FC2ブログ

第2274回「好きな人に告白した経験は?」

日記
05 /29 2017
蒼穹

気温

今日は何の日 5月29日

ユッカヌヒー
旧暦の五月四日。一年の豊漁と航海の安全を願う爬龍船競漕(ハーリー)が沖縄の各地で行われる。ユッカヌヒーは「四日の日(よっかのひ)」の意味。旧暦五月四日当日か、その前後の休日に行われている。

道2


こんにちは!トラックバックテーマ担当の梅宮です今日のテーマは「好きな人に告白した事は?」です近ごろ草食系男子というものが流行っていますが、みなさんは好きな人に告白した経験はありますか梅宮は好きな人ができたなら、自分から告白します結果は気にせず自分の気持ちは相手に伝える事が大切だと思うのでみなさんは好きな人に告白した経験はありますかたくさんの回答、お待ちしておりますトラックバックテーマで使っている絵...
FC2 トラックバックテーマ:「好きな人に告白した経験は?」



こんばんは(^-^)/、是は以前のトラックバックでも書いた様な気が・・・・・・( ^ω^)・・・・・・、恥を忍んで自分自身の「黒歴史」:確か「幼稚園」の頃にした記憶があります。

イオン

イオン市野店でもやっぱり売り切れな明治製菓の「カール」商品類、売り場で「売り切れ」だと欲しくなるのか?!
テレビ等の報道を冷静に見れば単なるメーカーの「生産調整」なのにどうして・・新手の販売促進なのか?_!
だとしたら相当優秀な販売宣伝みたい・・・( ^ω^)・・・其れとも不可解な大衆意識の現れでしょうか?!

イオン2

今日の気に為る話題は此方です。


硯から“石皿”へ 伊達政宗公も愛した硯石、「雄勝石」ひそかなブームに
日刊工業新聞電子版 5/27(土) 16:07配信

硯から“石皿”へ 伊達政宗公も愛した硯石、「雄勝石」ひそかなブームに
保温・保冷にも優れる「雄勝石皿」
東京駅屋根のスレート材に
 雄勝硯(おがつすずり)の素材として名高い雄勝石。1985年に通商産業大臣(現経済産業大臣)指定伝統的工芸品になったが、その歴史は室町時代までさかのぼると言われる。産地の宮城県石巻市雄勝町の硯工場は東日本大震災の津波で壊滅的な打撃を受けた。それから6年。「雄勝石皿」として生まれ変わり、感度が高い料理店やセレブたちの間で静かなブームを呼んでいる。


 雄勝石は2億年以上前の断層から採れる黒色硬質粘板岩。高級硯に使われるように、美しい漆黒の輝きと同時に、吸水性が低く化学的作用や長い年月にも耐えることが特徴だ。震災後、流された石材を回収。東京駅改修工事で屋根のスレート材に使われたことも記憶に新しい。

 雄勝石の歴史は古く、600年以上前から雄勝硯の素材として使われてきた。「石を見る」と書いて「硯」と読む。江戸時代の初めには牡鹿半島に鹿狩りに訪れた伊達政宗からいたく称賛され、褒美を授かったことが伝えられている。伊達家2代目の忠宗もその巧みな技法に感服。硯師を伊達藩に召し抱え、石の山を「お止め山」として一般人が採取することを禁じたという。

硯から“石皿”へ 伊達政宗公も愛した硯石、「雄勝石」ひそかなブームに
飲食店などに加えて結婚式の引き出物としても高く評価されているという(工芸ショップ『雨晴』の金子憲一さん)
気品のある黒を生かし食器に
 「震災前は国産硯の9割を占めていましたが、まだ職人さんが避難しているため今は職員たちが作っている石皿が主力商品です」と、雄勝硯生産販売協同組合(宮城県石巻市)事務局長の千葉隆志さん。

 雄勝石の特性を活かし、新たな用途として協同組合と石巻市が開発した料理皿は黒光りする美しさに加え、保温・保冷にも優れるといった特徴も併せ持つ。刺し身やすき焼きの具材、オードブルの盛り付け皿のほか、天ぷらなど温かい料理のプレートとしても最適だ。

