FC2ブログ

ubuntu18更新後、所感。

日記
08 /29 2018
田

気温

今日は何の日 8月29日

文化財保護法施行記念日(8月29日 記念日)

1950年(昭和25年)のこの日、国宝・重要文化財などを保護・活用するための基本となる法律「文化財保護法」が施行された。

1949年(昭和24年)1月26日に世界最古の木造建築である奈良・法隆寺の金堂が全焼したのをきっかけに、文化財保護政策の抜本的改革が望まれ、従来の「国宝保存法」「重要美術品等保存法」「史蹟名勝天然記念物保存法」をまとめた「文化財保護法」が制定された。
この法律は国民の文化的向上と、世界文化の進歩に貢献することを目的としている。
記念日は1951年(昭和26年)に文化財愛護を呼びかける日として制定された。

法隆寺の金堂が全焼した1月26日は「文化財防火デー」、文化財保護法が公布された5月30日は「文化財保護法公布記念日」となっている。

法隆寺金堂

戦後間もない頃なのか、当時はやたらと文化財の火災が多かったみたいで、その翌年・昭和25年に「金閣寺放火事件」が起きました。
有名な「三島由紀夫」さんの小説「金閣寺」の題材に為った事件ですね。
年齢的に「昭和」をノスタルジックに美化しがちですけど、冷静に振り返ると他に学生運動絡みのリンチ擬きの事件とか、赤軍派による残虐な爆弾テロ事件が頻繁にあったりしたのを思い出しました。

金閣寺 小説

稲刈り

こんばんは(´・Д・)」、ようやく夕方になれば、散歩できるぐらいに気温に為りましたね。

散歩


m1

m2

GS

まだ更新して数時間しか使用してないけどやはり、従来のキーボードの一部文字が変換化けするので、一応、対応アプリを彼是、時間を掛けて探しています。

Ubuntu18.04+WSLでfcitx-mozcを使って日本語入力出来るようにする

u18-4


今日の気に為る話題は此方です。

奈良時代の北陸道整備で集落拡大か 京都・芝山遺跡

8/29(水) 16:23配信

京都新聞
奈良時代の北陸道整備で集落拡大か 京都・芝山遺跡

奈良時代に国家が整備した道に沿って建っていたとみられる建物跡(城陽市富野)

 京都府埋蔵文化財調査研究センター(向日市)は28日、城陽市富野の芝山遺跡・古墳群で、奈良時代の掘立柱建物10棟の跡が見つかったと発表した。
当時の国家が平城京から北陸へと続く北陸道を整備した際に、一帯の集落が大規模化したことを示す可能性があるという。
 芝山遺跡は府道山城総合運動公園・城陽線に面した南北約840メートル、東西約950メートル。建物跡は、府道西側に接する1565平方メートルの範囲で見つかった。
 10棟のうち2棟は、現在の府道に近い北陸道とみられる道路状遺構に沿って建てられていた。
「田」の字形に柱の跡が残り、倉庫として使われたとみられる4棟の建物跡もあった。
センターの桐井理揮調査員は「建物が比較的密集しており、道の開通に伴い多くの人が住むようになったという説を補強する材料になり得る」と話す。
 2002、03年度の調査で遺跡の北側に、奈良時代に役人が都と地方を行き来する際、一時滞在した「駅家(うまや)」とみられる建物群跡があったことが分かっているが、今回の建物跡との関連は不明。
 ほかにも、古墳時代の円墳2基が確認された。うち1基からは須恵器が木棺の上などに置かれていたことが分かり、当時の葬送儀礼を知る上で重要な手がかりとなるという。
 現地説明会は9月2日午前11時から。
【関連記事】

飛鳥・奈良の「吉野宮」正殿か ひさし巡る大型建物跡
国内最古の「獣脚」鋳型 奈良期前半、滋賀で出土
古代人も自分らしさ演出 京都でファッション考察
縄文晩期の竪穴住居出土 京都・城陽の遺跡で市内初
平城京右京にも「十条」か 区域外で道路跡を確認

最終更新:8/29(水) 16:23
京都新聞

田3


気温2

追悼

時代は変わり、追悼方式も変化するモノなのか、慎んで個人の御冥福を、お祈りします。

m3

m4

農園

田2



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

愛車は「頭文字 D(Mazda デミオ)」の「やっとこ」です、徒然なる日常を一言日記風に綴り始めて8年越え、現在は写真日記風備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園までの趣味を叔父さん目線で綴る日々、俳優・山田孝之さんとは別人、お気軽にお寄り下さい。