FC2ブログ

週末雑記。

日記
04 /01 2016
夜道

華5

気温

こんにちは、上の写真は昨日の気温ですが、晴れると初夏の気温、あっと言う間の週末、金曜日ですが、頑張ってブログ更新します。

ログ

今日は何の日、4月1日。

エイプリルフール,万愚節

罪のない嘘をついて良いとされる日。日本では「四月馬鹿」とも呼ばれる。
その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していたが、1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用した。これに反発した人々が4月1日を「嘘の新年」として位置づけ、馬鹿騒ぎをするようになったのがエイプリルフールの始まりとされている。
また、インドでは悟りの修行は春分の日から3月末まで行われていたが、すぐに迷いが生じることから、4月1日を「揶揄節」と呼んでからかったことによるとする説もある。

花4

洗車

朝方、小鳥たちが妙に囀ると思ったら、ボンネット直撃弾を発見・・・・、ゲン担ぎに洗車・給油しました、燃費はリッター約18㌔でした。

洗車2

今日の気に為る話題は此方です。


「福島の復興にムヒカさんの言葉必要」 ウルグアイ元大統領に会いに行ったフリーライター
オルタナ 3月31日(木)22時15分配信

「福島の復興にムヒカさんの言葉必要」 ウルグアイ元大統領に会いに行ったフリーライター
マテ茶を飲みながら出迎えてくれたムヒカ氏。マテ茶は毎朝飲んでいるという 写真:平井有太
「福島の復興にはムヒカさんの言葉が必要だ」――世界一貧しい大統領として知られているホセ・ムヒカ元ウルグアイ大統領に、アポイントなしで会いに行き、1時間に及ぶ独占インタビューを敢行したフリーライターがいる。ウルグアイ大使館やムヒカ氏の秘書に手紙で思いを伝え、約1カ月ねばり続けた結果、ムヒカ氏の私邸に招かれた。インタビューでは、福島と自然エネルギーなどをテーマに考えを聞いた。(オルタナS副編集長=池田 真隆)

ムヒカ氏へインタビューしたのは、フリーライターの平井有太さん(40)。平井さんは昨年11月、ムヒカ氏に取材を依頼するため南米に渡った。アポイントは取っていなく、ツテもなかったため、滞在期間は最長で1カ月と決めていた。

ウルグアイに着き、ムヒカ氏の私邸を訪ねたが、ちょうどそのタイミグで、トルコ、コロンビアへの長期外遊中だった。そこで、秘書に手紙を渡し思いを伝えた。その手紙には、どうして日本から取材しに来たのか、その理由をつづった。

平井さんは2012年から2年半、地産地消ふくしまネットの特任研究員として福島県福島市に住んでいた。放射能の影響で苦しむ生産者を間近に見てきて、「福島の復興にはムヒカさんの言葉が必要だと思っていた」と話す。

ムヒカ氏と会えたのは、予定していた滞在期間の3日前のことだった。夜に平井さんのもとへ1本の電話がかかってきた。電話をかけてきたのは、ムヒカ氏のガードマン。「明日の朝なら家で休んでいるから会える。来てみろ」という内容だった。平井さんは繰り返し、私邸に通い続けていたため、ガードマンとも顔なじみになっていた。

次の日の朝、ムヒカ氏の私邸を訪ねると、ガードマンの小屋に通され、そこにムヒカ氏はいた。「マテ茶を飲みながら迎えてくれた」と話す。インタビューの時間は1時間に及んだ。当初は30分を予定しており、取材の途中で、妻で上院議員のルシア・トポランスキー氏が「議会に行く時間よ」と止めに入ったが、「今、大切な話をしている。あとで行くから先に行っていてくれ」とスペイン語で返したという。

インタビューでは、福島県で起きた原発事故についてやエネルギー政策などについて聞いた。ウルグアイは欧州経済の低迷を利用し、自然エネルギーへの転換を実現した。同国の電力の約95%はクリーンエネルギーでまかなっており、世界屈指のエネルギー先進国だ。

福島の原発事故を起こした当事者の責任を追求できていないことに対しては、「市場原理が政策を支配する」とした。しかし、事故が起きるリスクがある原子力に頼ることへ疑問を投げかけた。「日本には優れた人材があります。技術力もあり、経済力もあります。それなのに、いまだに原子力を取り入れたエネルギー政策を続け、代わりとなるエネルギーの開発に消極的な事実に驚かされます。ドイツは思い切った決断をしました。ましてや原爆投下を被り、広島と長崎の悲劇を経験した日本が、経済的な要素を重視し、国民の想いを考慮しないエネルギー政策を進めていることは、信じられないことです」。

ムヒカ氏へのインタビュー記事は、みんな電力(東京・世田谷)が運営するウェブサイト「ENECT(エネクト)」で掲載されている。全部で3本あり、2本はすでに掲載されている。最後の記事は、ムヒカ氏が初来日する4月5日に掲載される予定だ。

【関連記事】
マツコ・デラックスさん、差別の「根っこ」語る
小森純、「電気を選ぶ基準は、お金よりも安全性」
エシカルの世界を覗いてみよう
環境エネルギーへ意識改革――「ジョシエネLABO」
NPOを裏側で支えるNPO
最終更新:3月31日(木)22時40分オルタナ


花3

「磐田新駅」の工事現場です。

駅

路

m1

m2

花2

路2

上下とも、いわゆるキャラクターです。

路3

花

巷に氾濫する「ゆるキャラ」よりも、「お地蔵さん」に癒されます。

お地蔵さん

蕾

気温2

m3

m4

夜道2

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。