 東京・白金台の外苑西通りにある工芸ショップ『雨晴(あまはれ)』(東京都港区)。15年12月にオープンしたこの店には、流行に敏感な『シロガネーゼ』達が集う。

 同店をプロデュースする金子憲一さんは「飲食店からの引き合いのほか、近所に住む女性が買っていかれます。結婚式の引き出物としてご注文いただいたこともあります。震災から数年たったので、出荷が可能ならばと、雄勝硯組合さんにお声をかけさせてもらいました」と話す。

 ガラス張りのオシャレな店内には江戸切子や南部鉄瓶など全国の名産工芸品が並ぶ。その店頭を飾るのは雄勝石皿だ。

【関連記事】
日本・東日本大震災6カ月、宮城県「雄勝硯」再起へ 伝統工芸未来につなぐ
漆黒の色ガラスに直線的でモダンな模様、江戸切子の新潮流「KUROCO」に脚光
仙台で生まれ育った「玉虫塗」、80年に及ぶ伝統的技法と最先端技術で進化続ける
「大谷ブランド」再び 採石場跡地の地下水活用、自然エネで新産業確立
雪でサーバー冷やせ! 北海道美唄市など、ホワイトDC構想推進-廃熱で植物栽培も
最終更新:5/27(土) 16:07 日刊工業新聞電子版

道

k1

今日も売り切れでご機嫌な「カール伯父さん」、喜びついでに「家庭菜園」報告を、先ずは①ミニトマト「ピンキー」が54.8㎝です。

k2

k3

続いて隣のプランター、②ミニトマト「アイコ」が107.8㎝、隣の③バジルが24.4㎝でした。

k4

更にもう1つのプランター、完全に生育順調でジャングルにいる「〇〇探検隊」みたいな「カール伯父さん」、名もなき「ミニトマト」が75.8㎝、同プランターの枝豆「福娘」が28.5㎝でした。(五月二十八日午前9時35分計測)

k5

k6

m1

m2

駅前

使っている手持ちの靴下が2足ほど破れたので、遠鉄百貨店で購入しました。

購入

更に嬉しい続報です。

【速報】佐藤琢磨が歴史的快挙。日本人初のインディ500制覇を成し遂げる
オートスポーツweb 5/29(月) 5:02配信

 5月28日にインディアナポリス・モータースピードウェイで開催されたインディカー・シリーズ第6戦第101回インディ500。8度目のインディ500に挑んだ佐藤琢磨が日本人初となるインディ500制覇を成し遂げた。


 気温22度、うす曇りのなかスタートが切られた2017年のインディ500。ポールポジションのスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)を先頭に12時26分にグリーンフラッグが振られた。F1モナコGPを欠場しインディ500に挑戦しているフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ・アンドレッティ)は、佐藤琢磨(アンドレッティ・オートスポート)のとなり2列目センターポジションからスタートするも、ポジションを9番手にダウンしてしまう。

 序盤は7番手からスタートでジャンプアップしたトニー・カナーンがトップに立ち、ガナッシ・デュオが交互にレースをリード。28周目にカナーンがまずはピットイン。ほかのドライバーも続いていき、アロンソも30周目終わりに初めてのピットイン作業を終える。各車ピットインを終えるとトップはエド・カーペンター(エド・カーペンター・レーシング)、2番手にアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)という展開に。アロンソは3番手に浮上する。

 アロンソは36周目のストレートでカーペンターをかわし2番手に、その翌周にはロッシを抜きトップに浮上。初のリードラップを記録する。44周目には琢磨がカーペンターをかわし、アンドレッティ・オートスポートがワン・ツー・スリーでレースを進めた。

 しかし、53周目に大きなアクシデントが起きる。コーナーを回りきれずウォールにヒットしたジェイ・ハワード(シュミット・ピーターソン)とコース中央付近でディクソンがぶつかり、ディクソンのマシンは宙を舞ってイン側の壁にヒット。マシン後部を失う大きなクラッシュとなった。レースはSAFERウォールや金網の修復のために55周目にレッドフラッグが振られ、一時中断となる。

