FC2ブログ

彩月の木洩れ陽。

日記
05 /06 2016

路2

ff5

花

おはようございます、待ち遠しかった(ノ´▽`*)b☆連休も残り数日・・・・・・・゚・(つД`)・゚・悔いなき木漏れ陽の中で.゚+.(・∀・)゚+.過ごした日々をブログに更新します。

橋

路

気温

今日は何の日 5月6日 

鑑眞忌

唐の高僧で、日本に渡って日本律宗を開いた鑑眞の763(天平宝字7)年の忌日。
なお、鑑眞が開山した唐招提寺では、月遅れの6月6日を「開山忌」としている。

m2

m1

扉

今日の話題は此方です。

苦難の経験糧に前へ 福島の中学生 神大進学
カナロコ by 神奈川新聞 5月6日(金)7時3分配信

苦難の経験糧に前へ 福島の中学生 神大進学
神奈川大の2年生になった田村章悟さん
 福島の中学生は苦しい状況でも笑顔を絶やさず、教師や保護者はその背中を精いっぱい支えていた。

 東日本大震災7カ月後から約1年間、福島県広野町立広野中学校を継続取材した。学校近くの旅館やホテルに宿泊し、私を含む3人の記者が定期的に学校に通い続けた。

 東京電力福島第1原発から約20~30キロの位置にある広野町は事故後、緊急時避難準備地域に指定されていた。住民のほとんどが町外へ避難。当時、役場は隣のいわき市に移転し、広野中も役場近くの中学校の一部を間借りしていた。

 約230人いた生徒は全国に散らばり、戻ってきていたのは23人だけ。教室で明るく振る舞う生徒は仮設住宅で暮らしていた。部屋には学習机も本棚もない。父親が仕事を失い、家族が離れて暮らす経験をした生徒もいた。

 心に残ったのは、3年の田村章悟さんから聞いた「震災がなかったらよかったと、もう思わない」という言葉。苦しい状況でも、前向きに生きようとする姿は大人びていた。

 田村さんはその後、神奈川大学(横浜市神奈川区)に進学し、今春2年生になった。大学を訪ねると、笑顔でこう語った。

 「震災という大きな困難があったからこそ、成長できた。家族や友人、学校の先生、多くの人に支えられたことに感謝したい。どんな困難も乗り越えられる、という心の強さが身に付いた」

 決して良い思い出ではないはずの震災をも糧に歩み続ける姿勢はまぶしく見えた。

【関連記事】
忘れまい〈23〉苦難の経験糧に前へ
転機・あの日から すれ違う故郷、それでも
福島で模擬合戦に出陣せよ 南相馬の高校生が企画
【社説】企業の被災地支援 迅速、きめ細かさが奏功
最終更新:5月6日(金)7時3分カナロコ by 神奈川新聞

路3

路4

早いモノで(;゜0゜)今年も来週には、袋井市のヱコパでB1グランプリが開催されます。

法多山

路5

路6

謎

珍しく地元紙に「パナマ文書」の記事が載ったので切り抜きましたが、約2.6TBもの情報量をハッキングした技術に驚き、その重大情報を入手しながら公表に踏み切ったのか、また最初に新聞社への、その告発者の存在も顔が見えずに謎、日本では話題に上らないのも謎、事件の背景は殆ど謎尽くしながら、以前の尖閣諸島問題よりも、世界中の広範囲での影響は(T_T)必至でしょう。
最悪の場合、そのタックスヘブン企業のサービスや商品などが世界中で不買運動にあったりする事も、容易に予測されるのに((((;゚Д゚)))))))、最終的に多大なる被害を受ける、多数の善良なる庶民達の哀しみの溜め息やウオオオオオオオアアアアアアアアアアアアアアアアアア\( ‘ω’)/叫びだけが、世界中に木霊しません様に?!

どういった容の先進20ヶ国の審議に為るかもΣ(゚□゚(゚□゚*)、興味は尽きません。 気温2

m3

m4

FF

ff2

ff3

GW連休中に期待していた((⊂(^ω^)⊃))「ライトニング」との再会もホンの(・ω・`彡 )з数時間でした。

ff4

路7

路8

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。