FC2ブログ

2016年節分に想う。

日記
02 /03 2016
夜

橋

恵方巻き

こんにちは、昨日は割と慌ただしい日だったけども、今日は節分、上の写真はセブンイレブンの「福を呼ぶ節分 恵方巻き」、今年は「南南東」を向いてo(≧ω≦)o美味しく頂きました。


華

燃費

二年前にはリッター12㌔の燃費を越えると、かなり嬉しかったのですが、・・・・今では悔しさ(T_T)募る日々ですね。

マツコネ

夜景

今日の気に為る話題は「古墳・遺跡」から此方です。

<静岡・高尾山>古墳、現地保存確定 道路計画迂回へ
毎日新聞 2月2日(火)20時16分配信

 都市計画道路の建設で取り壊される予定だった高尾山古墳(静岡県沼津市)の現地保存と道路の両立を検討していた同市の有識者協議会(議長=大橋洋一・学習院大法科大学院法務研究科長)は2日、古墳を迂回(うかい)する道路案を栗原裕康市長に提示した。栗原市長は協議会の結論を尊重する姿勢を示しており、古墳の現地保存が確定した。

 日本考古学協会が昨年5月25日、保存を求める会長声明を発表したが、市は同日、取り壊しを発表。保存運動が起き、栗原市長は8月6日に白紙撤回を表明し、協議会に代替案の検討を委ねた。

 協議会はこの日、六つの迂回道路案を提示した。このうち、委員5人中3人が丁字交差点を新設して道路を全て古墳西側に迂回させる案を推した。ほかの委員からも同案への異論はなかったが、道路建設は県公安委員会との協議が必要なため、絞り込みは避けた。他の5案も上下線分離やトンネルで古墳を避ける内容だ。

 市は県公安委と協議後、県と協議して都市計画決定を変更し、迂回道路建設を進める。

 保存を求める署名運動を展開した「高尾山古墳を守る市民の会」の杉山治孝代表は「難しい運動と覚悟していたが、市民の力が委員に通じた」と喜んだ。【石川宏】

 【ことば】高尾山古墳

 静岡県沼津市東熊堂(ひがしくまんどう)にある前方後方墳。墳丘は全長62メートル、全幅推定34メートル。230~250年ごろ築造と推定される。国史跡の弘法山古墳(長野県松本市)と並び、この時代では東日本最大級。1961年に計画決定された都市計画道路建設に伴う発掘調査(2005~09年)で古墳と判明した。

【関連記事】
なるほドリ:奈良署跡地に奈良時代の遺構? /奈良
雲仙・普賢岳:災害遺構が出土 噴火後に埋没、道路や擁壁 保存の可否、国と協議 /長崎
二条城:新駐車場、反対 市民団体、イコモスに直訴 京都 /京都
取材帳から:蝦夷のDNA /宮城
やまと人模様:JR巻向駅のトイレ掃除を40年以上続ける、上條正幸さん /奈良
最終更新:2月2日(火)20時16分毎日新聞

マツコネ2

華2

ID

これ以上の燃費を目指すなら、IDマネジャーで瞬間的落ち込むスコアを減らす事でしょうか?!
( ゚Д゚)⊃旦

夜道

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。