FC2ブログ

第2180回「手帳選びで重視することと言えば?」

日記
10 /20 2016
橋

気温

路

こんにちは!トラックバックテーマ担当の岡山です今日のテーマは「手帳選びで重視することと言えば?」です10月に入って書店などに手帳が並ぶようになりましたね私は手帳コーナーで様々な手帳が並んでるのを見るのが大好きです手帳選びの中でも私が最も重視してるのはメモ欄がたくさんあるかどうかです手帳を日記代わりにしている私にとってはメモ欄の有無が決め手となりますみなさんは手帳選びの際何を重視してますかたくさんの...
FC2 トラックバックテーマ:「手帳選びで重視することと言えば?」



こんにちは(=゚ω゚)ノ、去年の半ばからクラウドワークス関連の仕事に興味を持ったので(((o(*゚▽゚*)o)))、従来から使用していたスタンダードタイプの「手帳の高橋」と、ミ☆⌒ヽ(*゚ロ゚)ノ糸井先生の「ほぼ日手帳」を加え今年は2冊の手帳を自分自身で使用しています。
一応、使い勝手と個人の創造性を活かせる手帳が理想です。

t2

残念ながら決意が空回り気味(;_;)のクラウドワークス関連の仕事の成果、またスマーフォンが便利過ぎて○| ̄|_、現在は手帳を自分なりに使い込むまでに、至っていませんが・・・・来年も二刀流もしくはスマーフォンとも併用していくつもりです?!

t1

花

m1

m2

花2

今日の気に為る話題は此方です。


『ロックコープス精神』発信! 内堀知事、グリーンCEOと懇談
福島民友新聞 10月20日(木)8時10分配信

『ロックコープス精神』発信! 内堀知事、グリーンCEOと懇談
ロックコープスのグリーンCEO(中央)と懇談し、記念撮影する内堀知事(左)
 訪米中の内堀雅雄知事は18日(日本時間19日)、復興支援を目的に2014(平成26)年から3年連続で福島市でコンサートを開催している音楽とボランティア活動を組み合わせたプロジェクト「ロックコープス」の共同創設者スティーブン・グリーン最高経営責任者(CEO)とニューヨークで懇談した。内堀知事は、同プロジェクトの活動に敬意と感謝を示し「ロックコープスの精神を日本、世界に発信していきたい」と語った。

 同プロジェクトの趣旨に賛同し、今夏まで2年連続で4時間にわたるボランティア活動に参加した内堀知事の訪米に際し、ロックコープスが交流会を企画した。

 グリーン氏は内堀知事の訪米を歓迎し「当初は3年間も福島でライブを続けられるとは思ってもみなかった。人と人がつながる音楽の力を実現できたと思う」と本県の復興支援につながる活動に手応えを示した。

 内堀知事は震災以降の5年7カ月と、南相馬市で取り組んだボランティア活動での清掃を振り返り、「私自身、音楽の力がなければ生きていくことができないと感じている。ボランティアでの清掃活動そのものが復興のステップに似ている。多くの人で心を一つに一生懸命に続ければ成し遂げられる。これからも福島がロックコープスの精神を世界に発信したい」と語った。

 ロックコープスは世界の1300以上の非営利団体と協力関係にあり、05年のニューヨークでの最初のライブ開催以来、各国で計40回以上のコンサートをプロデュース。14万人以上がボランティアに参加した。

福島民友新聞
【関連記事】
マラソン途中にスイーツ堪能 スイーツマラソン、郡山で初開催
1位「おのまち小町アイスバーガー」 ご当地バーガーグランプリ
ごはんの友...「ふりかけ」グランプリ 麓山高原豚ふりかけが銅賞
安達太良山、まるで『紅葉のじゅうたん』 色鮮やか山並み絶景
泉谷しげるさんら『音楽の力』 南相馬で「騎馬武者ロックフェス」
最終更新:10月20日(木)8時10分福島民友新聞


屋台

今日は何の日 10月20日

世界骨粗鬆症デー(World Osteoporosis Day)

国際骨粗鬆症財団(IOF)が制定。

最近は、骨のある話がトンとなくて、ヒステリーの個人攻撃的報道が多いですね?!

花3

屋台2

ログ2

此方は、久しぶりに骨のある話だと好いですね?!

ボブ・ディラン氏、ノーベル賞の熱狂と距離
 
シェアツイートクリップ2016/10/14

中高年のファンらでにぎわうボブ・ディラン氏のコンサート会場前(米ネバダ州ラスベガス)
 【ラスベガス=兼松雄一郎】ボブ・ディラン氏のノーベル賞受賞後初となるコンサートが終わった。受賞へのコメントは一切ない。同氏は受賞の喧騒(けんそう)から明らかに距離を置こうとしているように見えた。米誌ニューヨーカーが「受賞を祝おう。グロテスクなトランプ台頭に代わる明るい話題だ」との記事を出すなど、既に政治的な対立にも巻き込まれつつある。それに対し冷静に振る舞うことで米国における大統領選と音楽の蜜月関係にも一石を投じようとしているように見える。

 米西部ネバダ州ラスベガスで13日夜(現地時間)、ノーベル文学賞の受賞決定後初となるディラン氏のコンサートが開催された。開演前から多くのファンが詰めかけた。近郊から来た自営業のキース・スコット氏(59)は「1970年代からずっとファン。ノーベル賞は正当な評価だと思うよ」と笑顔をみせた。会場にはカジュアルな服装の50歳代以上とおぼしき落ち着いた白人夫婦が目立った。受賞を祝う横断幕などの浮かれたものは全くない。

