FC2ブログ

蒸し暑さ倍増( ノД`)シクシク…?!

日記
08 /24 2016
夕方

路


今日は何の日 8月24日

月遅れ地蔵盆

毎月24日は地蔵の縁日で、お盆に一番近い旧暦7月24日の地蔵の縁日を地蔵盆といい、特に盛大に祝われる。
明治の改暦以降は月遅れで8月24日に行う地方もある。

気温

こんばんは(・Д・)ノ、気温には慣れた気がするけども(。-_-。)、蒸し暑さの元の湿度にはホトホト参ります(;д;)、今週も週半ば、ブログ更新も頑張っていきましょう。

m1

m2

今日の気に為る話題は此方です。


巨大災害にどう備える 3大震災の研究成果を発表
神戸新聞NEXT 8月23日(火)21時2分配信

巨大災害にどう備える 3大震災の研究成果を発表
三つの大震災や熊本地震について語る御厨貴・東大名誉教授=神戸市中央区、ラッセホール
 南海トラフ巨大地震などが危惧される中、ひょうご震災記念21世紀研究機構は23日、神戸市内で、シンポジウム「災害多発時代を迎え『国難』となる巨大災害にどう備えるか」を開いた。同機構の研究会は関東、阪神・淡路、東日本の三大震災と復興過程を4年間研究。研究会委員長を務めた御厨(みくりや)貴・東大名誉教授は「自然災害が起きる前提ですべての社会を見ていくことが今後、日本に定着する」と指摘した。

 御厨名誉教授は、阪神・淡路大震災時に政府の復興委員会委員長を務め、今月亡くなった下河辺淳氏に聞き取り調査を行った。東日本大震災では政府の復興構想会議の議長代理として、熊本地震でも熊本県設置の有識者会議のメンバーとしてそれぞれ復興に携わる。

 基調講演で、東日本大震災直後に「これで戦後が終わり、“災後”が始まる」と言ってきたことに触れ、「創造的復興になっていくかというと、現時点で半信半疑」と復興の難しさを語った。

 三大震災や熊本地震にかかわり、「日清戦争や日露戦争など戦後がいくつもあったように、災後はどの震災の後にもあった。今は地震と災後を繰り返す時代。首都直下や南海トラフなど、これからまた新たな災後がくる」と話した。

 パネル討論では震災と政権交代の関係や、支援・受援態勢、被災者支援制度などについての比較検討が報告された。東北のブロック紙、河北新報社の防災・教育室長、武田真一さんも登壇。災害報道が復興の歩みに影響している現状を伝え、「すべてのメディアが災害の当事者。災害前にも担う役割は大きい」と指摘した。(高田康夫)

【関連記事】
近畿でも大地震に警戒必要 主な活断層20本以上
国は福島原発事故を予測? 99年に津波予測図作成
バブルの“遺産” 消える公園の噴水
国宝重文11城、耐震遅れる 補強完了は姫路だけ
津波訓練ポスターに有村架純さん 兵庫県
最終更新:8月23日(火)22時16分神戸新聞NEXT

地震も気に為りますが、停滞している台風10号も気に為ります。

路5

気温2

m3

m4

本日のお愉しみ、此の色別のラインは何でしょうか?!(答えは今週末のブログに記載します。)

路4

袋井市は、若者の人口が多いのか、学習塾がかなり多数見られます。

路3

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。