FC2ブログ

駆け足の日曜日に。

日記
05 /22 2017
イオン

鹿

今日は何の日 5月22日

夫婦の日
毎月の22日。「22」を「フーフ」にかけた語呂合わせによる。夫婦対話で明るいマイホーム作りをと1987年に毎日新聞が提唱し、制定。

神木

( ノ゚Д゚)おはようございます、ようやく静岡県浜松市でも夏めいて気温も高目に、汗ばみながらも日曜日のイオン市野店での買い物を済ませて、久しぶりに駆け足で浜名湖周辺に出掛けました。
一気に写真量が三倍以上に増えるので明日以降に、3部作ぐらいで連日ブログで掲載します。

気温

3

1

狛

2

イオン市野店にポケストップ追加、首を永くしてお待ちしておりました。

2s


今日の気に為る話題は此方です。

<リボーンアートフェス>ボランティアを募集
河北新報 5/20(土) 20:00配信

<リボーンアートフェス>ボランティアを募集
こじか隊のボランティアメンバーを募集する佐竹さん(右)とスタッフ
 東日本大震災で被災した石巻市の牡鹿半島を中心に7月22日から51日間にわたって開かれるアートと音楽、食の総合祭「リボーンアート・フェスティバル2017」の実行委員会が、運営を支えるボランティアサポーター「こじか隊」のメンバーを募集している。

 活動内容はアーティストの作品制作の手伝いや会場の清掃、祭りのPRなど。総合祭の開催期間中はインフォメーションコーナーやアート作品の展示会場の受付も担当する。

 小学生以上で、小中学生は保護者の同伴が必要。居住地域は問わず、リボーンアート・フェスティバルのホームページから応募できる。期限は設けていない。

 登録したサポーターには活動内容がメールで随時知らされ、各自が希望する活動を選べる。既に約720人が登録。仙台市が最も多く、東京などからも申し込みがあるという。

 開幕まではPR活動や清掃活動の手伝いが中心。石巻市内の商業施設で17日から行われたPRイベントには、今月こじか隊に入隊した栗原市の主婦佐竹久美子さん(53)が参加。「誰かのために何かしたいと申し込んだ。新しいことに挑戦し、自分が成長する機会にもなればいい」と話す。

 運営事務局スタッフの鈴木茜さん(32)は「一緒に楽しめる人に参加してほしい。まずは登録して、やってみたいボランティアがあれば協力してほしい」と呼び掛ける。

 リボーンアート・フェスティバルは実行委と一般社団法人「APバンク」(東京)の主催。宮城県や河北新報社などが共催する。

【関連記事】
<3.11と今>小林武史 アートで交流広げる
昨年のプレイベントには全国から4万人が集まった
<ユアスタ仙台>6年の思い込め八神さんライブ
被災地にライブホール 17年5月誕生
<写真特集>被災地に寄り添う 文化・芸能人編
最終更新:5/20(土) 20:00 河北新報

イオン2



m1

m2

k1

「カール伯父さんの家庭菜園」報告、ミニトマト54.6㎝、枝豆「福娘」39.3㎝でした。(5月20日 午後12時8分計測)

犬

花

気温2

狛2

此方は、春日神社の狛犬さん達、製作年代のせいか、手彫り感を優先させているのかしら?!

犬2

m3

m4

急な温度変化で、ランニングアプリが落ちまくりでした。

1

結局サブのアプリで、此れからはログ記載に為りそうです。

2

3

鹿2


スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。