FC2ブログ

秋深し。

日記
09 /25 2016
2

3


こんにちは、ようやく秋らしい日に・・・今日は午前中にイオン市野へ行き家族の買い物、その後折り返し、鴨江アートセンターで「クラウドファンディング」の講習会に行きました。
画像と詳細は明日のブログに・・・・浜松での凄惨な事件も犯人逮捕で早めに解決すると好いですね、また、ほぼ毎日殺人事件が起る様な国に為ろうとは・・・驚きと悲しみで複雑な心模様です。

気温

今日は何の日 9月25日

主婦休みの日

生活情報紙『リビング新聞』が2009年に制定。
日頃家事を主に担当している主婦がリフレッシュをする日。読者のアンケートにより1月25日・5月25日・9月25日を「主婦休みの日」とした。

m1

m2

5

4

今日の気に為る話題は此方です。


袋井の第一三共跡地 工業・物流、商業系施設誘致へ
@S[アットエス] by 静岡新聞 9月24日(土)8時29分配信

袋井の第一三共跡地 工業・物流、商業系施設誘致へ
(写真:静岡新聞社)
 東名高速道袋井インターチェンジ(IC)に近接する第一三共袋井研究センター跡地(袋井市堀越、約17ヘクタール)について、袋井市は23日、開発事業者のヨシコンが、工業・物流系施設と商業施設を誘致する計画を進めていると明らかにした。工業・物流系施設は2018年度末、商業施設は20年度末の開業を目指している。

 袋井市によると、同跡地の東側約11ヘクタールに工業・物流系、ICに面する西側約6ヘクタールに商業施設が立地する計画で、東側の土地はヨシコンが造成して進出企業に分譲、西側は賃貸するという。同社担当者は取材に対し「前向きに(進出を)検討していただいているところもあり、早めに決めたい」と話した。

 都市計画法に基づく同跡地の用途は「工業地域」。床面積が1ヘクタールを超える商業施設は立地できないため、市は今後、規制を緩和する「開発整備促進区」の導入を検討していく。東側の工業・物流系エリアは、県が財政面などで重点支援する「内陸フロンティア推進区域」の指定も目指す。

 第一三共袋井研究センターは13年9月に閉鎖し、15年6月にヨシコンが土地を取得した。既存施設も解体され、現在は更地になっている。

静岡新聞社
【関連記事】
富士に大規模集配施設 日本郵便、17年2月開業
研究開発施設、立地模索 東海大跡地 沼津市側が方針説明
中小機構の制度活用 JR清水駅前の旧西友跡地整備
スポーツワールドの跡地活用、工業用で決着へ 伊豆の国市
用地取得を正式発表 ポーラ跡地に常葉大新校舎
最終更新:9月24日(土)8時29分@S[アットエス] by 静岡新聞

気温2

m3

橋

路2

路

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。