FC2ブログ

冬の日曜日。

日記
02 /05 2017
車

今日は何の日 2月5日

長崎二十六聖人殉教の日

1596(慶長元)年のこの日、豊臣秀吉のキリスト教弾圧により、長崎西坂で26人のキリスト教徒が処刑された。
殉教したのはペトロ・バプチスタ神父ら外国人6人と三木パウロ、茨木ルドビコ神父ら日本人20人で、この26人は1862年にローマ教皇ピウス9世によって聖人に列せられた。

路

木

こんばんは(=゚ω゚)ノ、今日は、ほぼ終日小雨模様でしたので時間の都合上、写真は土曜日に撮影されたモノです。
土曜日の撮影散歩時は、不思議なほど小鳥たちの姿を観る|д゚)チラッことが出来ました。

花

鳥

今日の気に為る話題は此方です。

「復興感じる」石巻市民52% 2年でアップ
河北新報 2/5(日) 11:30配信

 東日本大震災で被災した宮城県石巻市は、本年度の市民意識調査結果をまとめた。「復旧復興が進んでいると感じるか」との問いに「はい」と答えた割合は約半数の52.1%で、2年前の前回調査の28.6%を大きく上回った。

 進んでいる分野では、複数回答で住宅再建が81.5%と最も高く、医療体制の再構築48.3%、堤防や道路などの基盤整備44.2%と続いた。災害公営住宅が相次いで完成し、昨年9月に市立病院が再開したことなどが影響したとみられる。

 一方で同じ質問に「いいえ」と答えた割合は46.2%。遅れている事業としては、堤防や道路などの基盤整備66.5%、住宅再建52.2%、産業の再生・雇用の創出36.8%などの項目が選ばれた。

 調査は今回から対象年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げて実施。無作為で抽出した市内2700人に昨年9月に調査票を発送し、1029人(回収率38.1%)から回答を得た。質問は震災関連や男女共同参画、子育て支援など6項目について尋ねた。

 市復興政策課の担当者は「見える形で進む分野は復興を実感してもらえている。基盤整備や産業の再生で遅れを感じている人も多く、復興事業を着実に進めたい」と話している。

【関連記事】
被災地定点観測 宮城復興への道筋撮る
石巻市中心部に新商業スペースがオープン
五輪合宿地 石巻市、米野球チーム誘致へ
仮設住宅200世帯超で再建「不明」 石巻市調査
復興状況を発信 石巻市が情報交流館開設
最終更新:2/5(日) 11:30河北新報

車2

ログ

花2

晴天時の土曜日、日中は(*゚Q゚*)15度を越える場面もありました。

気温

m1

路2

路3

m3

車3

やはり、日没後はこんな感じの(´;ω;`)気温です。

気温3

路4

m3

m4

花3

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。