FC2ブログ

曇り空の土曜日。

日記
07 /07 2018
夜道2

気温

今日は何の日 7月7日

七夕(7月7日 年中行事)

織姫と彦星が天の川を渡って年に1度だけ会うことができるという中国の伝説にある日。

この伝説が奈良時代に日本に伝わってから、七夕信仰と結びついて年中行事としての七夕へと発展した。
織姫星(織女星)はこと座の1等星ベガ、彦星(牽牛星)はわし座のアルタイル。

七夕の起源は、日本古来の豊作を祖霊に祈る祭(お盆)に、中国から伝来した女性が針仕事の上達を願う乞巧奠や佛教の盂蘭盆会(お盆)などが習合したものと考えられている。
そもそも七夕は棚幡とも書いたが、現在でもお盆行事の一部でもあり、笹は精霊(祖先の霊)が宿る依代である。短冊などを笹に飾る風習は、江戸時代から始まったもので、日本以外では見られない。


橋

m1

m2

道3

おはようございます(´・Д・)」、昨夜は日本中が大雨状態でしたが、東海地方、特に遠州地方はそれほどでもなく、一部警戒地区もありましたが、極めて平静な土曜日の朝です。

華13

GS

気温2

道

今日の気に為る話題は此方です。

ベルギー、ブラジルの夢破り32年ぶり準決勝進出!…南米全滅で欧州のみに

7/7(土) 4:53配信 SOCCER KING

ベルギー、ブラジルの夢破り32年ぶり準決勝進出!…南米全滅で欧州のみに

カウンターから強烈ミドルで追加点を挙げたデ・ブライネ

 2018 FIFAワールドカップ ロシアの準々決勝が6日に行われ、ブラジル代表とベルギー代表が対戦した。
ブラジルの先発メンバーはエースのネイマールやフィリペ・コウチーニョらに加え、脊椎の痛みで前試合を欠場したマルセロが復帰。累積警告で出場停止のカゼミーロに代わってフェルナンジーニョが先発出場し、持ち回り制のキャプテンはミランダが務める。

 対するベルギーは、エデン・アザール、ケヴィン・デ・ブライネ、ロメル・ルカクの3トップで、日本戦で途中出場からゴールを奪ったマルアン・フェライニとナセル・シャドリもスタメンに入った。

 試合は開始13分、シャドリの左CKからニアでヴァンサン・コンパニが頭ですらすと、ボールは後方のフェルナンジーニョの腕に当たってゴールネットを揺らし、ベルギーがオウンゴールで先制した。
さらに31分には、日本戦と同じCKからのカウンターで追加点。ルカクがドリブルで持ち上がり、エリア手前右でパスを受けたデ・ブライネが強烈なミドルシュートをゴール左隅に突き刺し、リードを2点に広げた。

 後半に入ってブラジルが主導権を握り猛攻を仕掛ける。
56分にはガブリエル・ジェズスがエリア内で倒れたが、ビデオ判定でもPKは与えられず。
ティボー・クルトワの好セーブ連発などベルギーの堅守に苦しんでいたが、76分に反撃が実る。コウチーニョがピンポイントの浮球パスを送ると、途中出場のレナト・アウグストがヘディングシュートをゴール右隅に叩き込み、1点を返した。

 試合はベルギーが1点を守り切り、2-1で勝利。
32年ぶりの準決勝進出を決めた
敗れたブラジルは最多6度目優勝の夢が散り、同時に南米勢も全滅。
欧州勢のみが生き残っており、4大会連続で欧州チームの優勝が決まった。

 勝ち上がったベルギーは10日にフランス代表と対戦する。

【スコア】
ブラジル代表 1-2 ベルギー代表

【得点者】
0-1 13分 オウンゴール(フェルナンジーニョ)(ベルギー)
0-2 31分 ケヴィン・デ・ブライネ(ベルギー)
1-2 76分 レナト・アウグスト(ブラジル)

SOCCER KING
【関連記事】

MOMのベルギー代表主将アザール、日本代表を称賛「素晴らしいチーム」
2-0は本当に危険なスコアなの? プレミアの過去データをもとに検証
ロシアW杯を彩る、選手たちを支える美しすぎるパートナーたち
集大成の舞台終え…ロシアW杯を最後に代表引退を表明した選手たち
ペレ、イニエスタも選出…W杯で“ギネス世界記録”樹立のベスト11とは?

最終更新:7/7(土) 4:57
SOCCER KING


華15

店

m3

m4

華17

店2

道2

店3

夜道



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

愛車は「頭文字 D(Mazda デミオ)」の「やっとこ」です、徒然なる日常を一言日記風に綴り始めて8年越え、現在は写真日記風備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園までの趣味を叔父さん目線で綴る日々、俳優・山田孝之さんとは別人、お気軽にお寄り下さい。