FC2ブログ

第2406回「子供の頃、乳歯が抜けたらどうしてた?」

日記
06 /05 2018

GS

今日は何の日 6月5日

環境の日,世界環境デー(World Environment Day)

1972年12月の国連総会で制定。国際デーの一つ。

1972年のこの日、ストックホルムで開催された国連人間環境会議で「人間環境宣言」が採択され、国連環境計画(UNEP)が誕生した。
国連では、日本の提案によりこの日を「世界環境デー」と定め、日本では1993年に「環境基本法」で「環境の日」と定められた。
事業者及び国民の間に広く環境の保全についての関心と理解を深めるとともに、積極的に環境の保全に関する活動を行う意慾を高める日。世界各国でも、この日に環境保全の重要性を認識し、行動の契機とするため様々な行事が行われている。


落語の日

落語家の春風亭正朝が制定。
六(ろく)五(ご)で「らくご」の語呂合せ。


ろうごの日

神戸市老人福祉施設連盟が制定。
六(ろう)五(ご)で「ろうご」(老後)の語呂合せ。

気温


こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の神田です今日のテーマは「子供の頃、乳歯が抜けたらどうしてた?」です6月4日は「虫歯予防デー」皆さんは虫歯予防をちゃんとしてますか「歯」と言えば、子供の頃は乳歯から永久歯への生え変わりがありますが、袋に入れて枕の下に置く方や、太陽に向かって投げる方など、抜けた歯をどうするのか、家庭や地域、世代で異なりますよね抜けた歯を屋根の上に投げるのが、子供の頃の私の一...

おはようございます(´・Д・)」、空梅雨から夏日への季節の変化と云い、用事の多さと云い、年齢のせいか気忙し無い日々と格闘しています。
さて、此れは母親の方の言い伝えで、担当者さんと同じ「子供頃に抜けた乳歯を、自宅の屋根の上に投げる」を2,3回ですが実行していました。

FC2 トラックバックテーマ:「子供の頃、乳歯が抜けたらどうしてた?」



華

火曜日

m1

m2


橋

今日の気に為る話題は此方です。


東北絆まつりに30万人 五輪開会式「出演したい」

6/5(火) 7:55配信 産経新聞

 東日本大震災からの復興を願って、盛岡市で2、3日に開かれた「東北絆まつり」。
晴天に恵まれるなか、東北6県を代表する夏祭りのパレードなどを約30万人の来場者が楽しんだ。
そんな熱気を「復興五輪」をうたう2020年東京五輪・パラリンピックでも伝えたいと、関係者は開会式への参加に向けた思いを懸命にアピールしていた。 (土樋靖人)

 東北絆まつりは、震災が起きた平成23年から東北6県の県庁所在地で開かれた「東北六魂祭」の後継イベント。
盛岡市での開催は昨年の仙台に次いで2回目。

実行委員会(会長・谷藤裕明盛岡市長)によると、来場者数は2日が約14万5千人、3日が約15万8千人で、計約30万3千人。
盛岡で6年前に開かれた六魂祭のときよりおよそ6万人多かった。
実行委の事務局が置かれた市観光交流課の立花恵史(さとし)課長は「天気に恵まれたことが一番だった」と振り返った。

 懸念されていた会場周辺での車の渋滞もみられなかった。

 立花課長は「6年前に混んだ経験から、車での来場を控えたのではないか」と推察。
今回の結果を全庁で検証、来秋開催予定の「いわて盛岡シティマラソン」などに生かしていく。

 「復興」を掲げて招致に成功した東京五輪・パラリンピック。実行委は4月、組織委員会に開会式などへの参加を要請した。

 絆まつりの開幕式典で、谷藤市長は「ぜひ出演させていただき、世界中からの支援に感謝の気持ちを伝える機会となることを願っている」とあいさつ。
衆院岩手2区選出の鈴木俊一五輪相は「東北が一丸となって復興に向け力強く歩みを進める姿は、2020年東京大会が盛り上がっていくことにつながる」と応じた。

 立花課長は「絆まつりは復興を発信するのにふさわしいイベントで、東京五輪・パラリンピックはさらに発信できる場。
今回の熱気が伝わってくれれば」と期待をにじませた。
【関連記事】

東北六魂祭の後継イベントは「東北絆まつり」に 6月に仙台で開催
「海の日」、2020年は東京五輪開会式前日に 海事議連が容認に転換
平昌五輪 開会式の視聴率は28・5%
NHK、平昌五輪開会式キャスターに桑子真帆アナら
安倍首相の平昌五輪開会式出席 自民党反対論の報告受ける

最終更新:6/5(火) 7:55 産経新聞


バラ


気温2


華3


m3

m4

道

夜道



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

愛車は「頭文字 D(Mazda デミオ)」の「やっとこ」です、徒然なる日常を一言日記風に綴り始めて8年越え、現在は写真日記風備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園までの趣味を叔父さん目線で綴る日々、俳優・山田孝之さんとは別人、お気軽にお寄り下さい。