FC2ブログ

日曜日の風景。

日記
06 /10 2018

田

気温

今日は何の日 6月10日

路面電車の日(6月10日 記念日)

1995年(平成7年)のこの日に、全国の路面電車を持つ自治体が広島市で開催した「第2回路面電車サミット」で制定。

「ろ(6)でん(10)」(路電)の語呂合わせ。この日には各地で路面電車の利用促進のためのキャンペーンやイベントが行われている。

路面電車はもともと乗合馬車そして馬車鉄道を発祥とし、アメリカで都市内の旅客輸送に使用されるようになったのがはじまり。
その後、動力を馬以外にする試みが行われ、1879年(明治12年)にドイツの電機会社シーメンスがベルリン博覧会でデモンストレーション走行させたのがはじまりで、電気は3本目のレールから供給されていた。

日本では1895年(明治28年)に京都市で開通した京都電気鉄道(後の京都市電)をはじめに、大正から昭和初期にかけて大都市圏を中心に数多くの路線が整備された。
しかし、1960年代の高度成長時代にモータリゼーションが進む中で、路面電車は渋滞の元凶だとされ、1970年代末にかけて各地で廃止され、バスや地下鉄がその代わりとなった。
2011年(平成23年)現在、日本で路面電車が走っているところは20ヵ所以下と少なく、東北地方では皆無となっている。

この日は別に、東京で初めて路面電車(チンチン電車)が走った日としてで8月22日が「チンチン電車の日」となっている。


華

おはようございます(*´ω`*)モキュ、壮絶な事件が連日・連続で報道されていますが、「衰退する先進国は、未開の後進国よりも、多くの問題を内包している」の見本みたいな、日本社会Σ(゚д゚|||)ですね?!
一応、表題は「日曜日の風景」ですが、写真は「土曜日の風景」です、アップの関係で時差が派生します悪しからずスイマセン(_ _;)。
昨日は、|歯科検診のд゚)チラッ予約日を忘れていたので、午前中に一日遅れで「すずらん歯科」へ行きました。

歯科医

m1

m2

華3

気温2

田んぼ

今日の気に為る話題は此方です。


「両陛下」福島ご来県、最後の被災地訪問 原発避難者いたわる

6/10(日) 8:20配信  福島民友新聞

「両陛下」福島ご来県、最後の被災地訪問 原発避難者いたわる

出迎える県民らに手を振られる天皇、皇后両陛下=9日午後4時20分ごろ、いわき市のスパリゾートハワイアンズ

 天皇、皇后両陛下が9日、全国植樹祭の式典出席などのため、東北新幹線の臨時専用列車で本県に入られた。
いわき市の県復興公営住宅「北好間団地」を訪れた両陛下は、東京電力福島第1原発事故で避難した双葉郡の住民と懇談。
天皇陛下は「ご苦労も多かったと思いますが、それを乗り越えてこれからより良い生活を築いていかれるよう願っています」といたわった。
11日まで滞在する。

 東日本大震災と原発事故後、両陛下の本県訪問は6度目。
来年4月30日に退位する陛下にとって在位中の被災地訪問は最後になりそうだ。
両陛下は9日午後にJR郡山駅に到着、内堀雅雄知事から本県の復興の現状について説明を受けた後、車で移動した。
北好間団地では富岡、大熊、双葉、浪江4町から避難した入居者と懇談。両陛下は避難生活の苦労や前向きに取り組む住民の姿に関心を寄せられ「最初は情報がなくて大変でしたね」「少し落ち着かれましたか」と語り掛けた。
 双葉町の男性(68)は、埼玉県加須市での避難生活を説明。天皇陛下は「大変だったことは何ですか。
その後どうですか」と気遣われた。
浪江町の女性(68)が請戸の田植え踊りの継承について話すと、天皇陛下は「(踊りが)人を結び付ける機会になるんでしょうね」と笑顔を見せた。
 懇談後、両陛下はスパリゾートハワイアンズで全国植樹祭のレセプションに出席したほか、フラガールのショーを観賞。
北好間団地での両陛下の様子について内堀知事は記者会見で「改めて福島への思いの強さを感じた」と述べた。県によると、9日の一般歓送迎者数は沿道を含め1万74人。

福島民友新聞
【関連記事】

「両陛下」福島ご来県、最後の被災地訪問 原発避難者いたわる
ようこそ福島へ!早くも歓迎ムード 「全国植樹祭」準備大詰め
両陛下、最後の被災地へ 6月9~11日、避難の福島県民と懇談
「両陛下」9日来県、全国植樹祭10日開幕 関係者、万全の準備
「イオンモール小名浜」6月15日オープン H&Mなど130店舗

最終更新:6/10(日) 8:26 福島民友新聞

華5

m3

m4

華7

田2



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

愛車は「頭文字 D(Mazda デミオ)」の「やっとこ」です、徒然なる日常を一言日記風に綴り始めて8年越え、現在は写真日記風備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園までの趣味を叔父さん目線で綴る日々、俳優・山田孝之さんとは別人、お気軽にお寄り下さい。