FC2ブログ

第2391回「焼き肉屋で必ず頼むものは?」

日記
02 /20 2018
夜道2

気温

今日は何の日 2月20日

世界社会正義の日(World Day of Social Justice)

2008(平成20)年の国連総会で制定。2009(平成21)年から実施。

歌舞伎の日

1607(慶長12)年のこの日、出雲の阿国が江戸城で将軍徳川家康や諸国の大名の前で初めて歌舞伎踊りを披露した。

梅

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当の刈谷です今日のテーマは「焼き肉屋で必ず頼むものは?」です焼肉を愛する刈谷です刈谷は「タン塩」「上カルビ」「ハラミ」「塩だれキャベツ」「ごはん(小)」を必ず頼みます気持ち悪くなるまで食べたいですお肉が焼けるまでに食べる塩だれキャベツも美味ごはん(小)がないと最後までお肉を食べることはできないので名脇役ですあぁ・・・焼肉・・・食べたい・・・みなさんが焼...

こんばんは(・Д・)ノ、ようやく強風ですが散歩が出来そうなまでに気温が緩み、庭に梅が咲きました。

さて、トラックバックですが、此れは担当者さんと殆ど同じで、「カルビ」「タン塩」「ハツ」ぐらいでしょうか?!
食べ放題なら、野菜・フルーツは必須ですね。

FC2 トラックバックテーマ:「焼き肉屋で必ず頼むものは?」




夜道

m1

m2

2

梅2

今日の気に為る話題は此方です。


福島県で熱電併給を生かすスマートシティ事業、CO2は農業に活用

2/20(火) 11:10配信

スマートジャパン
福島県で熱電併給を生かすスマートシティ事業、CO2は農業に活用

建設する地域エネルギーセンターの完成イメージ 出典:NTTファシリティーズ

 NTTファシリティーズは2018年2月15日、福島県新地町が推進する環境産業共生型の復興まちづくりの実現に向けて、新地町および10の企業・団体とともに新会社「新地スマートエナジー」を設立したと発表した。
新会社を通じて新地駅周辺でエネルギーの地産地消と、災害に強い持続可能なまちづくりを一体的に進めていく計画だ。

「新地町スマートコミュニティ事業」のイメージ 出典:NTTファシリティーズ

 現在、新地町では復興計画の一貫として「新地駅周辺被災市街地復興整備事業」を進めている。
これは町の新たな拠点となるJR新地駅周辺の活性化に向けて、交流センター、複合商業施設、スポーツ施設、若者定住促進住宅、公園・防災センターなどの公共施設や、ホテル温浴施設・農業施設・住宅など、新しいコミュニティ環境の整備を行うものだ。

 新地スマートエナジーは新地駅周辺に地域エネルギーセンターの建設と、CEMS(Community Energy Management System)を活用した地域のエネルギーマネジメントに取り組む。
地域エネルギーセンターはJR常磐線新地駅周辺地区に建設。石油資源開発が2018年3月に操業開始を予定している「相馬LNG基地」の天然ガスを活用し、ガスコージェネレーションシステムおよび自営線やガス導管などの供給インフラを整備し、新地駅周辺施設へ熱電併給を行う。
さらにガスコージェネレーションシステムから排出されたCO2は近隣の農業施設で作物の育成促進のために利用する。熱電併給事業は2018年秋の開始を予定している。

 CEMSは地域の電源や建物設備の情報を管理し、地域全体でエネルギーの需要と供給のバランスを最適化するシステムのことで、新会社は公共施設に災害時にも活用できる太陽光発電設備、蓄電池設備、ソーラー街路灯などを整備し、地域内のエネルギー需給バランスを最適化するスマートコミュニティ事業を行う。

 新会社の設立者は次の通り。新地町、石油資源開発(東京都千代田区)京葉プラントエンジニアリング(千葉県市川市)、NEC、NECキャピタルソリューション(東京都品川区)、NTTファシリティーズ、URリンケージ(東京都中央区)、日本環境技研(東京都文京区)、東邦銀行(福島市)、ふくしま未来農業協同組合(福島市)、あぶくま信用金庫(福島県南相馬市)、相双五城信用金庫(福島県相馬市)。
【関連記事】

太陽光の電力を自営線で供給、相馬市で再エネ地産地消プロジェクト
人工島に水素を使う熱電供給システム、神戸市で世界初の実証へ
明かりと情報が途切れない街へ、被災地でエネルギー管理システムが稼働を開始
電力と利益を地域に還元、宮城県の被災地に先端スマートシティ

最終更新:2/20(火) 11:10
スマートジャパン


気温2

m3

m4

道



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

愛車は「頭文字 D(Mazda デミオ)」の「やっとこ」です、徒然なる日常を一言日記風に綴り始めて8年越え、現在は写真日記風備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園までの趣味を叔父さん目線で綴る日々、俳優・山田孝之さんとは別人、お気軽にお寄り下さい。