 20分ほどでレースはアロンソをトップに再開する。アンドレッティ・オートスポート勢は好調で、アロンソ、ロッシ、琢磨、ライアン・ハンター-レイがトップ4を占めながらレースを進める。琢磨も65周目にトップに浮上。2012年以来のリードラップを記録した。

 その後、コナー・デイリー(AJフォイト)のクラッシュやデブリによって2度のコーションが入り、レースは中盤戦へ。ピット作業で遅れた琢磨は徐々にポジションをダウン。レース半分、100周目を終えた段階での順位は、ステイアウトしピット戦略を変えてきたエリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー)がトップ。ハンター-レイ、ロッシ、アロンソ、カナーンと続く。

 好調のアンドレッティ勢だったが、137周目にハンター-レイがエンジントラブルでリタイア。そのコーションのピット作業でロッシもエンジンをストールしてしまいトップ争いから脱落してしまう。167周目、チャーリー・キンボール(チップ・ガナッシ)がエンジントラブルで再びコーションに。ここで多くのドライバーが最後のピットインし、レースは最後のスティントへ入った。

 トップはコーション前にピット作業したマックス・チルトン(チップ・ガナッシ)がトップ。エド・ジョーンズ(デイル・コイン)も同タイミングでピットインしており2番手に浮上。3番手にカストロネベス、4番手にジェームス・デイビソン(デイル・コイン)、琢磨は5番手と好位置につけ、アロンソは9番手。

 172周目にリスタートを迎え、激しい上位争いが展開される。179周目、佐藤琢磨はターン1でアウトからジョーンズとカストロネベスをかわし2番手に浮上する。一方、ポジションを上げトップ争いに加わろうとしていたアロンソだったが、180周目にエンジントラブルが襲いリタイアに。ここまで素晴らしい走りをみせてくれたアロンソに、スタンドからも惜しむリタイアを惜しむ大きな声援が送られた。

 184周目にリスタートが切られるも多重クラッシュが発生し、9度目のコーションに。デイビソンとオリオール・セルビアが接触しウォールにヒットし、その2台を避けたジェームズ・ヒンチクリフ(ジェームス・ヒンチクリフ)とパワーが接触。ジョセフ・ニューガーデン(ジェームス・ヒンチクリフ)もスピンを喫しイン側にヒット。5台がクラッシュする大きなアクシデントとなったが、幸いにもドライバーは無事のようだ。

 2017年のインディ500は残り11周で大詰めとなる最後のリスタートが切られた。トップはチルトン、琢磨が2番手、3番手にはジョーンズを交わしたカストロネベスが続く。残り7周、ターン3でカストロネベスがチルトンをかわしトップに浮上し、琢磨も続く。そして残り5周、今度はカストロネベスをかわして琢磨がトップに浮上した。

 逃げる琢磨、追うカストロネベス。緊迫したトップ争いは、琢磨がトップのまま、ラスト1周のホワイトフラッグが振られる。

 琢磨はそのままカストロネベスの追撃を振り切り、トップをキープしチェッカーフラッグ! 日本人初のインディ500制覇という偉業を達成した。琢磨にとって2013年以来のインディカー・シリーズ2勝目は、モータースポーツの歴史に名を刻む大きな1勝となった。

[オートスポーツweb ]



【関連記事】
【動画】第101回インディ500:ディクソンがマシン後部を失う大クラッシュ
第101回インディ500:アロンソがトップに浮上もディクソンの大クラッシュで55周目に一時中断
第101回インディ500/高まる琢磨への期待、最終プラクティスで2番手。アロンソも好調
初のファスト9進出を果たした佐藤琢磨「アタックを楽しむことができた」
琢磨、過去最高の仕上がりだからこその本音「ほんとに怖い(笑)。何度もやりたくない」
最終更新:5/29(月) 9:05 オートスポーツweb

29

29-

駅前2

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

ヤスミン

FC2ブログへようこそ!

徒然なる日常を、冷静に写真で振り返る、Google LocalGuideの叔父さん用備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園を写真で記録、お気軽にお寄り下さい。