FC2ブログ

第2012回「この夏の思い出は?」

日記
08 /26 2015
窓

朝顔



こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の山口です。今日のテーマは「この夏の思い出は?」です。9月が迫っていますね8月はあっという間に過ぎてしまった気がしますこの夏、良い思い出は出来ましたか?私は普通に月日が過ぎて行きました(笑)みなさんのこの夏の思い出をお聞かせください!たくさんの回答、お待ちしております。トラックバックテーマで使っている絵文字はFC2アイコン ( icon.fc2.com )...
FC2 トラックバックテーマ:「この夏の思い出は?」


こんばんは、今年は6月から8月まで、とにかく私用が多くて・・・・、一番真近な浜松市「プレミアム商品券」の販売イベントの騒動が、哀しい夏の思い出です。

朝蒼穹

多分此方は、可也のお買い得、磐田市在住の教員の従兄弟に聞いた情報で補足しますけども、何年か先に磐田駅の東方面、正確には2019年頃に蒲田駅(仮称)前に為るであろう予定の地区です。

東磐田駅

今日の気に為る話題は、東日本震災復興から此方です。

応援職員の必要性訴える 被災地視察ツアー
河北新報 8月26日(水)16時5分配信

応援職員の必要性訴える 被災地視察ツアー
被災地視察に参加した全国の自治体関係者
  全国の自治体関係者を宮城県内の被災地に招き、応援職員の派遣継続の必要性を現場で感じてもらう視察ツアーが25日、2日間の日程で始まった。

  県が主催し、34都道府県の職員ら約160人が参加した。村井嘉浩知事は県庁講堂に集まった参加者に、土木職など復興に必要な職員が慢性的に不足している現状を説明。「人材確保は全国的に厳しいが、現場を目に焼き付けて支援を継続してほしい」と訴えた。

  参加者は気仙沼・南三陸、石巻、東松島・山元町の3コースに分散。南三陸町の土地区画整理事業用地、石巻市蛇田地区の防災集団移転促進事業用地などで、地元自治体の担当者らから説明を受けた。

  南三陸町に職員を派遣している愛知県田原市の鈴木正直総務部長は「復興はまだ道半ば。支援を続けたい」と話した。秋田県小坂町の成田祥夫総務課長は「被災地は職員確保に非常に苦労している。視察の成果を基に派遣の可否を検討したい」と語った。

【関連記事】
<写真特集>レンズがとらえた被災地のいま
<写真特集>こぼれる涙と今歩む
異色アイドル「青森ナイチンゲール」降臨
<ケネディ大使>笑顔キラリ東北を行く
ウィリアム英王子が被災地訪問 「私も大切な母亡くした」
最終更新:8月26日(水)16時14分河北新報

蒼穹

向日葵

朝方の肌寒い蒼穹から、夏の蒼穹に変化、印象的な日でした。

夏

案内

路

窓2

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。