FC2ブログ

週末に想う。

日記
04 /15 2016

夜道

気温

(*´~`* )こんにちは、あっと言う間の週末(*´~`*)とにかく、たたでさえ事件事故が多いのに、昨夜の熊本地方の地震は((((;゚Д゚)))))))更に驚きました。

夜景

m1

今日は何の日 4月15日 ヘリコプターの日 全日本航空事業連合会が1986年に制定。 ヘリコプターの原理を考え出したレオナルド・ダ・ビンチの1452年の誕生日。 ヘリコプターの重要性をPRし、第2の空の足として認識してもらうことを目的としている。 m2

今日の気に為る話題は此方です。

熊本震度7 続く余震、同規模では過去最高ペース 15日午前7時現在107回発生 気象庁
産経新聞 4月15日(金)8時45分配信

熊本震度7 続く余震、同規模では過去最高ペース 15日午前7時現在107回発生 気象庁

 熊本県益城町で14日夜に発生した震度7の地震で、気象庁は15日午前6時半から記者会見を開き、平成7年以降に内陸部で発生した同規模の地震としては、余震の発生が過去最高ペースで推移していることを明らかにした。余震は15日午前7時現在までに計107回発生しており、震度も最大6強に及んでいる。

 気象庁によると、今回の地震は余震の発生回数が多く、規模も大きいことから、過去に内陸部で発生した直下型地震で、今回のマグニチュード(M)6・5以上の地震と余震の発生ペースを比較。その結果、16年の新潟県中越地震(M6・8)、20年の岩手・宮城内陸地震(M7・2)に次ぐ3番目のペースで推移しており、同じM6・5級では過去最高ペースだった。

 気象庁の青木元・地震津波監視課長は「極めて余震活動が活発だった中越地震などに次ぐ非常に多い部類に入る」と述べた。その上で、「詳しく調べないと分からないが、中越地震では断層の壊れ方が複雑だった」として断層の破壊が複雑に起こった可能性を示唆した。

 気象庁は15日朝、状況把握のため、職員13人を機動調査班として派遣した。収集した情報を基に詳しい分析を進める。

 青木課長は「中越地震では発生4日後でも大きな余震が起きた。今後1週間程度は注意が必要」として注意を呼びかけている。

【関連記事】
熊本震度7 NHKのたどたどしい中継に非難の書き込み相次ぐ
熊本震度7 「熊本城死んだ…」「文化財のことも気になる」ツイッターに悲鳴
熊本震度7 活断層による直下型か 益城町付近は活断層の“交差点”
熊本に出張中の産経記者 戦慄…立っていられない「東日本より激しい揺れだ」
地震的中の早川氏が注視する“危ないエリア” 3・11から5年
最終更新:4月15日(金)9時40分産経新聞

東日本震災復興から5年以上経過して、また新たな災害が( ̄▽ ̄;)(´。・ωq)(pω・。`)此れが3連動地震の最後なら、よいのですがねぇ😢⤵⤵(;o;)(>_<)?!

花

夜道2

気温2

m3

m4

夜道3

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。