 ディラン氏がステージに登場すると、観客は総立ちとなり、大歓声で迎えた。だが、同氏は受賞後のメッセージを待つかのような観客には目もくれずピアノ演奏に入った。

 「雨の日の女」、「くよくよするなよ」、「追憶のハイウエー61」、「It’s all over now baby blue」と代表曲が続く。「運命のひとひねり」でギターを持つと会場は一気に盛り上がった。

 コンサートは着席式で、スマホの使用も一切禁止という近年では珍しい厳格な会場運営。ノーベル賞受賞を受けてやって来た取材陣に対しても観客への取材は申請制にして規制するという過剰なまでの厳戒態勢だ。会場中に不自然なほど多くの係員が配置され、スマホを使っていないか監視している。

 ディラン氏は受賞後も一切コメントを出していない。コンサートではノーベル賞受賞の話題だけでなく、曲以外の会話そのものが一切なかった。ステージは暗くディラン氏の顔もかろうじて見える程度。声と曲が強調される「歌が全て」という演出だった。

 ステージでは、アンコールに応え代表曲「風に吹かれて」を演奏した後、最後はフランク・シナトラが歌って有名な「Why try to change me now(なぜ今僕の気持ちを変えようとするの?)」で締めた。世間から少し離れた自分の世界に入り「そっとしといて」と歌う曲だ。意味ありげな選曲だった。

 「詩人」と呼ばれるディラン氏はかすれた声で言葉を一つ一つ慎重に曲に乗せ、ほぼ全ての曲を独白するように歌い上げた。原曲に様々なアレンジが加わっており、ライブならではの楽しさがあふれる。それに独白調のボソボソとした歌唱が加わることで、かつてのような政治性やフォークの要素は驚くほど感じさせない。今のパフォーマンスはおそらく熱狂的なフォークファンなら物足りなさを感じるものだろう。

 日本ではロックフェスで政治的な言論活動をすることの是非が一時期ネットで盛り上がっていたが、米国では音楽ジャンルが歴史的に政治と密接に結びついており、そもそもそんなことは問題にならない。

 「共和党の候補者よ。おまえこそクビだ!」10月5日、サンフランシスコ近郊。米顧客情報管理(CRM)大手セールスフォース・ドットコムが主催するイベントでライブを開催したロックバンドU2のボノ氏はこう叫んだ。民主党の支持者が多い観客席からは大歓声が上がる。ステージの巨大画面には共和党のドナルド・トランプ候補が映し出されている。同氏をあおる激しい批判のメッセージが続く。

 ライブの後、民主党の熱烈な支持者として知られる主催者のセールスフォースのマーク・ベニオフ最高経営責任者(CEO)は「素晴らしいメッセージだった」と投稿した。U2のパフォーマンスは米国における重要な政治の道具としての音楽の姿を改めて印象づけた。

 この文脈で民主党、リベラル派が特に好んで使うのがフォークだ。ヒラリー・クリントン候補と民主党の指名を争ったバーニー・サンダース氏の集会で繰り返し使われていたのはフォーク色が強いサイモン・ガーファンクルの「アメリカ」やニール・ヤング氏の「ロッキン・イン・ザ・フリーワールド」などだ。

 一方、カントリーを好むのが共和党。米人気ポップ歌手テイラー・スウィフト氏はもともとカントリー歌手で、共和党支持者として知られる。共和党のブッシュ政権のイラク政策を批判した米カントリーバンド、ディクシー・チックスがファンから猛反発を浴び、謝罪に追い込まれたこともあった。これもファンに共和党支持者が多いためだ。

 また、二大政党ともに雰囲気を盛り上げるためにイベントでロックの曲を使うことも多い。だが、歴史的に選挙への曲の使用を巡ってはよくトラブルが起こっている。一般的にミュージシャン側はリベラルな傾向があり、民主党支持者が多いためだ。

 今回の大統領選では、トランプ候補がローリング・ストーンズ、エルトン・ジョン氏ら多くのミュージシャンから曲の使用で抗議を受けている。ストーンズは人種差別の厳しい環境の中から生まれてきたブルースの影響が濃い。エルトン・ジョン氏は両性愛者だと公言している。共和党の支持母体には人種や同性婚への差別是正に消極的な保守系団体も多い。どちらも政治性を意識してトランプ氏に限らず、曲の使用に反対した可能性は十分ある。

 かつてディラン氏はこの民主党色が強いフォークの象徴であり、音楽と政治の蜜月を体現した存在だった。共和党の支持層と重なる保守系団体を激しく批判したこともある。明らかに思想信条は民主党寄りで、オバマ政権誕生を歓迎するコメントを出し、2010年にはホワイトハウスに招かれコンサートに参加したこともある。

 ただ、その一方で「答えは風に吹かれている」と繰り返す代表曲「風に吹かれて」に象徴されるように、基本的には特定の思想信条や政党に深入りすることにはずっと懐疑的な立場を取り続けてきた一面もある。ディラン氏の音楽遍歴もそれを反映している。政治色の強いフォークを離れ、ロック、ブルース、ゴスペルなどが入り交じる音楽に、旧約聖書の詩篇、シェイクスピアなどエリザベス朝文学から影響を受けた抽象的なモチーフを乗せる独自の様式を築き上げてきた。

 ディラン氏のコンサート会場では曲や歌詞にうなずきながら座って音楽をじっくり楽しむ客が大半だ。全体的にジャズのコンサートに近いような落ち着いた雰囲気だ。熱狂から一定の距離をおくこと、冷静に考えること。そこには大統領選を控えた米国の国民にディラン氏が歌を通じて求めている姿が体現されているようにも見えた。

万華鏡の様な散文的詩人なのでノーベル文学賞でもよろしいのですが、個人的には、数少ないアメリカンレジェンド、その特異な存在からノーベル平和賞の方がより相応しい様にも思いますが・・・・?!

ログ

気温2

m3

m4


橋

橋2


スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。