーク 7月17日(金)17時30分配信

東大阪で復興支援「ふっくら布ぞうり」販売 「細く長い支援を」 /大阪
"販売する「ふっくら布ぞうり」"
 瓢箪山稲荷(ひょうたんやまいなり)神社で現在、東日本大震災の被災者女性らが作る「ふっくら布ぞうり」を販売している。(東大阪経済新聞)

男性もはくことができるL・LLサイズの布ぞうり

 2013年3月、被災地の実情把握のため岩手や宮城の海岸沿いを訪れた同神社の宮司ら。訪問先の宮司の家族が「ふっくら布ぞうり」を作っていたことで、同商品の存在を知った。

 同商品は、「編んでいると気が紛れる」「集中して編んでいる時は嫌な思いをしなくていい」と南三陸で始まったもの。日がたつにつれ新しい仲間ができたり、収益が生活の一部になったりすることなどで、今では新しい生きがいになっているという。その後、陸前高田、石巻、東松島でも講習会が行われて現在は5つのグループが「ふっくら布ぞうりの会」に参加し、作った商品を販売するなど活動の輪を広げている。

 素材には型が古くなって販売できなくなったTシャツやカーテン生地など、提供された綿ニットを使用。プリント生地を使用し一つ一つ手作りしているため、同じものは2つとないという。同神社では今年2月の節分祭で初めて販売し、完売。多くの人が訪れる例大祭に合わせ7月中も販売することを決めた。

 禰宜(ねぎ)の山畑阿登視さんは「被災者支援の一助として、つながりをもったり考えてもらったりするきっかけになれば。細く長く支援を続けていきたい」と話す。

 価格は、Mサイズ=3,000円、L・LLサイズ=3,300円。

みんなの経済新聞ネットワーク
【関連記事】
男性もはくことができるL・LLサイズの布ぞうり(関連画像)
東大阪の瓢箪山稲荷神社で夏祭り 瓢箪山音頭・河内音頭踊り大会も(東大阪経済新聞)
瓢箪山稲荷神社(フェイスブックページ)
最終更新:7月17日(金)17時41分みんなの経済新聞ネットワーク

台風で風が強まる前に、フルーツパブリカ2個とイタリアンレッド7個を小雨のうちに何とか収穫しました。

収穫2

収穫

花3

磐田駅前の風景ですが、此の部分だけだと磐田市に見えないですね?!

駅前

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。