FC2ブログ

雨の切れ間に。

日記
10 /18 2017
看板

今日は何の日 10月18日

統計の日

国民に統計の重要性を理解してもらおうと、1973年に政府が制定。
日付は1870年に今の生産統計の起源となった「府県物産表」についての太政官布告の公布日が、旧暦9月24日(新暦10月18日)だったことから。

気温

道

( ノ゚Д゚)おはようございます、やはり肌寒い早朝、雨の切れた束の間、曇り空に散歩しました。

1

2

以前なら一週間はワイドナショーの話題に為った様な驚く様な事故・事件が最近、稚拙なブログでは扱い切れないほど桁違いに増えているのに、「治安向上」は今度の総選挙のどの政党のスローガンにも一切入らず、力無い庶民の独りとしてはひょっとしたら「歴史的悪代官時代では?」とまで、思います。

m1

m2

荷台

通勤路で見掛けたトラックのキャッチコピー、此方も「昭和」の残り香か、社長さんの気質が「伴忠太」の親爺さん「伴大造」さん似なんでしょうか?!(勝手な想像でスミマセン)

* 伴 宙太(ばん ちゅうた)は、梶原一騎原作・川崎のぼる作画の野球漫画・アニメ『巨人の星』に登場する架空の人物。右投げ右打ち、捕手。主人公星飛雄馬の友で、のちにライバルとして飛雄馬の父・一徹とともに立ちはだかる。
声優は八奈見乗児(TV版・劇場版)、玄田哲章(まんがビデオ版)。

気温2

看板2

今日の気に為る話題は此方です。

<空自ヘリ不明>夜間の洋上で救助の捜索訓練中 機体消える
10/17(火) 21:47配信 毎日新聞

<空自ヘリ不明>夜間の洋上で救助の捜索訓練中 機体消える
航空自衛隊の救難ヘリコプターUH60J
 ◇防衛省は墜落断定 浜松基地南31キロの太平洋上 乗員4人

 17日午後6時ごろ、航空自衛隊浜松基地(浜松市西区)の南約31キロの太平洋上で、同基地所属のUH60J救難ヘリコプターが訓練中にレーダーから消えた。周辺の洋上でヘリの扉などとみられる複数の部品が見つかり、防衛省は墜落したと断定。機長の花房明寛3等空佐(42)ら乗っていた4人の隊員を捜している。

 空自によると、UH60Jは同基地の浜松救難隊所属。レーダーから消える10分ほど前の17日午後5時50分ごろに基地を飛び立ち、暗視装置を使って洋上で要救助者を捜索する訓練をしていた。機長の他、副操縦士や整備員らが乗っていたが、直前の交信で緊急を要するやり取りはなく、救難信号も確認されていない。天候は曇り、視界は良好だったという。

 空自は同6時40分ごろから別の救難ヘリや捜索機で周辺海域を捜索し、同8時25分ごろに「航空自衛隊」と書かれたドアを見つけたほか、燃料タンクやタイヤ、ストレッチャーなどヘリの部品や搭載品とみられるものを洋上で確認した。

 UH60Jは米国製の救難ヘリ「ブラック・ホーク」の改造型で、1988年度から調達が始まった。全長15・6メートル、幅5・4メートル。救助者を捜索するための赤外線暗視装置や気象レーダーなどを備え、航続距離が最大約1300キロと長いのが特徴。5人が搭乗できる。

 自衛隊では今年、大きな航空機事故が相次いでいる。5月に北海道の山中に陸自の連絡偵察機が墜落して乗員4人が死亡。8月には海自岩国航空基地(山口県岩国市)で輸送ヘリが横転して4人が負傷したほか、青森県沖で海自の哨戒ヘリが墜落し、1人は救助されたものの3人が行方不明になっている。

 17日夜、防衛省で報道陣の取材に応じた小野寺五典防衛相は「一番大切な安全を確保した上で訓練や任務を行うことを肝に銘じるべきだ。事故が続いており、しっかり(気を)引き締めて対応しなければならない」と話した。【前谷宏】

【関連記事】
青森沖・海自ヘリ墜落「気がついたら機内に海水」
戦闘機F-15、ペトリオット…航空自衛隊の主な装備
海保「入室お断り」の部屋 その正体は
日航123便墜落 その時、羽田空港管制室は…
日航123便墜落 生還可能性に挑んだ技術者とパイロット

最終更新:10/17(火) 23:41
毎日新聞

道路上だけでなく、蒼穹の事故も増えていますね?!

m3

m4

道2

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

愛車は「頭文字 D(Mazda デミオ)」の「やっとこ」です、徒然なる日常を一言日記風に綴り始めて8年越え、現在は写真日記風備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園までの趣味を叔父さん目線で綴る日々、俳優・山田孝之さんとは別人、お気軽にお寄り下さい。