FC2ブログ

金曜日と云うのに朝から。

日記
07 /13 2018
道

気温

今日は何の日 7月13日

生命尊重の日(7月13日 記念日)

1984年(昭和59年)に医師・法律家・教育者・主婦などで構成される実行委員会が制定。

1948年(昭和23年)のこの日、「優生保護法」が公布された。「優生保護法の日」とも呼ばれていた。
「優生保護法」は優生学的な色彩が強い法律であり、不良な子孫の出生の抑制を目的とし、母体の保護はそのための手段という位置づけがなされていた。
1991年(平成3年)に優生思想に基づく部分を削除し、人工妊娠中絶などの条件が格段に緩和されて、「母子保護法」となった。


石井スポーツグループ 登山の日(毎月13日 記念日)

スキー、登山用品の専門店として名高く「人と地球のインターフェイス」をコーポレートメッセージとする株式会社ICI石井スポーツが、一人でも多くの人に山に登ってもらい、地球の大自然を肌で感じ「登山」の素晴らしさを体験してもらいたいとの思いから制定。

日付は「13」で「登山(とざん)」と読む語呂合わせから。毎月13日とすることで登山に関するさまざまな啓蒙活動を一年を通じて行っていく。
日本山岳会が制定した「登山の日、山の日」は10月3日。


道

おはようございます(´・Д・)」、確かバブルの頃は「花の金曜日」とか云われ、最近では「プレミアムフライデー」ですか、後者の方は頗る不評ですね。
どちらも多少の表現・言葉の差なのに、此の差は時代背景・其の時の実態経済の差なんでしょうか?!
好景気時の恩恵が、あのバブル期にさえ実体験として皆無に近い私には、其の判断材料が有りません。
また現在の我が身を振り返っても「プレミアム・フライデー」には程遠いけども、メゲズにブログ更新です。

華20

m1

m2


華22

気温2


華24

今日の気に為る話題は此方です。


東日本大震災、熊本地震に続き3度目の招集 人手不足に悩む自衛隊の切り札「予備自衛官」とは

7/13(金) 13:40配信 AbemaTIMES

東日本大震災、熊本地震に続き3度目の招集 人手不足に悩む自衛隊の切り札「予備自衛官」とは


広範囲に被害をもたらした西日本豪雨。
警察・消防と共に救助や行方不明者の捜索、そして復旧作業を担っているのが自衛隊だ。
現在、約3万1000人以上が被災地入りし、断水した地域での給水支援・炊き出し・入浴支援などを行っている。


 被災地のTwitterユーザーからは
「被災者には温かい食事やお風呂を提供しながら、ご自分たちは缶詰の食事に、床での雑魚寝」
「彼らは活動中に自分たちが作った温かい食事を絶対に口にしません。
食事は車両の中で冷たい缶メシのみ。
風呂も入りません。」と、感謝の言葉も寄せられている。

 しかし、安否不明者の捜索や復旧作業には多くの人手が必要となることから、東日本大震災、熊本地震に続いて3度目「即応予備自衛官」を招集が決定した。
11日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、この予備自衛官制度について考えた。

東日本大震災、熊本地震に続き3度目の招集 人手不足に悩む自衛隊の切り札「予備自衛官」とは

■「即応予備自衛官」とは

 普段は社会人や学生など、他に職業を持ちながら定期的に訓練を受け、招集された際には現役の自衛官と同じように活動する予備自衛官。
即応予備自衛官・予備自衛官・予備自衛官補の3種類があり、即応予備自衛官と予備自衛官は非常勤の自衛隊員という扱いになる。
訓練に参加しても手当てが出る。

 今回招集が決まった即応予備自衛官は1997年に陸上自衛隊に導入されたもので、採用対象は「自衛官として、1年以上勤務し、退職後1年未満の元陸上自衛官又は陸上自衛隊の予備自衛官として採用されている者」。
年間30日の本格的な訓練に従事することも定められており、いわば“即戦力“だ。

 定員は予備自衛官が陸海空合わせて8075人なのに対し、定員は4万7900人。
また、予備自衛官が月に4000円、訓練手当が1日につき8100円なのに対し、月に1万6000円のほか、訓練招集された場合、手当が1日あたり1万400円~1万4200円が給付される。
その他にも1任期(3年)で報奨金12万円や、人手不足を担保するため勤務先にも年間51万円が給付される。

