FC2ブログ

普段通りの木曜日。

日記
09 /01 2016
1

気温

こんにちは(=゚ω゚)ノ、暑さは九月らしさを含んでいますがo(^▽^)o、相変わらずの湿度に(´;ω;`)ウゥゥ、最近齢のせいか季節ネタばかりですが、ブログ更新します。

路

m1

m2

今日の気に為る話題は此方です①。

災害対策の新認識「1週間分の食料確保すべき」
NEWS ポストセブン 9月1日(木)16時0分配信

 いつ大きな地震が起きてもおかしくない“地震大国”日本では、阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震など、大震災を経るたびに多くの教訓を得て、生き残るためのマニュアルを更新してきた。しかし、そのマニュアル通りに行かないことも少なくない。

 多くの防災マニュアルには、発災から3日程度で支援物資が届くと記されている。しかし、今年4月に起きた熊本地震では、3日経っても充分な支援物資が到着しない避難所が多く見られた。被災地からは食料や水などの不足を訴える声が相次いだと、災害危機管理アドバイザーの和田隆昌さんは言う。

「これまで家庭の食料備蓄は支援物資が届くまでの3日分とされていましたが、余裕をもって支援を待つためには1週間分確保しておくべきだと認識が変わりました。広い地域に被害が及ぶ可能性が高い南海トラフ巨大地震などを想定すると、なおさらです。1週間分といわれると急にハードルが上がるように感じますが、一般家庭の冷蔵庫には普段から3日分程度の食料が入っているものです。残り4日分の非常食として充当できる分を常備しておけば安心です」

 このように自然災害では想定外のことが起こり、これまでの常識が覆されることがよくある。地震大国である日本は、大震災が起こるたびに新たに教訓を得て、災害対策を進化させてきた。

 しかし、その事実を知らず、古い知識のまま止まっている人が多いのが現状だ。いざというとき後悔しないためにも、過去の震災経験を生かしてアップデートした防災最新情報を確認しておく必要がある。

※女性セブン2016年9月15日号

【関連記事】
人命救助2万人、遺体収容1万体 自衛隊の災害派遣の実績
東日本大震災で寄せられる義捐金は阪神大震災の3倍ペース
イラクで活躍「ヒゲの隊長」 震災後の自衛隊の活躍を報告
地震保険 支払い総額は1兆円規模になるとの予測
被災地で買いだめ役立ったのはミネラルウォーター、カップ麺
最終更新:9月1日(木)16時0分NEWS ポストセブン

独りで三日分のカップ麺を収集するのが趣味でしたが・・・・正直一週間分はキツイです。

気温2

路2

今日の気に為る話題は此方です②。

マツダ47万台リコール=エンジン不具合など
時事通信 9月1日(木)14時4分配信

 エンジンの制御プログラムなどに不具合があったとして、マツダは1日、「アクセラ」など7車種計47万9940台(2007年12月~16年8月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

 走行中にエンジンが止まるなどのトラブルが15年2月以降、846件起きたがけが人は出ていない。

 同省によると、その他の対象車は「CX―3」「デミオ」、日産にOEM(相手先ブランドによる生産)供給した「ラフェスタ」など。

 エンジンを制御するプログラムが不良で、排気バルブにすすがたまってエンジン出力が低下する恐れがある。また、バックドアを支える棒状部品の金属製パイプの塗装が不十分で、腐食が進んで破断し、ドアを開けた際に周りを覆うカバーが飛び散る可能性がある。 

【関連記事】
【話題の車】GVC世界初搭載、マツダ「アクセラ」1.5XD試乗
【話題の車】新型プリウスPHV試乗~ライバルはプリウスHV
【話題の車】復活! ホンダのスーパースポーツ「NSX」
【動画】ホンダ、新型「NSX」発売=人気スポーツカー、10年ぶりに復活
【話題の車】マセラティ「ギブリ」ディーゼル試乗
最終更新:9月1日(木)15時28分時事通信

こ、此れはデミオユーザーの私には直撃な話題、前回公表してくれたエアバックの通知も来ていませんが・・・・○| ̄|_。
で、即効に静岡マツダの担当店に電話したら(。Д゚; 三 ;゚Д゚)、リコール対象外の車体番号らしく(含エアバック)、無事これ名馬、一安心しました(*゚ェ゚*)。

m3

m4

橋

今日は何の日 9月1日

防災の日

伊勢湾台風が襲来した翌年の1960年に閣議決定。
1923年9月1日午前11時58分、関東大震災が発生した。
毎年、各地で防災訓練が行われる。

蒼穹

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。