FC2ブログ

週末徒然。

日記
09 /26 2015
デミオ

花

こんにちは、昨日は新型iPhoneの発売日で相変わらずの話題ぶり、まるで跳ぶ様に月日が流れて行きますが、もう数日で9月も終わってしまいます。
小雨模様から曇り空に、休日の土曜日なので、早朝に撮影散歩に出掛けました。

鳥2

花3

こうして見ると、瑞々しい柿と云うのも在るのですね。

柿

花5

カール叔父さん

此処からは、カール叔父さんの家庭菜園報告、と云ってもオクラとフルーツパブリカしかありませんがねぇ(^-^ゞ。
魔女の鼻の様に曲がったオクラ君です。

オクラ

オクラ2

パブリカ

まるで鈴成りのフルーツパブリカ、どれくらい追肥したら、全て収穫できるのだろうか?

パブリカ

今日の気に為る話題は「震災復興」から此方です。

<大震災4年半>大川小の遺族「原因究明があいまいなまま」
毎日新聞 9月25日(金)21時24分配信

<大震災4年半>大川小の遺族「原因究明があいまいなまま」

 学校事故の事後対応などを調査研究する文部科学省の有識者会議(座長=渡辺正樹・東京学芸大教授)は25日、東日本大震災の津波で子どもを亡くした宮城県石巻市の市立大川小学校と私立日和(ひより)幼稚園の遺族からヒアリング(聞き取り)した。同小で次女を亡くした佐藤敏郎さん(52)は「我が子を失い、理不尽な事後対応で遺族は二重にダメージを受けた。大川小のように原因究明があいまいなまま幕を引く構図が全国的にあるが、繰り返してはいけない」と訴えた。

 大川小では児童74人が避難途中に津波にのまれ犠牲となった。佐藤さんは事故後に石巻市が設置した第三者検証委が遺族の望む形で事実究明をできなかったとして「あれだけの被害があって、十分な教訓にさえしてもらえていないのは残念で仕方がない」と強調。権限のある委員による検証や、学校側と遺族をつなぐコーディネーターの設置を提案した。

 一方、日和幼稚園に通っていた長女が送迎バスで津波にのまれ亡くなった佐藤美香さん(40)は「大災害では事前に訓練したこと以上のことはできない」と話し、行政の指導で避難訓練を充実するよう求めた。会議は他の学校事故の関係者からもヒアリングし、年度内にも学校管理下での災害や事故への対応指針をまとめる。【百武信幸】

【関連記事】
東日本大震災:横浜に避難した大橋悌一さん、復興住宅へ来月入居 石巻に帰ったら、新しいスタート /宮城
東日本大震災:復興後を見据え、新協議体設立へ 沿岸13自治体 /岩手
震災4年半:とうほくの今 終わらぬ仮住まい 集約足踏み、広がる戸惑い /岩手
東日本大震災:福島第1原発事故 避難先京都から山形へ 新たな故郷「せめて東北へ」 思い胸に農業挑戦 /福島
東日本大震災:「復興米」収穫 下赤阪の棚田 /大阪
最終更新:9月25日(金)21時44分毎日新聞

実際、最近は事件・事故・災害の連続で・・・・そのどれもが分析不足を否めません。
下の写真は、用水路の鳥の写真ですが、ピントが合う前に飛ばれてしまいました。

鳥

花2

花4

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。