FC2ブログ

薄曇りの休日。

日記
02 /25 2018
イオン

今日は何の日 2月25日

夕刊紙の日

1969(昭和44)年のこの日、日本初の駅売り専門の夕刊紙『夕刊フジ』が創刊した。


深良用水完成の日

1670(寛文10)年のこの日、日本の土木史上重要な意味を持つ深良用水(箱根用水)が完成した。

湖尻峠に約1200メートルのトンネルを掘って、芦ノ湖の水を富士山麓の数か村に導く用水で、深良村(現在の裾野市)の名主・大庭源之丞らが中心となって5年かけて完成させた。

花

こんにちは(・Д・)ノ、普段通りの日曜日、薄曇り故に底冷えはしますが、遠州灘特有の強風が無い分過ごし易い日でもあります。

気温

ゆるキャラ「家康君」の関連グッズを目にする度に、一体全体どれ位の種類を、どんな値段で売っているのか?!
は、かなり気に為ります。
ちゃんと市民に会計報告を、宜しくお願いします。

見る度に

今日の気に為る話題は此方です。


命見つめるアート展示 猪苗代「はじまりの美術館」

2/25(日) 12:23配信

福島民報

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から間もなく7年になるのに合わせ、福島県猪苗代町のはじまりの美術館は24日、特別企画展「ビオクラシー~『途方もない今』の少し先へ」を始めた。
 震災と原発事故を踏まえ、アーティスト平井有太さんによる造語「ビオクラシー(生命主義)」に関連する芸術作品を通し、命の大切さや県内の現状について見つめ直す機会を提案する。
 初日は東京都の写真家岩根愛さんが原発事故の帰還困難区域内にある飯舘村長泥地区に続く桜並木を撮影した作品を背景に、双葉町の標葉せんだん太鼓の演奏と高柴デコ屋敷の橋本広司さんの踊りによるパフォーマンス「さくら」を披露した。
 県内外の13人の作家による作品約40点が並ぶ。いわき市の藤城光さんは被災者の思い出の品々を漆塗りで包み込んで保存した作品「ボイジャー2011」を出展している。
 3月25日まで。開館時間は午前10時から午後6時まで。火曜日休館。問い合わせは同美術館 電話0242(62)3454へ。

福島民報社

最終更新:2/25(日) 12:23
福島民報


m1

m2

花2



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

愛車は「頭文字 D(Mazda デミオ)」の「やっとこ」です、徒然なる日常を一言日記風に綴り始めて8年越え、現在は写真日記風備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園までの趣味を叔父さん目線で綴る日々、俳優・山田孝之さんとは別人、お気軽にお寄り下さい。