FC2ブログ

秋グルメ2018?!

日記
09 /23 2018
コストコ

気温3

今日は何の日 9月23日

秋分の日(9月23日頃 国民の祝日)

国民の祝日の一つ。1948年(昭和23年)に公布・施行された「祝日法」により制定。
秋の彼岸の中日でもあるので、「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」ことを趣旨としている。

国民の祝日

二十四節気の一つ「秋分」で、9月23日頃に当たる。
昼と夜の長さが同じになる日とされるが、実際は昼の方が若干長い。
「秋分の日」の前後三日間とこの日は秋の彼岸で、墓参りをする人が多い。
戦前の旧祝祭日では大祭日の一つ「秋季皇霊祭」であった。

「秋分の日」の日付は以下の通り。

2016年9月22日(木)
2017年9月23日(土)
2018年9月23日(日)
2019年9月23日(月)

春分の日・秋分の日の日付は、その前年の2月1日に国立天文台が作成する『暦象年表』という小冊子に基づいて閣議で決定される。
よって、2年後以降の春分の日・秋分の日は確定していない。
また、祝日法上では「秋分日」としており、日付を指定していない。

ユニクロ

こんにちは(´・Д・)」、期待の三連休だったのに、半分以上を経過して予定の3割もこなせてない自分に焦っています。
昨日の「ポケモンGO」9月コミュニティdayは、皆さん如何だったでしょうか?!
私は、「ヨーギラス」のコミュニティdayの半分ぐらいのテンションで参加しました。
今回の参加フィールドは、近場の「イオン市野ショッピングセンター」でした。
一応、「ミュウツー」のレイドバトルジムが4か所もある恵まれた環境を、存分に堪能しました。

謎

そう云えばとんだ「サプライズイベント」??????も、其の関連記事です。

「ポケモンGO」に突如謎のポケモンが大量出現しユーザー騒然 「怖い」「けつばんか!?」との声も

9/22(土) 16:37配信ねとらぼ

「ポケモンGO」に突如謎のポケモンが大量出現しユーザー騒然 「怖い」「けつばんか!?」との声も

問題のポケモン。誰!!?!?

 スマートフォン用ゲーム「Pokemon GO(ポケモンGO)」で、9月22日15時ごろから、見たことのない謎のポケモンがゲーム中に大量出現し話題になっています。
このポケモンは30分ほどで出現しなくなりましたが、Twitterでは「これがけつばんか」「怖い」「なんだこいつ!?」など、驚く声があふれました。

 この日の「ポケモンGO」は、チコリータが大量発生する「コミュニティ・デイ」イベントを12時から15時まで実施しており、この幻のポケモンは、イベント終了と同時に大量に現れたもの。
ナットのような頭部と、銀色のメタモンのような体が特徴で、名前は「??????」となっていました。

 その他、ゲットするとメタモンになってしまうことが報告されており、編集部の「ポケモンGO」プレイヤーも遭遇しましたが、やはりゲットと同時にメタモンになってしまったようです。

 今のところ、バグによるものなのか、サプライズ演出だったのかなど詳細は不明。
11月16日発売予定のNintendo Switch用ソフト「ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・イーブイ」では、これまで出現しなかった新ポケモンも登場することが予告されていましたが、もしかするとこのポケモンがそれだった可能性も……?

ねとらぼ
【関連記事】

今年はイーブイも行進! 「ピカチュウ大量発生チュウ!」を撮影してきた【動画&画像100枚】
「ポケモン赤・緑」ライバルの技構成のひどさを語る漫画が本当にひどい まさか精神的動揺を誘う高度な戦術?
とぼけた表情と鈍感さになごむ ポケモン「ヤドン」と優しいギャルの交流描く漫画「ギャルとヤドン」
「ポリゴンを追い出さないで」―― ポケモンショック当時の「ポリゴン」ファンの思い描く漫画に涙
「バーでバレずにポケモンの自転車のBGMを弾く方法」がめっちゃ自然 「いいなあ」「聞いてて楽しくなった」

最終更新:9/22(土) 18:35
ねとらぼ

最終の午後三時過ぎに、突如として現れて驚きました。

m1

m2

「コストコ浜松」入口にあった、「復刻版」でない方の「レトロバイク」が、妙に印象的でした。

レトロ

バーガー

先日の「御月見」「マクドナルド」に続き、今回「コストコ浜松」でも、美味しそうでボリュームたっぷりな「チーズバーガー」を味わいました。
ひと目見て分かる様に、所謂「ハンバーガー」の「ハンバーグ」じゃなくて、「ハンバーグステーキ」に近い厚さ・大きさで、とても美味しく頂きました。

