FC2ブログ

第2113回「バッグは何個くらい持ってますか?」

日記
05 /15 2016
今日は何の日 5月15日

商人の祝日

ローマ神話に登場する商業の神・メルクリウスの祝日。


B1グルメ


こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の山口です。今日のテーマは「バッグは何個くらい持ってますか?」です。最近お店などでバッグばかり見てしまいます片付けている時に冬に使うようなバッグばかりだなと思い夏用のバッグを急いで探し回っていましたバッグって欲しい時にかぎってなかなかお気に入りが見つかりません持っている数は私は10個あるかないかくらいかもしれないです…バッグは何個持っていても気分で変えて楽...
FC2 トラックバックテーマ:「バッグは何個くらい持ってますか?」




こんにちは、此れは頂き物をカウントすると10個前後、自分が買ったものが私用で5個(懐かしの\(//∇//)\セカンドバック2個含む)、ビジネス用で2個、此の場合は物持ちの良さが幸いなのか災いなのか(っω・`。)、自分でも判断つき難いですが、外出時に選ぶのに時間は掛かりません。




今日の気になる話題は此方です。

<熊本地震1カ月>続く休院、戻らぬ体調

毎日新聞 5月14日(土)23時4分配信

<熊本地震1カ月>続く休院、戻らぬ体調

田上カツエさん(左)に寄り添う次男英行さん=熊本県多良木町の公立多良木病院で2016年5月14日午前8時57分、蓬田正志撮影

 熊本地震では、熊本県内の医療機関の3割にあたる450の病棟にひびが入るなどの被害が出た。震源に近い益城町では17の医療機関が被災。16機関は順次再開したものの、今も続く断水や医療機器の損傷、職員の被災による人手不足のため、開院時間を短縮したり、新規患者の受け入れを取りやめたりしている。町で唯一、急性疾患に対応する病床がある東熊本病院は地震から1カ月がたった今も再開できておらず、地域医療と患者の苦難は続いている。

【熊本地震1カ月】追悼の灯、古里再生誓う

 14日朝、益城町から約60キロ離れた多良木町の病院のベッドに横たわった田上カツエさん(95)は、次男英行さん(65)の姿に表情を緩めた。心臓が悪く、入院していた東熊本病院が震度7の揺れで損壊し、多良木町への転院を余儀なくされた。被災前は毎日見舞いに来た英行さんだが、車で往復4時間かかるここにはめったに来られない。地震発生から1カ月。この間、2回しか会えなかった。

 「来てくれてありがたい」。カツエさんは涙を拭った。

 東熊本病院にはカツエさんを含め45人が入院していた。しかし、4月14日夜の揺れで電気や水道が停止。職員らが夜通しで入院患者を別の病院に搬送していた16日未明、2度目の震度7に襲われ、病棟の一部が傾いた。

 益城町の自宅が倒壊し、避難所の体育館に身を寄せている吉山澄子さん(90)は日中、段ボール製のベッドに腰掛けて過ごす。血圧が高く、約20年通った東熊本病院は休院中。今は避難所で各地から派遣された医師チームに診てもらっている。

 「いつもの病院に行きたい」とつぶやく吉山さんの横で、親類の女性は「ここでもよく診てもらっているが、体調を崩しやすくなっている」と心配する。

 別の避難所にいる北村澄子さん(81)の通院先は再開したが、持病の薬の処方などに限られ本格的な診療とはほど遠い。次男良二さん(52)は「何かあったら熊本市の病院に救急車で行くしかない」。

 阪神大震災で被災者の診療にあたり、益城町にも入っていた兵庫県医師会の田中良樹常任理事(65)は「かかりつけ医の方が患者の変化に敏感に気づけ、安心感も与えやすい」と一刻も早い復旧を願った。【蓬田正志、佐野格】
【関連記事】

本震の日に生まれた女児 スクスク成長
新耐震基準でも全壊 施工不良など多く
犠牲者68人 避難生活1万人以上
熊本出身の正代、ようやく初日
余震「減少傾向も最低1カ月は注意」

最終更新:5月15日(日)0時53分

毎日新聞

復興庁を新設、復興増税までし、東日本大震災から5年以上経過するのだから、今回は完全に行政主体で、無料ボランティアを頼らずに迅速に遅滞無く((((;゚Д゚)))))))力強く復興して頂きたいですネ。

と、遅滞しまくりの私のパソコン復旧作業ですが、一応、電源テスターなる物をオーダーしました\(//∇//)\、代わりにlinuxパソコン(中古ハードデイスクで1TBあったので)でブログアップしていますが、如何せん無料の写真の圧縮ソフトが見つからず(〃ノωノ)此方も難儀しています。

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。