FC2ブログ

週末、乾杯徒然。

日記
07 /24 2015
夜路

花


こんにちは、今週は月曜日が出勤だったので、今日がお休み、眠い目を擦りながらのブログ更新です。

花2

最近は所持しているデジ物が、殆んど旧型に(ipod,PSP300,などなど、そろそろデジタル断舎利かとも思案中?!)・・・昨日ipodtouchも修理見積に、此方はレコーダーとの併用ですが、トルネは重宝しています。

視聴中


花3

今日の気に為る話題は此方です。


福島ゆかりの指揮者らチャリティーコンサート 歌声で復興を後押し
産経新聞 7月24日(金)7時55分配信

福島ゆかりの指揮者らチャリティーコンサート 歌声で復興を後押し
指揮者の片野秀俊さん(写真:産経新聞)
 福島県にゆかりある指揮者4人がタクトをとり、県内外の合唱団と東日本大震災被災地への思いを歌い上げる「福島復興祈念チャリティーコンサート」が25日、東京・築地で開かれる。企画した指揮者の片野秀俊さん(65)は「声は誰かを励ます言葉にも、慰める言葉にもなる。声と心を一つにして奏でる合唱には限りない力があると信じている」と話し、歌声で復興を後押しすることに使命感を見いだしている。

 片野さんは福島県いわき市の出身。実家の目前には茫洋(ぼうよう)とした太平洋が広がっていた。東京声専音楽学校(現・昭和音楽大学)進学を機に上京してからも「何かにつけて思い出す故郷の風景といえば、潮の匂いや波の音だった」と振り返る。

 平成23年3月、東日本大震災の発生時は演奏旅行でシドニー郊外の街にいた。なじみ深い海が、津波となって襲ってくる映像に呆然(ぼうぜん)となった。帰国後の4月、被災地を訪れ「再生のために力になりたい」と決意。県内出身や在住の指揮者に声をかけ、コンサートの企画を温めてきた。

 まもなく震災発生から4年半を迎えるが、宮城、岩手両県の被災地に比べ、復興の遅れを実感している。東京電力福島第1原発事故に伴う影響は大きく、「内陸部の会津や猪苗代地域でも風評被害が続いている。故郷を取り戻せないもどかしさを感じる」と語る片野さん。コンサートでは犠牲者の鎮魂、将来への希望を歌に込めることで「被災地の復興に関心を持ってもらうきっかけにしたい」と意気込んでいる。

 25日午後3時半開演(3時開場)、東京都中央区築地の浜離宮朝日ホールで。入場料2000円。当日券も若干数あり。収益金は福島県の復興のため寄付する。問い合わせは、事務局(根村さん)(電)090・5994・5968。

【関連記事】
「児童ポルノ天国」の汚名返上なるか 改正児童ポルノ禁止法で「所持」も禁止に 線引きは?
感電事故の「電気柵」年1万キロ、爆発的に普及…届け出不要、実態つかみ切れず
増加する“暴走老人”の実態 若者の犯罪数上回る ささいな事から残虐事件にも…
「みこし担ぐ一瞬はギャル」 35回の節目は“歴代”105人が集結 「ギャルみこし」
油井さん宇宙へ 物静かでコツコツ「亀のよう」
夏に楽しむ“ふるふる”ゼリー 手作りでも、アレンジでも
最終更新:7月24日(金)8時17分産経新聞

関連ニュース
サッカーでつなぐあの日の記憶 兵庫・阪神と東日本被災地児童ら、24日から富山で交流 産経新聞 7時55分
<震災遺構のいま>古里喪失 教訓未来に写真 河北新報 21日(火)12時35分
大沼高演劇部がいわきで初公演 福島民報 21日(火)12時11分
4高校歌声の共演 福島で連合定期演奏会 福島民報 21日(火)11時32分


乾杯

セブンイレブン限定欧州四大セレクション・ビール「ドルトムント」を小脇に抱えて、満足そうなカール叔父さんの家庭菜園報告・イタリアンレッド6個とオクラです。

収穫

花4

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。