FC2ブログ

第2344回「文化の日に何をしますか?」

日記
11 /03 2017
夕暮れ

気温

今日は何の日 11月3日

文化の日

日本の国民の祝日の一つ。「自由と平和を愛し、文化をすすめる日」として1946年に日本国憲法が公布された日であり、文化を称える日として制定されました。

文化の日には、日本の文化の発展に功労のあった人々に対して文化勲章が天皇から授与されます。
政府の発表によると、今年2017年度の文化勲章は、雅楽の芝祐靖氏、光化学・電気化学の藤嶋昭・東京大名誉教授ら5名に授与されたそうです。

文化の日には文化勲章の授与が行われるだけでなく、文化省主催の芸術祭が開催されたり、地域によっては博物館や美術館など文化に関するイベントの参加費用・入館費用が無料になったりということもあります。
せっかくのお休みですので、「文化の日」をお得に楽しめる無料スポットで文化の秋を楽しんでみてはいかがでしょうか?
(ついランより転載)

店

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の久保です今日のテーマは「文化の日に何をしますか?」です本日は祝日、文化の日ですでも、意外と知られていないこの文化の日のルーツ。実は、もともとは明治天皇の誕生日1946年の11月3日に日本国憲法が交付されたのが今の文化の日の由来なのです!この文化の日だけは入場料が無料になる博物館や美術館、実は調べると結構あるのです!なかなか見る機会のない有名な絵画や恐竜の...


本

( ノ゚Д゚)こんばんは、昨夜、近所のローソンで受け取りました。

別段トラックバック用ではありませんが一応、当分は「読書の秋」専用に為りそうです。

FC2 トラックバックテーマ:「文化の日に何をしますか?」




夜道

m1

m2

橋

気温2

駅前

今日の気に為る話題は此方です。

<五輪霧中 大会理念を問う>(4)遺産の種/地域づくりの好機に


国際交流員の指導で地域の魅力を掘り下げる釜石商工会議所青年部のメンバー=20日、釜石市只越町

 2020年東京五輪は28日、同年7月24日の開幕まであと1000日となった。大会誘致時に掲げられた「復興五輪」は具体像が見えず、東日本大震災からの復興途上にある東北の被災地は大会への関心が盛り上がらない。政府、組織委員会、東京都は成功の道筋をどう描き、被災地は祭典に何を求めるのか。風化する復興五輪の意味を問う。(震災取材班)=5回続き

◎住民の自主性不可欠

 オーストラリア出身の女性講師の一言に受講生は意表を突かれた。
 「日本を訪れる外国人観光客が求めるのは、流ちょうな外国語での案内よりも地元の人から聞く『地域自慢』なんですよ」
 東京五輪の前年の2019年にあるラグビーワールドカップ(W杯)で、東北唯一の会場となる釜石市内で釜石商工会議所青年部が20日に開いたセミナー。市の「インバウンドおもてなしサポート事業」で助言役を務める国際交流員を講師に招いた。

<魅力を書き出す>
 受講したのは観光関連企業などに勤める20~40代の若手10人。講師の「地域自慢ができるよう、まず釜石がどんな街なのかを考えよう」との呼び掛けに、「海の幸がうまい」「交通の便が悪い」などと釜石の魅力や弱点を付箋に書き出していった。
 おもてなし事業を推進する市オープンシティ推進室の石井重成室長は「W杯に続き東京五輪も視野に入れている。閉幕後も外国人観光客を釜石に呼び込める土壌をつくりたい」と語る。
 外国人をはじめ多様な人々が楽しめる街にしたいと思う事業者が増えれば「それが街の資産になる」と石井室長は期待する。
 世界的なイベントを一過性にせず、地域づくりの好機として生かす。釜石のような動きは、東日本大震災の被災地ではまだ少ない。
 東京五輪でサッカー競技会場の宮城県。三菱総研が設立した産官学連携のレガシー共創協議会(東京)は9月下旬、五輪の遺産(レガシー)構築に向けたフォーラムを仙台市で開いた。
 大手企業が五輪などに絡めた地域づくりのプランを自治体に提案し、採用を促すマッチングが目的。参加企業は観光やコミュニティー創出といった地域課題の解決を目標とした14プランのブースを構え、説明に当たった。

<誇りが生まれる>
 大日本印刷(東京)は香川県を舞台にした漫画の人気キャラクターを使い、地元企業と共同実施した観光振興策を紹介。ヤマハミュージックジャパン(同)は住民を主体とするバンドを養成し、地域コミュニティーづくりにつなげた千葉県船橋市の事例を発表した。
 「住民が自ら楽しみながら取り組めば地域への誇りが生まれる。地域の盛り上がりが周知されれば、被災地を敬遠しがちだった外部の人も訪れやすくなる」
 ヤマハミュージックジャパン音楽の街づくり推進課の佐藤雅樹課長は住民主体の取り組みの効用をこう説明した。
 フォーラムを共催した東北経済連合会(仙台市)の小野晋常務理事は「五輪などの大会を息の長い地域づくりのきっかけと捉えることが重要。地域課題の克服は、将来的な地域経済の発展にもつながる」と指摘する。
 復興五輪の成功には、被災地が自発的に取り組む意欲が不可欠となる。


関連ページ:岩手社会
2017年10月31日火曜日

此れまで「河北新報」さんの「復興シリーズ」を連続で載せてきましたが、「五輪」絡みの復興案が実行化されるかは、現時点では「絵に描いた餅」状態、その現状を国会なりで早急に審議しないと、時間切れ未定に為りそうで、欺瞞に満ちた「モリカケ」話題で横道にそれる現状の「国会」では、庶民の悲鳴は届かないまま・・・無理は承知でブログに載せました。

夜道2

m3

m4

駅前2

靴

そして、今日の夜勤明けに「遠鉄百貨店」で、「スポーツの秋」用の「ランニングシューズ」を十年ぶりに新調しました。

靴2

夜道3

夜道4

駅前3



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

愛車は「頭文字 D(Mazda デミオ)」の「やっとこ」です、徒然なる日常を一言日記風に綴り始めて8年越え、現在は写真日記風備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園までの趣味を叔父さん目線で綴る日々、俳優・山田孝之さんとは別人、お気軽にお寄り下さい。