FC2ブログ

祭り後、秋。

日記
10 /13 2015
路

路2

こんにちは、3連休もお構いなしで、ドタバタしていましたが、早番なので此の時間でブログ更新、今週も頑張っていきましょう。

華

標識

掛川市散策での往復コースで、この茶畑ゾーンが一番寛げます。

茶畑

今日の気に為る話題は「東日本震災復興」から此方です。

<マリナ・シルバさん>震災被害受けた宮城・閖上地区を訪問
毎日新聞 10月12日(月)22時38分配信

<マリナ・シルバさん>震災被害受けた宮城・閖上地区を訪問
亡くなった中学生の慰霊碑に触れるマリナ・シルバさん(右)と遺族の丹野祐子さん=宮城県名取市

 来日中のブラジルのマリナ・シルバ元環境相(57)が12日、東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県名取市の閖上(ゆりあげ)地区を訪れた。

 マリナさんは、プレハブ建ての資料館「閖上の記憶」で、館長の小斎正義さん(74)らから震災直後の様子や避難生活、復興への取り組みについて説明を受けた。旧閖上中学校の前にあった資料館と、亡くなった同校の生徒14人の親らが建立した慰霊碑はこの春、海寄りの場所に移転。遺族の一人で長男(当時13歳)を失った丹野祐子さん(46)が見守るなか、シルバさんはそっと手で慰霊碑に触れ、冥福を祈った。

 「閖上のみなさんは震災時、極限状態にありながら支え合い、いたわり合ったと強く感じた」とシルバさん。「どんなに技術が進んでも自然はコントロールできない。人間は自然の一部。そのことを自覚したうえで地域再生に向かうことが新たな未来につながる」と話した。

 シルバさんは、MOTTAINAIキャンペーン10周年を記念して毎日新聞が招き、13日は東京の上智大学で午後6時から開かれる本社主催のシンポジウム(イオン環境財団、伊藤忠商事、宇都宮市、JR東日本、上智大、楽天協賛)で講演する。【明珍美紀】

【関連記事】
東日本大震災:県内8市町沿岸、行方不明者捜索 県警、月命日 /福島
東日本大震災:4年7カ月 祈り、備え新た 中尊寺僧侶と遺族らが供養 陸前高田・小友地蔵尊 /岩手
東日本大震災:福島第1原発事故 処分場問題 加美町長、減容化検討求める 副環境相と会談 /宮城
東日本大震災:4年7カ月 ジャズで犠牲者追悼 名取でイベント /宮城
東北こども博:仙台大で始まる 柴田 /宮城
最終更新:10月13日(火)9時56分毎日新聞

華2

山道

この小笠山周辺では、年甲斐も無くワクワクします。

山道2

扉

トンネルから出ての此の新道部分が、開放感たっぷりです。

山道3

マツコネ

夜道2

流石に静かなお祭りが終わった夜、御疲れ様でした。

夜道

イオン

標識

マツコネ

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。