FC2ブログ

雨のち・・・・?!

日記
11 /09 2016
橋

気温

今日は何の日 11月9日

ベルリンの壁崩壊の日

1989(平成元)年、ドイツ・西ベルリンを囲んでいた「ベルリンの壁」が取り壊された。
東西ドイツの統一や東欧の国々の民主化、冷戦の終結のきっかけとなった。
また、1938年のこの日にはナチスによるユダヤ人襲撃事件「水晶の夜」があり、1918年には帝政が廃止された。

屋台

こんにちは(=゚ω゚)ノ、最近は気温もグッと下がって急激に寒い日に変化しつつありますね、風邪気味かなと思ったら通勤路沿道でのミカン農家で「蜜柑」の小売りなどを買って対策していますが、皆さんは寒さ対策は如何でしょうか?!

イオン

華2

m1

m2

路

気温2

夜道

華


m3

m4

夜道2

今日の気に為る話題は此方です。


避難者つながる契機に 東日本大震災「不安や葛藤、打ち明けて」



宮崎市で開かれた避難者の交流会=昨年3月(うみがめのたまご提供)

 東日本大震災の影響で福島県などから大分県に避難している人たちの交流・相談会が20日、大分市の県総合社会福祉会館である。九州に避難している人たちでつくる「うみがめのたまご~3・11ネットワーク~」(宮崎県、古田ひろみ代表)の主催。古田さんは「避難者同士がつながるきっかけにしたい」と参加を呼び掛けている。

 古田さんは千葉市出身。東日本大震災による東京電力福島第1原発事故が、小学校入学を控えた長男の体調に影響するかもしれないと懸念し、宮崎県内に自主避難した。
 地域住民は優しく接してくれているが、将来への不安などを誰にも相談できずに一人で抱え込んでいたという。「心理的な居場所がなかった」と振り返る。
 宮城県と千葉県から宮崎県内に避難していた2組の親子に出会ったことで「一緒に考えていく仲間ができ、気持ちがほぐれた」。ようやく素直な気持ちになったとき、涙があふれたという。
 避難者同士で思いを分かち合う交流の場をつくる必要性を実感。千葉で子育て支援活動をしていたノウハウを生かし、これまでに150回以上の交流会を宮崎県内を中心に福岡、鹿児島など各県で開催してきた。
 震災から5年以上が過ぎた。「ふとしたときに、古里に戻ったほうがいいのか、このままでいいのかと気持ちが揺れることがある」と古田さん。不安や葛藤を安心して打ち明け、支え合うために交流会を開く。
 20日は、福島県職員が住宅などの支援策を説明。司法書士による個人相談も受けられる。午前の部(午前10時から)と午後の部(午後1時から)がある。事前申し込み制で、参加は無料。要望に応じて大分での交流会を継続する。
 問い合わせ、申し込みは午前10時~午後4時に古田さん(TEL080・6679・4899)へ。

<メモ>
 県被災者受入対策室によると、東日本大震災により大分県に避難している人は、69世帯、172人(10月末現在)。福島県からが43世帯、101人で最も多く、千葉県、宮城県と続く。ピーク時の2011年9月には168世帯、381人が大分県内に避難していた。
※この記事は、11月9日大分合同新聞朝刊19ページに掲載されています。


路

ログ

華3

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。