FC2ブログ

向日葵。

日記
09 /19 2015

霧笛

軒先

橋

こんにちは、ようやく日中の日差しも心地良いと思えるぐらいに、秋になりましたね。
但し、天候変化は相変わらず激しくて・・・・一番上と下の写真が夜道の霧の状態で、秋バテしないように頑張りましょう。



夜道

いよいよ、株式公開まで秒読み段階?!けれどもNTTと同様に、一般人には情報が極端に少ない・・・、公益法人の株式公開が、謎の高株価の原因で無ければ良いのですが?!

株式公開

花

今日の気に為る話題は「震災復興」から此方です。

ヒマワリで福島支援 原発事故受け栽培肩代わり 収穫の種、食用油に/藤沢
カナロコ by 神奈川新聞 9月19日(土)7時0分配信

ヒマワリで福島支援 原発事故受け栽培肩代わり 収穫の種、食用油に/藤沢
黄色の花で埋め尽くされた今夏のヒマワリ畑 
 東京電力福島第1原発事故による土壌汚染のため福島県内で不可能になった食用ヒマワリの栽培を代わりに担うプロジェクトが、藤沢市立善行中学校(同市石川)で進んでいる。同校周辺で借りた畑では今夏、生徒たちが「里親」となって育てた約6千株のヒマワリが開花。被災地復興の願いを込めて収穫した種は現地へ送り、食用油などの原料となる。

 福島県内でヒマワリ栽培を手掛けてきたのは、福島市のNPO法人シャローム。障害者支援の一環として、種から取れる油を製品化する事業に長年当たってきたが、2011年の原発事故で状況が一変した。

 その後、ヒマワリの種をシャロームから送ってもらって栽培を肩代わりし、収穫した種を送り返す「ひまわりプロジェクト」がスタート。取り組みを知った善行中がシャロームに連絡を取り、昨年度から活動に参加した。

 2年目となる今年は、近隣の農家の好意で畑2カ所(計約5千平方メートル)を無償で借り、1、2年生を中心に前年の約10倍に当たる約6千株を栽培した。梅雨時の小雨で水やりが大変だったが、7月下旬には直径20~30センチほどの大輪の花が咲き乱れ、畑を黄一色に染めた。

 「今年は昨年と比べてかなり立派に育った」と大野寛武校長。昨年度は種をスズメに食べられる被害もあったため、開花後の畑には防護ネットも設置した。

 今月15日には2年生140人が種の収穫作業を実施。はさみで先端部分を切り落とし、ブラシやうろこ取りを使って種を集めていった。計算上では100キロ超の種が収穫できる見込みで、10月上旬には福島へ送る予定。

 2年生の女子生徒2人(ともに14)は「水やりなど力作業が多くて大変だったけど、福島の人たちのためにやって良かった」と口をそろえた。学年委員長の女子生徒(13)は「作業もスムーズで、去年より種も多く取れそう。文化祭で食用油の販売予約も受け付けると聞いたので、食べるのも楽しみ」と話していた。

【関連記事】
鳥居の一部“里帰り” 津波被害で米海岸に漂着
支援者の「リフレッシュ」 連載・復興の道しるべ(5)
最終更新:9月19日(土)7時0分カナロコ by 神奈川新聞

花2


蒼穹2

管理

此方も新車効果か、月3回の給油が月2回に・・・秋蒼穹の燃費は約リッター18㌔でした。

給油

マツコネ

デミオ

裏庭の家庭菜園も、トマトからフルーツパブリカとオクラの最盛期に為りました。


カール君


パブリカ

オクラ

オクラ

霧笛2

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。