■東日本大震災を機に志願した元自衛官のお笑い芸人は

 航空自衛隊を退職後、お笑いコンビ・フルーツポンチの亘健太郎は、2013年に予備自衛官に志願した。

 「航空自衛官を辞める際に“予備自衛官になるか“という話もされたが、制度はあっても出動実績がない状態だったし、一度辞めるという覚悟をしたのであれば、きっぱり辞めようと思っていた。
しかし2011年に東日本大震災があって、芸人が寄付を募ったりする中、僕は元自衛官としてできることをと考え、年齢などの条件もクリアしていたので、気持ちを整理して志願した。相方も協力的してくれた」。

 元陸上自衛官のお笑いコンビ・トッカグンの佐藤昌宏と小野寺耕平の二人も、亘と同様、東日本大震災を機に予備自衛官に志願した。
3人とも未だ災害派遣されたことはまだないが、定められた年間5日間の訓練をこなしている。
予備自衛官と即応予備自衛官の違いについて佐藤は「全然違う。即応予備自衛官の方がより実践的で、現職と一緒に第一線に行く。予備自衛官は駐屯地の警備など、後方支援がメインになる」と説明、亘も陸海空での訓練の違いはほとんどなく、警備に関するものが多いと話した。
東日本大震災、熊本地震に続き3度目の招集 人手不足に悩む自衛隊の切り札「予備自衛官」とは

「予備自衛官補」制度
■一般からも志願できる予備自衛官

 3種類の予備自衛官制度のうち、予備自衛官補は、自衛官としての勤務歴がない一般の社会人や学生でも応募することができる。
後方支援をする「一般」コースと医療・通訳などの「技能」コースの2つを年2回募集している。
一般は18歳以上34歳未満という年齢制限があるが、技能コースは保有する技能に応じて53~55歳未満も応募が可能だ。
試験に合格し、所定の訓練を終えると予備自衛官になれる。

 即応予備自衛官が招集される背景には、現職の自衛官の人手不足、なり手不足という問題もある。
それは予備自衛官・予備自衛官補も同様で、世間の認知が広まっていないことのほか、働きながら訓練に参加することの難しさもあるようだ。

 亘は「義務ではあっても強制的なものではないが、民間企業で働いている人たちなので仕事との折り合いはつけなければならない」と説明、佐藤も「予備自衛官は年間5日間の訓練が必要だが、2回にしか分割できない。
就職先でちゃんと休めるのかなと思い、希望しなかった」と振り返る。
陸上自衛隊が制作した広報ドラマ「いざ、という時のために」でも、仕事との折り合いに悩む若い予備自衛官の姿が描かれている。

 佐藤は「社長が自衛隊OBというような企業は理解があるようだ」、亘は「勤務先に、スケジュール的に休暇を取らせてあげられないと言われて、泣く泣く招集を断念したという話も聞いたことがある。
今回の招集を機に、世の中に予備自衛官制度がもっと認知されたら嬉しい」と話す。

 東洋経済オンラインの山田俊浩編集長は「自衛隊の災害派遣というと、後片付けや行方不明者の捜索というイメージが強いが、実は今回も3000人近くが救助されている。
多くの方が亡くなられた一方、自衛隊によって多くの方が救われている」と指摘していた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

【関連記事】

自衛隊と9条をめぐる議論で青山繁晴氏「自衛官は制服で通勤すべき」
憲法改正“過半数支持”に沖縄県出身の若者「都会の人は軍隊を身近に感じていない」
自衛隊は軍隊なのか!?吉木誉絵と堀潤が大激論!
「考えてはいるけど…」憲法、国防のことは話しづらい?新成人たちの気持ちは
「組織を認めることと、何ができるかは別の議論」憲法9条への自衛隊明記をめぐって、橋下氏が与野党議員に喝

最終更新:7/13(金) 14:26  AbemaTIMES

此方も時代的・社会的背景の差なのか、以前は凄い自然災害は海外の国の事とオットリ刀で構えてたけど、是ほど自然災害が日本国内でも増えて来ると、災害の対応する自衛官や公務員には敬意を抱きつつも、政府にはもっと現実的に対処して欲しいです。
「復興庁」だ「復興省」だと大上段で論じるよりも、先ずは必要な作業を、特に人が嫌がる危険な作業を対処御出来る様、災害対応の人員の確保から、(役所に都合の良いボランティア、特に日本の場合だと無料奉仕を大前提で待つのでなく、人命にかかわる作業なので、)早急に現実的に対応しないといけないのでは?!

m3

m4

夜道




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

愛車は「頭文字 D(Mazda デミオ)」の「やっとこ」です、徒然なる日常を一言日記風に綴り始めて8年越え、現在は写真日記風備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園までの趣味を叔父さん目線で綴る日々、俳優・山田孝之さんとは別人、お気軽にお寄り下さい。