FC2ブログ

霧雨の日曜日。

日記
04 /09 2017
イオン

桜

祭り

今日は何の日 4月9日

美術展の日

1667年のこの日、パリで世界初の美術展が開催された。


食と野菜ソムリエの日

日本ベジタブル&フルーツマイスター協会が制定。
四(し)九(く)で「しょく」の語呂合せ。
日本ベジタブル&フルーツマイスター協会


広場

こんにちは(^-^)/、霧雨の朝、普段通りの日曜日、午前中に家族の買い物でイオンへ、その後、瞬間「ポケ活」で「ウリムー」の巣:浜松緑花推進センター「みどりーな」飯田公園へ行きました。

広場2

気温

交差点

プ

イオンへ出掛ける前に、家庭菜園のプランターへ「ミニトマト」X2と「バジル」、「枝豆:湯上がり娘」を植えました。

プ2

m1

m2

今日の気に為る話題は此方です。

桜並木再び笑顔満開 富岡「復興の集い」
福島民報 4/9(日) 10:50配信

 東京電力福島第一原発事故による避難区域が今春、一部を除いて解除された福島県富岡町の「復興の集い2017」は8日、町内で催された。帰還した住民らが大勢、足を運び、夜の森地区の桜のトンネルなどを歩行者天国にして繰り広げた多彩なイベントを楽しんだ。「懐かしい顔に出会い、生活を再建する意欲が湧いてきた」。待ちこがれた花の季節に、笑顔がはじけた。
 いわき市の仮設住宅で暮らしていた無職猪狩ヤスヨさん(75)はこの日、町内の災害公営住宅に引っ越した。よさこいやステージイベントを鑑賞し、夢にまで見た古里での生活が始まると実感した。「こんなに大勢の人を目にするのは久しぶり」と目を細め、「これを機に多くの町民が戻ってほしい」と願った。
 いわき市の災害公営住宅から駆け付けた無職遠藤啓子さん(77)は町文化交流センター「学びの森」で行われた帰町開始記念式典に出席し、町民歌「富岡わがまち」を歌った。歌詞には太平洋や夜の森の桜が登場する。いとしい風景が脳裏をよぎり、胸がいっぱいになった。「やはり富岡が最高」と感無量の表情を浮かべた。
 会社員山崎里沙さん(28)は小学2年の長男陽向(はると)君(7つ)と、桜のトンネルを走る観光用の人力車を楽しんだ。いわき市で避難生活を続けており、息子に生まれた場所を一目見せてあげたい|という思いにかられた。「東日本大震災前のにぎわいがよみがえった。今後も町民が集まるイベントを開いてほしい」と訴えた。

福島民報社
最終更新:4/9(日) 10:57 福島民報

入口2

入口

ほぼ桜満開の「飯田公園」、雨模様の天候にもかかわらず、浜松市の「園芸」熱は高いのか、来訪客も多かったです。

桜2

名

鳥
池

亀

御約束のように、池から御出迎えしてくれる亀、「浦島太郎」気分ながらも、進化アイテム「太陽の石」で、何とか「キマワリ」獲得でございます。

7

3

4

小雨模様の中小一時間、正確にはほぼ50分で、「ウリムー」9体、なんとかパイルの実のブースト使いまくり進化分を確保して、帰宅しました。

6

桜3

手書き

灯油

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。