FC2ブログ

ようやく大型連休前日に・・・。

日記
08 /11 2015

路

華



こんばんは、イヤー昨夜のBS朝日、シティオープンでの錦織選手は凄かったですね、自分自身もようやく大型連休の前日に、晩酌抜きで歯科医に行ってから、ブログ更新です。

今日の気になる話題は此方です。


ITのプロが被災地支援 「IT Dart(情報支援レスキュー隊)」設立
リスク対策.com 8月11日(火)15時24分配信

ITのプロが被災地支援 「IT Dart(情報支援レスキュー隊)」設立
IT Dart集合写真
大手検索エンジンのエンジニアなどITのプロフェッショナルが参加し、ITを活用して災害被災地の情報支援を行う一般財団法人「IT Dart(情報支援レスキュー隊)」が8月8日、発足した。災害急性期から復興事業が始まるまでを活動期間とし、ITを活用することで、災害時に被災地のニーズを適切に把握、情報発信することで効果的な支援を行うことが狙い。

ITのプロが被災地支援 「IT Dart(情報支援レスキュー隊)」設立
設立総会・理事会
設立発起人の1人である及川卓也氏は、「東日本大震災では『情報の空白地帯』が発生するなど、支援が偏ったケースもあった」と東日本大震災当時を振り返る。IT Dartは災害時に自発的に活動できるITの専門家らによる有志を平時から組織し、トレーニングや連携体制を整えることで、緊急時における被災地のIT支援を円滑に行うことを目指す。

ITのプロが被災地支援 「IT Dart(情報支援レスキュー隊)」設立
ワークショップ
災害時には適切なIT支援が必要
設立会には49名の賛同者が参加。具体的な活動としては、1)災害の初期段階で被災地に隊員を派遣2)自治体や避難所などの状況や支援ニーズを収集・把握3)情報を適切に発信することで、支援者や自治体、企業に繋げ、効果的な支援活動を促す。その手段として、メンバーの専門とするテクノロジーやプロジェクト管理、要件定義と言ったノウハウを生かすという。

設立総会に参加した岩手県陸前高田市役所の大和田智広氏は、「東日本大震災では、刻々と変わる避難所の正確な情報が把握できなかった。避難者の1人が「靴が足りない」とツイートしただけでテント1張り分の靴が届けられたこともあった」と、災害時の適切なIT支援の必要性について強調した。

設立会後には「自治体との連携」「活動に必要なITシステム」「被災地で効果的かつ安全に活動するための対策」「活動を開始するタイミングやそのための備え」の4つのテーマに分かれワークショップを開催。「通信が途切れていても、つながった時に重要なデータから送ることができる仕組みづくりが必要」「災害ごとにシナリオを作るべきでは」など、活発な提案が行われた。ホームページでは現在、会員、隊員や連携団体などを募集している。

□IT Dart(情報支援レスキュー隊)ホームページ
http://itdart.org/

リスク対策.com 副編集長 大越 聡
【関連記事】
東海大、Twitterを活用した災害情報投稿システム検証実験を実施
サイバー保険の認知度は全体の28%
「減災インフォ」サイトオープン
8割がIoT時代のセキュリティを懸念
SNSの情報をリアルタイムに平易な質問で分析・検索
最終更新:8月11日(火)15時24分リスク対策.com

路2

華2

路3

ふと会社までの道すがら、生け垣に蝉の幼虫の抜け殻が・・・、生命感の塊の様に見えました。

脱皮

路4

華3

路5

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。