バーガー

バーガー2

コストコ2


今日の気に為る話題は此方です。


震災復興支援で誕生から20年 魅力高める国内最大の公営賃貸工場

9/23(日) 12:09配信 神戸新聞NEXT

震災復興支援で誕生から20年 魅力高める国内最大の公営賃貸工場

修学旅行でものづくり工場を訪れ、入居企業の経営者の話を聞く中学生ら=神戸市兵庫区和田山通1

 阪神・淡路大震災をきっかけに誕生した国内最大の公営賃貸工場「神戸市ものづくり工場」(神戸市兵庫区)が、1998年の運営開始から今年で20年を迎えた。
被災した中小企業の復旧・復興を支援するために建設された賃貸工場には、現在、被災企業だけでなく、大手の系列や最先端のベンチャーなど多彩な企業が集積。
互いに、受発注や技術支援などを通じて結び付きを強め、その魅力を高めている。(長尾亮太)


 今月21日、同工場内に中学生のにぎやかな声が響いていた。
初めて修学旅行生を受け入れ、岐阜県各務原市から生徒107人が工場見学に訪れた。

 「震災で大きな被害を受けたときは、どんなお気持ちでしたか」

 生徒の率直な質問に、開設当初から入居する神戸プラスチックの田渕信幸社長(67)が丁寧に答えた。

 「食べるためには働かなければならない。
いち早く事業を再開しなければ、という思いでした」

 同社が主に手掛けるのは、発電所の保守点検用機械の部品。
開設当初に入った同工場は、賃借料が安く抑えられていたこともあり、厳しい中で設備投資を続けることができた。

 多種多様な企業が一カ所に集まっているメリットも大きい。
田渕社長は「この工場の中では、業者間の受発注が盛んだ。
伸び盛りの企業も入居することで、さらに受注が増えている」と話す。



 同工場は、神戸市が約103億円を投じて「復興支援工場」の名称で建設。
98年から入居が始まった。

 約1万8千平方メートルの敷地には、鉄筋コンクリート造り5階建て4棟があり、延べ床面積は2万6千平方メートル。現在、大手系列やベンチャーなど102社が入居し、うち38社が被災企業だ。

 多彩な事業者が集積するようになったのは、当初「被災した神戸市内の小規模業者」に限っていた入居要件を、入居率を一定以上に保つため段階的に緩和してきた経緯がある。

 まず2004年、不況の影響で入居率が低迷したことを受けて被災していない事業者に門戸を開放。
06年、さらに入居率が落ち込むと市外の事業者を加え、09年には大企業も対象とした。

 開設当初から入居して事業を続けている栗山プレス工業所の栗山崇社長(70)は「入居率を高く維持する施策は、既存の入居企業にもプラスに作用した」と分析する。


 新たな入居企業の中には、今後大きな飛躍が期待できるベンチャーもある。
特に注目を浴びるのが、大阪大発ベンチャーのロータス・サーマル・ソリューション(大阪市)だ。

 同社は16年、同工場内に開発拠点を設置。
パソコンや電気自動車など、さまざまな電子機器が高温になるのを防ぐ素材「ロータス金属」の研究開発に取り組んでいる。

 井手拓哉社長(38)は「私たちベンチャーは設備を自前で十分にそろえられないが、工場内にいる多くの金属加工業者らに助けてもらえる」と話し、同工場の魅力を強く感じている。

 多彩な企業が一カ所に集まり、受発注などを通じて結び付くことが、同工場に新たな魅力を生み出している。

 井手社長は言う。
「このような魅力を持つものづくり専門のインキュベーション施設は、関西では他に見当たらない」
【関連記事】

【写真】ロータス・サーマル・ソリューションの井手拓哉社長
「ルフィ」名義で熊本地震復興へ8億円寄付 ワンピース作者
震災・原発避難者9割復興実感できず 関西で調査
県の復興借金、いまだ4386億円 重い地元負担
寅さんロケ「菅原市場」閉店 震災復興の象徴

最終更新:9/23(日) 12:21
神戸新聞NEXT



イオン

気温4

ユニクロ2

m7

m8

イオン2



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

非公開コメント

やっとこ

FC2ブログへようこそ!

愛車は「頭文字 D(Mazda デミオ)」の「やっとこ」です、徒然なる日常を一言日記風に綴り始めて8年越え、現在は写真日記風備忘録です。
一応、自作パソコンから家庭菜園までの趣味を叔父さん目線で綴る日々、俳優・山田孝之さんとは別人、お気軽にお寄り下さい。